2015
04.07
スクリーンショット 2015-04-07 13.06.18

ファンキーポップの革命児!「カラスは真っ白」が見逃せない!

ARTIST, EVENT, LIVE

 

ファンキーポップ注目のバンド「カラスは真っ白」ライブレポート

ボーカル・ヤギヌマカナのウィスパーボイスとパワフルな楽器隊の演奏が融合したバンド「カラスは真っ白」ツアーファイナル(“ひみつじゃないけどHIMITSUツアー”)が、2015年3月21日(土)東京渋谷 スターラウンジにて開催された。

 

unnamedimage : SPACE SHOWER MUSIC

 

 

北の大地からスタートした「カラスは真っ白」

「カラスは真っ白」が産声をあげたのは遠い北の大地、北海道の小樽。同郷だったバンドメンバー4人が大学在学時代(2010年)に結成された。サウンドのクオリティの高さからは想像できないが、メンバー全員がまだ20代前半だ。

 

4人はSNS(Twitter)を駆使し、自らプロモーションやライブ告知を行う。キャラクター性と世界観×音楽性の高さが若い世代を中心に人気を集めている。

 

さらに文化庁メディア芸術祭新人賞に輝いた気鋭のアニメーション作家 植草航が手がけたミュージックビデオ「HIMITSUスパーク」はVimeoではStaff Picksにも取り上げられ国内外から注目を集めた。

 

【動画】カラスは真っ白(A crow is white) “HIMITSUスパーク” (Official Music Video)

 

 

軒並みSOLD OUTのチケットと熱気溢れるライブ会場

初となる全国ワンマンツアーのチケットは軒並みSOLD OUT、その人気の程が伺える。ツアーファイナルの場となったスターラウンジ(東京 渋谷)に到着するとライブ会場の外からファンの熱気で溢れていた。

 

unnamed (1)image : Ryoko Torigoe

 

ライブ会場内は足の踏み場もない超満員、まさに「すし詰」状態。ライブ開始と同時に爆速で楽器隊のファンクな演奏が始まり歓声が上がる。

 

会場が楽器隊の演奏で温まったところで、遅れてボーカルのヤギヌマカナのお披露目となる。バンドのオリジナルキャラクター「からしくん」のベールを脱いで登場すると会場の興奮はピークに達した。

 

unnamed (2) image : Satoru Hayashi

 

卓越した演奏もさることながら4人それぞれのキャラクター(個性)が光るMCも魅力的だ。

 

「我が道を行く」Vocal & Guitar ヤギヌマカナ、先陣を切って会場全体を盛り上げるGuitar & MC シミズ コウヘイ、なんとも味のあるおとぼけキャラのヨシヤマ G. ジュン、スマートなフォローが光るドラム Taihei。

 

IMG_5395 カラスは真っ白

IMG_5654 カラスは真っ白

IMG_5580 カラスは真っ白

IMG_5952 カラスは真っ白image : Satoru Hayashi

 

MCでは「大丈夫なのか?」と思う程てんでばらばらな「愛されキャラ」の4人が曲が始まったと同時に目の色が変わり、最高の演奏とパフォーマンスを魅せるのだからファンはたまらないだろう。そのギャップと迫力を目の当たりにし、ライブ会場に足を運ぶファンが多いことが頷けた。

 

このツアー東京ファイナルをもってして長年ベースを務めてきたヨシヤマ G. ジュンが脱退し、新ベース担当としてオチ・ザ・ファンクが加入。
ファンの前で、ヨシヤマからオチにベースの受け渡しが行われた。

 

IMG_7548 カラスは真っ白

IMG_7636 カラスは真っ白 image : Satoru Hayashi

 

ヨシヤマの脱退を惜しむ声も聞こえたが、最後にお披露目された新曲をオチ・ザ・ファンクが息がぴったりと合った演奏でこなし、新生「カラスは真っ白」をファンも受け入れたところで幕を閉じた。

 

さらにツアー追加公演が決定したという嬉しい発表も仙台からスタートし全国各地を飛びまわったあと、東京は渋谷WWW、名古屋はAPOLLO BASEにてワンマンライブ開催が決定!

 

スクリーンショット 2015-04-07 18.02.20

image : Twitter by カラスは真っ白@acrowiswhite

 

これまで以上に驚きを与えてくれるであろう新生「カラスは真っ白」、音楽ファンなら絶対見逃せない!

 

VEEMOBは「カラスは真っ白」を応援します!

 

本記事は株式会社スペースシャワーネットワーク様の許諾を得て配信しています。

 

関連情報

カラスは真っ白 オフィシャルサイト

SPACE SHOWER MUSIC