2015
04.28
スクリーンショット 2015-04-30 7.01.53

JASRACは他業者の新規参入を妨害している? 最高裁による判決で確定

NEWS

 

JASRACは他業者の新規参入を妨害しているのか?

2015年4月28日、著作権管理事業者の最大手-実質、独占状態を継続してきた日本著作権協会(以下「JASRAC」)の在り方を問う1つの判決が言い渡された。最高裁は、JASRACの「包括利用許諾契約」方式について、独占禁止法違反には当たらないとした公正取引委員会の審決を取り消したのだ。これにより、JASRACの契約方式は他の事業者の参入を排除していると判断した東京高裁の判決が確定した。

 

東京高等裁判所

s_0_vc2_img-01_vc2_img-01_0_vc2_img-01
image : Courts of Japan

 

このJASRACの問題は、数年にわたり議論されてきた。ここで、今回の裁判に至るまでの経緯を確認しておこう。

 

 

JASRAC「包括利用許諾契約」問題のこれまでの経緯

 

遡ること2001年(平成13年)、著作物の管理業務に関して「仲介業務法」から改正された「著作権等管理事業法」が施行された。許可制から登録制へと規制緩和されたことで、これまでJASRACの独壇場だった音楽著作権管理事業に、ジャパン・ライツ・クリアランス(以下「JRC」)やイー・ライセンスなどの新たな企業が参入した。しかし、JASRACの独占状態は変わらなかった。

 

その要因とされたのが、JASRACが採用している使用料の包括徴収方式。テレビ局やラジオ局が放送事業収入の1.5%を支払う事で、JASRACが管理する楽曲を自由に使用する事ができるという契約だ。テレビやラジオで使用される楽曲の9割以上という圧倒的な楽曲数を誇るJASRACが、このような包括契約を結んでいる状況では、新たな事業者が参入する事は容易ではなかった。

 

そして2008年4月、この包括契約が他の事業者の新規参入を排除している-つまり独占禁止法違反(私的独占)に該当する疑いがあるとして、JASRACは公正取引委員会(以下「公取委」)の立入検査を受ける事になる。検査の結果、翌2009年2月に公取委はJASRACの包括徴収方式が独占禁止法違反に当たると判断し、廃止を求める排除措置命令を出した。

 

これを不服としたJASRACは審判の申し立てを行う。約2年の審判手続が行われた後、公取委が再び下した判断は、なんと排除措置命令の取り消しというJASRACにとっては逆転勝訴とも言うべき内容だった。

 

この審決に対し、今度は新規参入を阻害されたとの立場でイー・ライセンスが2012年7月に取り消しを求めて公取委を相手に裁判を起こす。そして、翌2013年11月に東京高裁が下した判決が、JASRACに対する公取委の「排除措置命令を取り消した審決」の取り消しだった。

 

公取委は最高裁へ上告したが、結果は冒頭の通り。JASRACの包括徴収方式が他の事業者の参入を妨げていると、司法のトップに判断されたのだ。

 

 

JASRAC問題が今後もたらすもの

 

ただ、最高裁の今回の判決が確定した事で、JASRACが即時に使用料の徴収方式を変更しなければならないという訳ではない。というのも最高裁はJASRACの包括契約が他の事業者の新規参入を妨害していると認定したが、この判決はあくまでも「排除措置命令を取り消した審決」の取り消しを確定させたもので、公取委による審決のやり直しが行われる事になるからだ。

 

この判決を受けてJASRACは「本件で問題とされた使用料徴収方法が、大量の著作物の円滑な利用と適正な著作権保護とを効率的に両立させる合理的なものであって、(中略)私的独占(独占禁止法3 条違反)に該当するものではないことを引き続き主張してまいります。」とコメントを発表している。

 

新規参入を妨げていると最高裁に認定されてもなお、私的独占ではないという主張を続けていくというのは、再開される公取委の審判の結果で再び“シロ”と判断される可能性に賭けているという事なのだろうか。司法のトップから問題があると認定された側の態度としてはいささか不遜に感じるのだが、JASRACは随分と強気の姿勢だ。しかし、最高裁判決によって認定された事実は重い。

 

そして、裁判の当事者である公取委にとっても、当然、今回の判決は厳しい結果となったはずだ。一度は私的独占だと判断したものを自ら覆したにも関わらず、最高裁で私的独占だと認定されたのだから、信頼性は著しく失墜してしまった。公取委としては、この審判手続きの再開でその役割に則した厳正なる結果を出す以外、信頼回復は望めないだろう。審決の結果が注目される。

 

今回のJASRACの問題が、業界全体として音楽著作権管理とそれに基づく使用料の適正かつ円滑な徴収、そして最も重要な著作権者へのより正確な使用料の配分を実現する、新たな制度作りへと繋がる事を期待したい。