2015
05.07

全員コントラバスの5人組!重低音が織りなす見事なアンサンブル

ARTIST, VIDEO

 

メンバー全員が東京藝術大学(大学院)卒のコントラバス5人組

 

コントラバスは、大きなバイオリンのような見た目が印象的で、太く低い音が特徴的な弦楽器。

 

オーケストラでよく見かけるコントラバスですが、何とコントラバスだけで、クラシックやジャズの名曲はもちろん、J-POPやアニメやロックの曲まで演奏している5人組のアーティストがいます。

 

まずは、彼らのプロモーションビデオをご覧ください。

 

【動画】(PV) ルパン三世のテーマ’80 / Black Bass Quintet

 

 

彼らの名前は「Black Bass Quintet」。2007年に結成されたユニットで、メンバー全員が東京藝術大学(大学院)卒。

 

普段はメンバーそれぞれが、ミュージシャンやオーケストラ団員などとして活躍しているそうです。

 

 

オーケストラでは脇役のコントラバスが主役に

 

ベースを担当するコントラバスは、オーケストラでは〝縁の下の力持ち″的な脇役と思われがちですが、「Black Bass Quintet」では、まさにコントラバスが主役。

 

重低音だけで見事なアンサンブルを完成させています。

 

普段聞きなれているJ-POPやアニメの曲も、コントラバスだけで演奏すると、また違った魅力があることに気が付きます。

 

【動画】Let it go from “FROZEN” for Contrabass Quartet

 

 

『アナと雪の女王』で大ヒットした「Let It Go」をコントラバスで弾くと、ぐっと落ち着いた大人な雰囲気になるから不思議です。

 

そして、個人的に一番好きな曲がこれ。

 

【動画】16 サザエさん一家.mov

 

『サザエさん』とコントラバスがこんなにマッチするなんて...

サザエさんのテーマソングも、コントラバスで弾くとジャズっぽく聞こえるから不思議です。

 

当時、この演奏を観客として聞いていたのですが、やはり生で聞くとコントラバスの重低音が体に響き渡るのでいいですね。

 

この感覚は動画では味わえません。コントラバスの重低音を体感したい方は、是非生演奏を聴きに彼らのライブに足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

関連情報

Black Bass Quinte 公式ホームページ

Black Bass Quinte 公式 YouTubeチャンネル

Black Bass Quinte 公式 Facebookページ