2015
09.09
リサイズPECF-3155-1

【Interview式ライナーノーツ】カラスは真っ白 『ヒアリズム』9.2リリース! vol.3

ARTIST, INTERVIEW, VIDEO

カラスは真っ白 インタビュー式ライナーノーツ Vol.3

今回も妥協知らずのフル快進撃だらけ!9月2日にリリースされた4thミニアルバム『ヒアリズム』内の曲順別に制作秘話や込められた想いについて思う存分語っていただいたインタビュー第三弾。

インタビューも佳境に入り、曲ごとのエピソードから『ヒアリズム』が持つ全体像が浮かび上がってきた。人それぞれ様々な理由で訪れる“眠れない夜”。どんな経緯であろうともそれらをこの一枚でスペシャルナイトにしようじゃないか!! 音楽の力を本気で頼ったカラスは真っ白の未来はきっと明るい。

PECF-3155_karasu

 

ヤギヌマ…ヤギヌマカナ(Vo.&Gt.)

シミズ…シミズコウヘイ(Gt.)

タイヘイ…タイヘイ(Dr.)

オチ…オチ・ザ・ファンク(Ba.)

 

(インタビュアー…田中サユカ)

 

#6  フミンショータイム

 

シミズ

原案がタイヘイ。

 

タイヘイ

うん。メロディーは主にヤギヌマ。これは、わりかしライヴをイメージして作りましたね。だから、このダイナミクスもライヴレコして…

 

シミズ

「踊らせたいね!」って。

 

タイヘイ

割と根っこにはソウルとか…結果あまり感じないかもしれないけど、自分の根っこにはソウルミュージックのイメージですね。

 

—       「カラスのライヴは楽しい!」ライヴは本当に評判ですよね。

 

シミズ

無理してアゲてる感…『パーティーピーポーの闇・其の2』っていうコンセプトどおりにはまっちゃったな…っていう(笑)。別にそういう狙いで作ろうとはしてないんです。「フミンショータイム」って言葉もさ、ずっと探してて「なんかいい言葉ないかね〜?」って言って「フミンショータイム」がヤギちゃんOK出たって感じじゃん?

 

ヤギヌマ 笑

 

タイヘイ

『闇ピーポーのパーティ』じゃない?

 

一同笑

 

シミズ

眠れなくて本当に嫌なのに、無理やりカラスは真っ白の音楽を当ててくる…「俺らも眠れないから踊ろうよ!」っていう曲になればいいだろうなぁって。そしたら辛いコトもたのしくなるかなあって。

 

タイヘイ

「パパヤパヤ」ってどういう意味なの?

 

ヤギヌマ

意味はない…よ。「パパヤパヤ」には(笑)。

 

タイヘイ

サビ終わりでずっと「パパヤパヤ」って言うんですよ。

 

ヤギヌマ

楽しい感じ!

 

タイヘイ

未だに「パパヤパヤ」…

 

ヤギヌマ

えーっ?違う言葉の方がよかったのー?

 

タイヘイ

もし、俺が歌詞を書くなら…「パパヤパヤ・パパヤパヤ」って書かねえよ(笑)!

 

ヤギヌマ

載ってないから!「パパヤパヤ」は(笑)。

 

タイヘイ

「パパヤパヤパヤ・パパヤパヤ」(笑)。

 

シミズ

ナチュラル・ハイになってる感じあるからね、ちゃんと。深夜のテンションみたいな感じする!

 

シミズ

これも全然アレンジも変わって…。今はソロ回しとかなくなってるけど、最初はドラムのソロ回し、ベースもソロ回し、ギターもソロ回しがあったよね。

 

—       ソロ回しがあったんですか?

 

シミズ

もともとはあったんですけど、なんか無理矢理感ありすぎてやだね…って。「不眠症なのに寝たらどう?」って。通称“寝るアレンジ”。

 

ヤギヌマ

“ネムクナルタイム”。

 

シミズ

「“ネムクナルタイム”作ったら?」ってことになって、このアレンジになった。

 

タイヘイ

目覚まし時計の音とかね。

 

シミズ

カラスは真っ白の曲では珍しいフェードアウト。

 

タイヘイ

「革命前夜」もね。

 

ヤギヌマ

演奏は最後で締めてるけど、そこまで聞こえない。

 

シミズ

締めフェードアウト。

 

タイヘイ

(レコーディングで)フェードアウトしないんですよね。俺らは。よく昔のダンス系とかソウル系とかよくそういうのをしてたんですけど、我々はしないんですよ。

 

シミズ

フェードアウトしてるけど、裏でちゃんと終わってる。

 

タイヘイ

ただ小さくなってる。何故かというと…こだわりです!

 

ヤギヌマ 笑

 

— すごく大事だと思います。ファンもそういうことを聞くと嬉しいしね。

 

シミズ

でも今回は、フェードアウトのタイミングが早すぎてギターソロ全然聞こえない!

 

— (2コーラス目)裏のカッティングはすごくかっこイイですよ?

 

シミズ

いやぁ、その後にいいテイクのギターソロが録れたんですけど…残念ながら早くフェードアウトしちゃった…。

 

ヤギヌマ 笑

 

タイヘイ

エンジニアのイヂワル(笑)。

 

—       ちょっと闇があったんでしょうかね(笑)。

 

シミズ

エンジニアに闇(笑)!?

 

タイヘイ

そうそう(笑)闇ピーポーのエンジニア!

 

 

 

#7  ニュークリアライザー 

 

シミズ

バンドサウンドのアレンジは、コピーしてもらえるような曲にしたいっていう…。

 

オチ

けいおん部!

 

タイヘイ

そうそうそう!

 

オチ

けいおん部の学生が「あれ聞いた?あのギターの歪み…」

 

タイヘイ

で、ギターのやつがリフ弾き始めたらドラムがノッてくる…って感じね!

 

 

シミズ

そういうサウンドをイメージして…正直、キメ多め。最近キメはアレンジの流れでバシバシ決めてっちゃってたのを「こうしてみる?ああしてみる?」っていうのを久々にやったなあっていうのはこの曲かなあ〜。

 

オチ

キメを増やす!

 

シミズ

そう。削っていくのが多いのに、無理にキメを作っていた“あの頃”を今、正しくやってみよう…そういう風にバッキングは作りましたね。

 

—       良い意味でシンプルな正統派のギターロックですよね。

 

シミズ

そう正統派。

 

タイヘイ

ギターロック。

 

シミズ

でも正統派の中でヤギヌマちゃんの歌と歌詞はとにかく絵部見を持たせたいなぁ…って思って。「全部ネガティヴなものを出し切ったらいいじゃん!」って。

 

ヤギヌマ

私はパーティーピーポーでもなければ闇のパーティーピーポーでもない…“闇のヒト”なんで(笑)。根っこが。

 

タイヘイ

ヤーミーピーポー(笑)。

 

ヤギヌマ

ヤーミーピーポー(笑)。

 

シミズ

それをパワーにしてほしいと思う。とってもポップですごくカワイイ曲にえげつないくらいマイナスを入れ込んでみて…っていうのをやれたなあ、と思って。歌詞だけでいうとこの曲が一番好きですね。いかようにも捉えられるんで。人生なのか仕事なのか、恋愛なのか…バッド・エンドなんで。絶対ハッピーエンドではないバッド・エンドがすごい気持ちよくて。是非いろんな人にいろんな意味合いで聞いてもらいたいなあって思います!

 

ヤギヌマ

“バッド・エンド”なのか、ある意味での“ハッピーエンド”なのか…“メリー・バッド・エンド”なのか…。

 

タイヘイ

この時点でも分かれるくらい、掴みのある作品なんです。

 

— これがまさに“深さ”の証明ですよね。

 

ヤギヌマ

私もその余地を残しておきたくてこの歌詞にしたので、ここでこういう話ができるのがすごく嬉しいです。

 

タイヘイ

イントロのギターのハウリング音から入って、日が差してくる感じですよね。フワ〜って!

 

シミズ

この『ヒアリズム』をとおして時系列が全て決まっているんです。

 

—       そうなんですか!

 

シミズ

「ヒズムリアリズム」が夜10時。「night museum」が夜12時くらい。「The xxx」が夜1時くらいで「RADIPHONE」が夜2〜3時くらい。「せいじゃくのこうしん」が夜4時くらいで「フミンショータイム」が夜5時。まだ夜が明けてない感じ。「ニュークリアライザー」が朝6時から7時。だから“夜のアルバム”なんですね。夜明けに向かっていく感じ。

 

タイヘイ

結果、そういうことになったんです。

 

ヤギヌマ

最初から決まっていたわけじゃなくて、曲が出来上がってみたら「こうできるよね?」っていう後からのコンセプトです。

 

タイヘイ

「クラブでEDM聴いてる感じ…22時くらいだよね?」とか「ドライブしてナチュラルハイになって深夜のラジオで静かになって…」

 

ヤギヌマ

「眠るにも眠れなくなって…」

 

タイヘイ

「朝来ちゃった〜ぁ!」

 

 

PECF-3155

【リリース情報】

TITLE:ヒアリズム

ARTIST:カラスは真っ白

DATE:9.02.2015

PRICE:¥1,800 +tax

SPACE SHOWER MUSIC/CULTIVATE INC.

01.ヒズムリアリズム

02.night musium

03.The xxx

04.RADIPHONE

05.せいじゃくのこうしん

06.フミンショータイム

07.ニュークリアライザー