2015
09.03
リサイズPECF-3155-1

【Interview式ライナーノーツ】カラスは真っ白『ヒアリズム』9.2リリース!vol.1

INTERVIEW, MUSIC, VIDEO

カラスは真っ白 インタビュー式ライナーノーツ Vol.1

今回も妥協知らずのフル快進撃だらけ!9月2日にリリースされた4thミニアルバム『ヒアリズム』内の曲順別に制作秘話や込められた想いについて思う存分語っていただきました。

注目の『カラス版シティポップ』は決して「僕らこんなんできますよ。」というような、ありがちなサンプル的1曲では決してなく、むしろメンバーにとってはフツフツと内に秘めていた音楽性が産み出した慈しみ深い結晶であった。また。ファンが気になるカラス初の男性ヴォーカルの正体もここで明らかに…!? 光も闇も笑いでエンジョイできる4人のナチュラルトークに乞うご期待。

PECF-3155_karasu

ヤギヌマ…ヤギヌマカナ(Vo.&Gt.)

シミズ…シミズコウヘイ(Gt.)

タイヘイ…タイヘイ(Dr.)

オチ…オチ・ザ・ファンク(Ba.)

 

(インタビュアー…田中サユカ)

 

ALL

 

シミズ

カラスは真っ白のある種のターニングポイントになるアルバムかなぁ…と思っています。カラスは真っ白は、既に5年目に突入しているんですけども、いろいろな環境の変化…上京やメンバーチェンジなど“再スタート”という意味でも。

今までのカラスは真っ白の楽曲を振り返ってみて…かなりイビツだったんですよね。今までの楽曲って衝動的に作ったものが多くて。そういう意味では良かったりするけど、カタチが凸凹だったりとか、小さく作るところを大きく作っていたというか…それを無意識にやっていた曲が多かったので。改めて「“カラスは真っ白の曲”って何か?」って考えた時に、そういう衝動的な部分を作為的に作りたいなっていうことをメンバーと話して。そう思ってこの『ヒアリズム』をつくりました。

 

ヤギヌマ

前作の『HIMITSU』はすごくコンセプチュアルに作って、タイトルにもなっている“ヒミツ”っていうのを一つのキーワードにして、歌詞とかもそれを取り巻くような感じで書いてたんですけど、今回はそれを設けずに「今やりたいこと」を詰め込んだ1枚になって。作ってから“裏コンセプト”に気づいたことはあったんですけど、作っている段階では「コレ!」っていうのは特に決めずに作りましたよね?

 

シミズ

ただ、しっかり考えて、衝動性も忘れずに作りたいなって思いでやりました。

 

— 初期の頃はクロスオーバー的な要素が強かったと思うんですけど、よりポップな方向への潔さを感じます。特にリスナーやライヴ目線で作られているということではないのですか?

 

シミズ

ライヴ寄りの曲とそうでない曲があります。「ライヴアレンジを加えたい!」っていう曲と「このままぶっとおしで演れる!」っていう曲があって。カラスってCD音源でしかできない音を出したりもするんですけど、それはそれで“よし”だし、ライヴでも“再現する”というよりはかなりアレンジを加えてライヴでは“ライヴでしかできない音”を作りたいっていうのもあるので、それがどっちも良い方向に突き抜けられたのがこの『ヒアリズム』だと思っています。

 

— なるほど!カラスは真っ白を聴くとライヴに行きたくなりますよね!!ギターやドラムがどれだけはみ出してくれるのか…想像するだけでもワクワクしますよね!この『ヒアリズム』の制作期間はどれくらいだったんですか?

 

シミズ

かなり短くて…曲は前々から作り始めていたんですけど、カタチになり始めたのは4月から。それで4、5、6…約2ヶ月強くらいで。

 

ヤギヌマ

6月頭にレコーディングしましたね。

 

— この忙しい中で…!

 

シミズ

そうですね。追加公演もあったんで、結構密度高くつくっていましたね。

 

— ベースのオチ・ザ・ファンクさんにとっては初のカラス作品ですが、どうでしたか?

 

オチ

今までドラムとギターのシミズとは北海道時代にホーンセクションがいるような別のファンクバンドをやっていて、いろんな現場で一緒だったりしていたんで、息もぴったりだったし話もしやすいし。音でも会話ができる状態でカラスに入ったので、馴染み方としては早い段階でイケました。制作もなんの不安もなく「どうサウンドを良くしていくか」っていう良い話ができたので、今回この『ヒアリズム』を作って「よかったなあ!」と思っています。

 

— このアルバムのもう一つのポイントといえばファンタジスタ歌麻呂さんのジャケットアートワークですね。ヤギヌマさんはこのアートワークがすごくお気に入りだとつぶやいていらっしゃいましたが、どんなところがお気に入りですか?

 

ヤギヌマ

まず、私がパンダになっているのがすごく嬉しくて!私すごいパンダが好きなので、パンダにしていただけて嬉しいのと…いろいろ細かいものが入っているんですよ。例えば、ベースのオチくんは納豆が好きなんですけど、どこかに納豆が入っていたり、タイヘイさんがエビフライ好きなんですけど、エビフライが入っていたり…そういう細かいところまで入ったジャケットにしていただけてすごい嬉しいです!

 

 

 

 

#1 ヒズムリアリズム

— リードトラックですよね。

 

シミズ

はい。この「ヒズムリアリズム」は曲作りの中で他の人がやっていないような曲をポップでキャッチーに消化したいっていうのが狙いで、カラスは真っ白が今流行りのEDMをカラスが真っ白なりにポップにファンクに消化したらどうなるかっていう挑戦をしたくて…バッキングはそうやって作りましたね。ビート感だったりとかは四つ打ちじゃないんですけど、それをファンクに落とし込んで尚且つテンションを上げたい!強制的にテンションを上げたい1と思ったんですよ。この曲を聞いたら嫌いでもテンションが上がる!っていう曲を作りたくて。EDMって、どんなにチャラくても強制的に上げられちゃう。好き嫌い関係なしに上げられちゃうっていうのが強みだなあって思って。それをカラスなりに解釈したいなって思ってこの曲を作りました。

 

ヤギヌマ

歌詞は私が書いているんですけど、現実って人に流されていることが多くて。まわりの意見を取り入れることは悪いことではないと思うんですけど「流されるだけではダメだ!」って思っていて。それを飛び越えて宇宙空間まで行っちゃったら空飛べるじゃないですか。私個人的に夢を見るんですけど…自分の体一つで空を飛ぶ夢を。そういうのも相まって「ゼログラビティを駆け抜けたいな!」って思って書きました。

 

— 伺うほどに深みが増しますね。

 

シミズ

そうですね。この曲はストーリーが完全に組み立てられていて。さっき言った内容もそうなんですけど「フツフツとした一人の人間がどんどん開花していく方向にストーリーを組み立てて!」って(ヤギヌマに)お願いして、それに伴ってパラダイムシフト的なものがあって、7拍子の変拍子になるところがあるんですけど…あそこを起点にして「プレイバック」とは言うものの、何か違う…。同じことを繰り返してゼログラビティへ行くんですけど、ちょっと違う景色が見える…ていう。

EDMだから同じことを繰り返しているのに、何故か違う風に聞こえるように歌い方まで変えてもらっています。同じものを見ているのに違うものを見ている…ていうのを感じ取ってくれたらいいな、って思っています。

 

— 次の「night museum」に関しても十分言えることだと思うのですが…。これはカラスは真っ白の万能性を証明しただけでなく、前回タワレコ限定でタイヘイさんとシミズさんのremixを発表されたじゃないですか。あの頃からまわりも薄々気づいていたことだとは思うのですが、今回シミズコウヘイさんとタイヘイさんお二人のアレンジャー・コンポーザーとしての才能が改めて示された1枚でもあるのではないですか?

 

シミズ・タイヘイ ありがとうございます。

 

— 今回のアレンジはどなたが?

 

シミズ

僕がやったのは「ヒズムリアリズム」と「せいじゃくのこうしん」。タイヘイが「night museum」と「RADIPHONE」。「フミンショータイム」はタイヘイか。「ニュークリアライザー」はタイヘイが大体やったかな?「The xxx」は全員。

 

タイヘイ

ジャムりながらね。

 

全員

そうそう。

 

 

#2  night museum

 

— これが噂の「カラス版シティポップ」ですね。メインのシンセサイザーはどなたが?

 

タイヘイ

これは僕です。

 

— 驚きの男性ヴォーカルは?

 

タイヘイ

メインは僕が組み上げたんですけど、その時点から…2Aから歌うんですけど、もう1サビ終わったところで「もうこれ…次絶対オトコ出てくるよね」ってストーリーが出てきたんで…「オチ歌え」って(笑)。

 

オチ

レコーディング最終日に「俺のトコ残ってるから、はい」って。

 

タイヘイ

でも、ずっと言ってたけどね(笑)。

 

— オチさん、ヴォーカルデビューですか!?

 

オチ

ヴォーカルデビューです(笑)。

 

シミズ

もともと前のバンドでは歌を歌っていたので、全然違和感なく。

 

— 本当ですね。ただ…

 

シミズ

そうですね。カラスにとっては初めての男性ヴォーカルなので。でも一番理想としていたカタチで…ヤギヌマとのマッチングは一番良いんで!イメージどおりだなあって思いました。

 

— そして、シティポップの中にギターソロが入っているところがまたシビれるポイントだと思うのですが。

 

シミズ

ありがとうございます!前半部分苦戦して、後半部分があっという間みたいな。やっぱ勢いのある方が得意なので、本音は(笑)。何回もやり直しました。

 

タイヘイ

「ヒズムリアリズム」は「人力EDMみたいにやったら面白い!」って思ってやったんですけど、「night museum」はシティポップみたいな雰囲気で作りたいなって思ってないですね。要はジャズ的思考で曲を作っていったらこういう風になったってだけで。だからソロがあるのは僕らにとってはごく自然だし。だから歌も、ヤギヌマが「声は寝起きが合うんじゃないか」って言って…

 

ヤギヌマ

声出しもしないでとりあえずブースに入って3本くらい録って…「OKです」って言われました。他のはちゃんと声出ししてから歌ってますけど(笑)。

 

— それは凄いアイディアですね!

 

ヤギヌマ

ちょっとアンニュイな雰囲気を出したくて。わりと子供っぽい声してるんで、あんまり声をつくっちゃうと雰囲気に合わないかなって思って。だからあえて寝起きの状態で録りました。

 

タイヘイ

すごいスムーズでしたよ!一発目から「これでいいんじゃない?」って。

 

ヤギヌマ

オチくんは苦労していましたけどね(笑)。

 

タイヘイ

これはムズイよ!オトコパート。

 

オチ

いやあ…ヤギちゃん、基本的にウィスパーな透明感のある声…じゃないですか。

 

シミズ

最近ウィスパーじゃないんだよな。ウィスパーじゃないのに透明感ある…。

 

オチ

そういうのが…普通に出しちゃうと乗らない。異質なものになっちゃう。それを寄せた声を出すっていうのが大変だったです。

 

タイヘイ

リアルに20テイクはやってた気がする!

 

オチ

やってる、やってる!

 

タイヘイ

「うん。前半はいいよ。後半惜しい!」笑。

 

— 聞いていると、雨の日のドライブが見えましたけどね!男女の微妙な距離感とか。

 

タイヘイ

それはすごく嬉しいですね!

 

シミズ

これ、ヤギヌマが運転してたら面白いな。

 

— 車は少し小さめでおしゃれなイメージなのかな?

 

タイヘイ

ウンウン、そういうイメージ!

 

 

#3  The xxx

 

シミズ

「The xxx」と書いて「ザ キッス」と読みます。

 

シミズ

これはもう勢い系の…

 

タイヘイ

カラスは真っ白殿・下の宝刀!

 

ヤギヌマ

(笑)

 

シミズ

山椒みたいな。

 

ヤギヌマ

一粒でピリリと辛い的な。

 

— カラスは真っ白って聞くとジャズやファンクというイメージですけれど、実は出だし…メタルばりじゃないですか?レーサーXか?みたいな(笑)。

 

(一同爆笑)

 

タイヘイ

うん、メタルメタル!

 

シミズ

カラスは真っ白って毎回2分くらいの勢いのある曲が必ず入ってる…みたいな。

 

タイヘイ 入れたくなっちゃうんだよね。

 

シミズ 入れたくなっちゃう。

 

— ファンにはありがたい!!

 

シミズ

どっかに「ぶった切りたい!」みたいなところがあって。でもバッキングは結構スムーズに作れて…と思いきや、そうでもなかったかな?最初つくっていたのとは違うものになったんだ。ギターリフ先行で作って…投げて…「そのままいこうぜ!」ってなったんですけど…「なんかつまんなくね?」みたいになったんですよ。

 

オチ

レコ当日ぐらいに。

 

シミズ

そうだ。レコ当日に「これ…リフ変えない?」ってなって。

 

タイヘイ

あー!そうだ、そうだ。

 

シミズ

途中で出てくるリフで生き残っているのがあるんですけど…ギターとベースでユニゾンしてる低めのリフがあるんですけど…「つまらんし、合わん!」ってなって。一気にその場でアレンジしてレコーディングのオペレーションのところでオチと「これどう?」って「あ、じゃあ試してみよう。」って。結局こうなりました。

 

— コーラス間のドラムソロも、格好イイですよね!

 

シミズ

タイヘイにしてはドラムソロ苦戦していたようなイメージあるなあ。

 

タイヘイ

いや、3つしか録ってない。

 

シミズ

いつも1回じゃん。

 

— いやあ、ああいうソロを聞くと…もっと聴きたくなりますよね!?ライヴだともうちょっと長めにやってもらえるんですかね?

 

タイヘイ

わかりました!!長めにします。

 

— そういう期待をさせてくれるのが、まさに“カラスは真っ白”ですよね。

 

ヤギヌマ

歌詞は言葉の転がり具合を楽しんでもらえれば。

 

シミズ

night museum の続きものとしてもっとスピードを上げたドライブっていうイメージですね。

 

ヤギヌマ

速いところを歌うのが大変でした(笑)。

 

タイヘイ

16分連打?

 

ヤギヌマ

そう。16部連打。

 

シミズ

レコーディングまでが大変だったんでしょ?

 

ヤギヌマ

そう。レコーディングまで自分で慣れるのが大変でした。

 

PECF-3155

【リリース情報】

TITLE:ヒアリズム

ARTIST:カラスは真っ白

DATE:9.02.2015

PRICE:¥1,800 +tax

SPACE SHOWER MUSIC/CULTIVATE INC.

01.ヒズムリアリズム

02.night musium

03.The xxx

04.RADIPHONE

05.せいじゃくのこうしん

06.フミンショータイム

07.ニュークリアライザー