2016
03.16
5D3_8572

【INTERVIEW】本日リリース!空きっ腹に酒『人の気持ち』ロングインタビュー

ARTIST, INTERVIEW, RELEASE

空きっ腹に酒は、所謂「ロキノン系」のバンドとして認知されているものの、僕にはどうしても腑に落ちないのだ。変拍子・ダンスロック・破壊感情を含むロックの大元で、実は超冷静なオトナ精神(あるいは大きな愛)が支えているんじゃないか、そんな深読みをしたくなる面白さが、空きっ腹に酒にはある気がする。

また近頃「中毒性がある」と自らうたってはそうでもないバンドの多いこと…!そんな中、空きっ腹(空きっ腹に酒)ほどこの言葉が似合うロックバンドもなかろうか、とも思うのだ。

それはナンバーガールや人民オリンピックショウらが出現した瞬間にも似た、何ともアクの強い邪気…。これは「猛毒」ではなかろうか?どうやっても真似できない天性の“癖”がここにはある。そんな空きっ腹に酒の1stミニアルバム『人の気持ち』リリース・インタビュー!親愛なるフロントマン幸輝くんが惜しなく語ってくれた青くて甘い、毒性たっぷりのトークに是非酔っぱらっていただきたいのである。

 

Photo / Hayato Nitta

 

5D3_8553

 

——まずは、おめでとうございます!

 

幸輝 あ、ありがとうございます。

 

——と言っても、以前も結構リリースされていますよね?

 

幸輝 ミニアルバムが初めてというだけで、アルバム自体はもう4枚出しています。

 

——キャリアも長いですものね。

 

幸輝 はい、そうですね。今年で9年目ですね。

 

——今回は「人の気持ちについて考えて創った」ということですが

 

幸輝 そうですね、でも空きっ腹に酒に限らず、歌詞を書くっていう行為自体が、大体人の気持ちについて書いていると思うんです。だから、改めて言うことでもないんですけど…「わかってるし!」みたいな(笑)。でも、だからこそ人の気持ちに向き合ってみたんです。

 

——空きっ腹に酒が「人の気持ち」って書くとドキッとしますねえ。言葉自体が暖かいから(笑)。

 

一同笑

 

幸輝 そうすね。でも、一個一個が本当に「人の気持ち」ですね。

 

——今回はワンダフルボーイズの曲「夜のベイビー」が入っていますね。これは初めてのカバー曲として収録されていますが、実際ライヴでは何回かされているんですよね。

 

幸輝 そうですね。でもこの曲を収録することは決めていたんです。ずっと「録りたいな」っていう話をずっとしていたんですよね。何らかの形で出せたら、とはずっと思っていました。

 

——全然違う風に聴こえますよね!

 

幸輝 そうなんですよ。アレンジもフューチャリングしてくれてるファンキーマイクさんと一緒に創ったんです。

 

——ファンキーマイクさん、最後の方で「空きっ腹」ってちゃんと言ってくれてますよね!ギターも1本で勝負されているんですね。

 

幸輝 そうですね、ドラムとかも一番シンプルなカタチにしました。一緒やったらカバーじゃなくてコピーになっちゃうから、カバーをやるんやったら空きっ腹の良さを出したかった。候補が3パターンくらいあったんですよ。どれにするか、めっちゃ迷いましたね。

 

——もう2パターンはどんな感じだったんですか?

 

幸輝 なんかね、スカっぽいやつとか。もうちょっと速いテンポで「スチャッスチャッ…」って、こんな感じ(笑)。「そっちの方が空きっ腹 ぽいかな…?」とか、色々考えながら決めましたね。でも俺は楽器のことが何にもわからないから、楽曲を創る時は、だいたいメンバーが持ってきたモノが感覚的にしっくりくるかどうかで判断しているんです。

 

5D3_8475

 

——何故でしょうね、人気バンドのヴォーカルをされている人は譜面読めない人が多いという…。でも、だからこそ感覚が研ぎ澄まされるし、変に理屈っぽいものにならないんでしょうね。

 

幸輝 そうなんすかねえ。怒髪天の増子さんと仕事した時に、増子さんもギター弾かれへんらしくて。

 

——そうなんだ!それにしてもシンディさんが2015年に加わってからでしょうか、ベースライン非常に滑らかで心地良いですね!

 

幸輝 シンディは西田が知り合いで誘ってくれたんやけど、どうしてもウチに必要なピースやなっていうのはみんな言っていて、まずライヴパフォーマンスが派手なんです。最初はサポートで入ってくれていたんですけど、俺より前に出るんすよ(笑)。

 

一同笑

 

——ハハハ!コミックメタルか!

 

幸輝 「まじか!?」って思いながら演っとったんですけど、それくらいのヤツが欲しかったし、実際テクニックを持ってるから「絶対に入れたいなあ!」って思っていた。で、誘ったら入ってくれて、ホンマにありがたいですけどね、俺らとしては。

 

——私としては、ベース安定しない、むしろ出来立てホヤホヤの空きっ腹はどんな状態だったのか、よく想像しますけれどもね。

 

幸輝 ああー!結成当時っすか?見ないほうがよかったですよ(笑)。

 

——きっとグダグダでしょうが(笑)、それがまた良いんだろうなあ。

 

幸輝 グダグダ…そう、僕がお客さんと喧嘩したりとか。

 

——ステージ上で?すごく楽しい(笑)!

 

幸輝 いや、ひどいっすよ。物を投げたり、ツバ吐いたり…(笑)。

 

——わははは!

 

幸輝 マイクスタンドを毎回自分で持っていくんですよ、絶対壊すから(笑)。で、持ってきたマイクスタンドをステージ上で叩きつけて折るっていう感じ!

 

——ちょっと前のロックスター。

 

幸輝 そう、ちょうどその時は銀杏BOYZに憧れていて、うちのギターはギターが好きだからずっと俺の横でチャカチャカ弾いていて。だから「俺もこんだけ暴れてるんやから、お前ももっと暴れろよ!」って言ったんですよ。そしたらプチって切れてもうて、PA室よじ登ってステージでギター折って…

 

一同笑

 

幸輝 「これで終わりな。」って言うから、俺もビックリして「すみませんでした!」って(笑)。

 

——ワハハハハ!そんなことがあったんだ。

 

幸輝 ありましたねー。

 

——確か町田(康)さんのことも好きだって…

 

幸輝 はい、好きですね。

 

——幸輝さんのいる空きっ腹は町田さんの人民オリンピックショウやナンバーガール出現のようなニオイがしますよ。

 

幸輝 実は、それは結構言われるんですよ。

 

——やっぱり!

 

幸輝 ちょっと正直…天狗になってますよ(笑)。「ナンバーガールです!」って!

 

一同笑

 

——いいじゃないですか!「中毒性」という表現が乱用され気味ですけれど、空きっ腹に使うなら正しいと思える。「中毒」といえば、空きっ腹は「猛毒」も持ってる。

 

幸輝 「猛毒」?それ面白いっすね。死んじゃいますからね(笑)。

 

5D3_8559

 

——再びシンディさんの話題ですが、彼は今回楽曲制作もされたとか。

 

幸輝 「sense」です。シンディも長年他のバンドで経験を積んできたから「空きっ腹に自分のバックボーンもプラスできたらなあ。」という話はしていたんです。空きっ腹の良さを壊さずに且つ新しい風を入れたい、という意味ではある程度成功したんじゃないかな、と思います。確かね、これはベースとドラムが先にできたのかな?

 

——全部シンディくんが創ったんですか?

 

幸輝 いや、ギターとか細かい部分はみんなで創ったんですけど、発案者はシンディ。

 

——詞もだいぶ韻を意識していて…

 

幸輝 そうすね。なんかやっぱりどうしても曲が先か詞が先かって言うので僕のリリックの内容も変わってくるんですけど…

 

——いつもはどっちなんですか?

 

幸輝 3枚目までは詞が先でしたね。でも4枚目からはちょっと音楽的な部分に沿うようにしだしたんで、同時進行が多い気がします。

 

——結果的にとても練り上げられているとは思うんですけども、土台でしょうかね、すごいスピード感を感じるということは「一気に詞を書かれたのかな?」と思っていましたよ。

 

幸輝 そうすね。今回リリックは一気に書きましたねー!「わがままで都合がいい」はちょっと考えたかな。西田がね、いつもサビをメロディーだけ考えてくるんですよ。それを日本語でも英語でもないような適当な感じで録音してくるんですよね。それに俺がムリヤリ日本語を当てはめていくっていう作業をするんで、結構つじつまが合わなかったりするんですよね!それを細かく補正するのに時間がかかる時がある。それが今回はうまくハマったかなあー。

 

5D3_8490

 

幸輝 僕の歌詞に出てくる人って基本的には自分なんですけど、ちょっと滑稽な感じの人間が多いと思うんですよ。その中でも「映画」は特殊で、女の子の目線で書いた滑稽な曲。自分、自分って結局自分の事をばかり思って生きている人間。「sense」もそうだし…「夜のベイビー」だけっすね、ちゃんと人として楽しもうとしているの(笑)。

「サウンドオブミュージック」なんて他のバンドみんなうっとおしい!っていう曲ですからね(笑)。

 

一同笑

 

——四つ打ち皮肉がスゴイですもんね。スカッとしますけどね!生きてる事自体が滑稽な感じもしますけれども。

 

幸輝 でも「あるある」にはしたくないんですよ。「あー気持ちわかるー!」って言われるのも嫌なんです。言われたら言われたで歌詞を読み取ってもらえた事は嬉しいですけど、一方で「私も一緒やで!」とか言われたら、例えそうでもイヤになる。「お前に何がわかるねん!」って一番言ったらあかんセリフを言っちゃいますね(笑)。

 

——それ、ブログにも書いていませんか?そうですよ。「共感」って…ねえ!

 

幸輝 うん。だって「共感」って…変な話じゃないですか。自分の気持ちって自分しか知らないわけで…「わかる、わかる!」っておかしくないですか?“この人がホンマにその事について言っているのかと”いうことを会話だけで読み取って「わかる、わかる!」って。これ、インタビューで言うことじゃないかもしれないんですけど…。

 

——いやでもね、例えば「歌詞が共感出来るからイイ!」っていうコメントを見て「だからイイとは限らないんじゃないか?」「歌詞に共感しなきゃまずいのか?」と思ったりしますよ?

 

幸輝 そうですよねえ!そうそう。自分のために歌っていますからね。僕はライヴ中とかにもよく言うんですけど「俺らはお前らのために歌ったりはせえへん!」って。その人のために歌ってあげることって一番その人のためにならない気がする。

 

——うんうん。しかも空きっ腹に酒が奉仕を始めたら空きっ腹に酒ではなくなっちゃうのでは?「空きっ腹には飯」とか、ただの良いヤツ(笑)。

 

幸輝 そりゃあそうですよね(笑)。ただの良いヤツ。まあ、メンバーは良いヤツですけどね。

 

——きっとね、私も含めてこれだけリスナーに空きっ腹が愛されている要因は、こんなに勝手なことをしているけれど(メンバーが)大人だからじゃないかな。また、所謂「ロキノン系」と言われるギターロックと全然違う扱いを受けるのはメンバーの成熟度もあると思うんですよね。

 

幸輝 めちゃくちゃシンプルな言い方をしてしまうと「人と違うことをしたい」とはいつもメンバーと言っているんです。メンバーが俺と全く同じようなことを考えているとは思わないんですけど、同族…「同じ輪の中にいるのが耐えられへん奴らなんだろうな」って言うのはなんとなくわかる。空きっ腹に酒として4人一緒におるのは楽しいんですけど、この4人をどこかの枠にいれられるのを一人一人がちゃんと嫌がってる。一人でも「空きっ腹に酒はココにおりたい」とか「この輪の中に入っておきたい」とか思う奴がおったら、多分うまくいってないと思うんです。

 

5D3_8541

 

幸輝 全員がうまいこと枠に収まる事を嫌ってる。俺は「(いわゆる)ロックバンドが嫌い」とか言いながら、ロックバンドをやっているし、西田も最近の一辺倒な音楽に嫌気がさしているからギターでギターじゃないことをしたい。シンディはシンディで空きっ腹に酒のそういうところが好きで入ってくれた訳やし、いのまたに関しては多分何も考えていない(笑)!だからバランスがすごく良いと思うんです。

いのまたはね、ただ空きっ腹が世に出て行くのが楽しい。俺らが「こっちに行くぞ!」って言ったら喜んでついてきてくれるんですよ。

 

——良いムードメーカーでもあるわけですね?

 

幸輝 そうなんですよ!会議とかミーティングとかは苦手ですけど(笑)。

 

——会議をするんですか?

 

幸輝 します、します!あとはメンバーみんな仲が良くて、よく飲みに行くんですよ(笑)。自分で言うのもなんだか恥ずかしいんですけど(笑)。

 

 

——そういえば、幸輝くんはTwitterを辞めましたよね。

 

幸輝 はい(笑)。なんかこう…変に人の距離感が近くなるじゃないですか。僕のTwitterがなくなったからってお客さんが減るわけじゃないし、空きっ腹はネットでの宣伝が下手くそだとよく言われるんですけど、大体俺らがバンド始めた頃はTwitterもなかったですからね!だけどお客さんはライヴに来てくれていた。Twitterでつぶやいたから好きになるとか、それも入り口としては大事だとは思うんですけど、そうじゃなくて「ちゃんとお前ら(リスナー)から踏み込んできてくれたらなあ!」って本当は思ってる。

 

5D3_8529

 

幸輝 俺のつぶやきを見てライヴ見た気持ちになっている人がいますからね。「ライヴ行けなかったですけど、ゆきてるさんのつぶやきを見て、行った気持ちになれました。よかったです〜。」…よくねえよ(笑)!ライヴに来てくれ(ちゃんと同じ空間で体感してくれ)!…っていうのもあったから辞めた。ブログは一方通行やからやれています。コメントは全然返していないんですけど(笑)。

 

——そうなんですよ、幸輝くんのブログがとにかく面白い!これは絶対にオススメしたい。今回もアルバムの全曲解説はブログでやるんですか?

 

幸輝 そうですね、始めちゃったんでちゃんとやらんと…。

 

——じゃあ、ここであんまりしゃべったらダメだね(笑)。

 

幸輝 いやいや…ここで喋ったこととブログで書いてることが違うっていうことはありますからね。多分100%作品を作った時の感情って覚えてないと思いますよ?この曲はこういう曲だってちゃんと覚えて創ってないから、今のこの状態でこの歌詞を見たらまた新たな解釈が生まれることもある。

 

——そうですね。「曲が育つ」とも言いますものね。後付けで生まれたり、お客さんの新鮮な解釈だってりね。

 

幸輝 そうそう。それが面白いから逆に全曲解説しているんですけどね。答え合わせみたいな。昔はそれが嫌いやったんです。だって、正解を出してしまうと、そういう風にしか聴こえなくなってしまうから。でも、ある程度着地点を自分でつくっておいたら、その後の感情の変化が見えて面白い。まあ、解説も結局自分のためにやっているんですよね。

 

——確か「映画」はワリと初めにできて「自分の中で大切な曲になりそうです」と早めの解説(?)をされていましたね。

 

幸輝 そうですね。歌詞を書いていて面白かったし「いいのかな、これで…。」って最後まで悩みましたしね!「この曲を空きっ腹に酒で歌っていいのか?」 とか。しかも、それがなんで引っかかっているのかすらわからなかったんです。ただ、姉が褒めてくれたんですよ、歌詞を(笑)。それが嬉しくて!

 

——空きっ腹にはないアプローチ。私もね、この曲は好きですよ!

 

幸輝 それは嬉しいですね!そうですね、女性目線で書いたっちゃあ書いたんですけど。

 

——最後のシメ方なんて「カメラを止めて」の連発!

 

幸輝 昨日、この曲をテレビの収録で歌ったんですけど、カメラを目の前にして「カメラを止めて〜!」って歌いましたよ。面白かったです(笑)。

 

——ハハハ!しかし、こう並べると…どれがリード曲か分からないくらい力作揃い。

 

幸輝 まあ、「わがままで都合がいい」ですかね。

 

 

——この曲はかなりパンチがありますよね。トップに相応しいし、これ1曲で空きっ腹に酒というバンドの説明がつく。

 

幸輝 それは嬉しいです。「リズムで遊ぼうか」でつくってサビで拍子が変わる。僕が一番好きなのはラスサビの途中でテンポがハネているリズムから急に四つ打ちに変わるところ。俺は曲をみんなが作っているのを横で見ているから、どっちかっていうと俺も空きっ腹ファン目線なんですよ。

 

——客観的に捉えられるんですね。

 

幸輝 そう、楽曲が出来上がる工程を見ているから、よく西田が「幸輝が反応してくれたら曲を作るのが速くなる。自分達もわからんくなった部分もお前が「イイ!」って言ってくれたら自信持って作れるわ。」って言ってくれる。ブレーンはこいつら(メンバー)ですけど、エモーショナルな部分は多分、俺。「あ!これがイイ!」直感的に反応できるところで携われているのかなあ。

 

——それがイイんじゃないかなあ。バンド人生も行き当たりばったりだけど直感力の力を信じられるからイイものができる。

 

幸輝 ふふふ(笑)。

 

——詞を書くのも行き当たりばったり。だからイイ。

 

幸輝 適当に書いた言葉でもどこかで自分の中で引っかかっているから出るんだと思うんですよね。どこかで自分の思考と繋がっている部分がある。だからとにかく書いてみて、後で音楽的な補正をすればいいんです。

 

——日常的でなんでもないことをあれだけ面白く書けるっていうのは、もしかして相当神経を研ぎ澄ませて生活をしている?

 

幸輝 いやね、何でも「嫌なヤツだなあ。」って思おうとしてるフシがありますね(笑)。たいして嫌じゃなくても「コイツら嫌やなあ〜!」って思おうとしてる。二日酔いの時とか!

 

一同笑

 

——ちなみに今日は二日酔いですか(笑)?

 

幸輝 今日はね…二日酔いです。でも楽しいです(笑)。

 

一同笑

 

5D3_8656

 

——Twitterもすごいけどスマホを持たないのもイイ!

 

幸輝 iPnoneにした時期もあったんですけど…連絡をとる事以外にすることないよなあ…と思って(笑)。連絡取れるんやったらこっちの方が安いし、いいやっていう単純な理由なんですけどね。しかもめったに人から連絡が来ないですからね!マネージャーだったりメンバーだったり家族。それ以外からはめったに来ないすから(笑)。

 

——バンド仲間は沢山いるでしょう?

 

幸輝 そうですね、結構多いほうだと思うんですけど…あんまり誘われないですね(笑)!

 

——ええー!?でもすごく良い仲間のグルーヴができている感じ。で、そんな中でTwitterやめたりするところ!それはかっこいいでしょう。フォロワー増やしてなんぼ、なバンドマンの溢れる中で。

 

幸輝 まあ、僕の嫌な性格が出てるんや、と思うんですけどね、そこでも(笑)。「あいつらと一緒にされたないわ〜!」そういうところだと思うんですよね。ボタン一個で(Twitterを)辞められましたからね!ボタン一個押すだけで何千人おったフォロワー全部消えるっていう(笑)。

 

——すごい!

 

幸輝 未だに自分でよかったと思います。ついこの間も「ゆきてるツィッター辞めてる!」って書いている人がいたんですけど、「いや、それだいぶ前やし!」って。その人、最近になってやっと気づいたんですよ!

 

——でも、何千人っていうフォロワーがいるということは人気者の証拠でもある。

 

幸輝 昔はほんまに心の底から不安でしたね。「俺たちはホンマに売れるんやろか…。」とか「このまま続けていって生活はできるんやろか…。」というような事を高校生の時とかは考えていましたけど、最近は「長く続けたい」って考えています。来年10周年なんですけど…

 

——すごいことだよ、10年って!

 

幸輝 10年こいつらとやってんのか!って思うとゾッとしますよ。10年間遅刻が直ってない(笑)!

 

一同笑

 

——いいね(笑)!

 

幸輝 10年遅刻が直らないってすごいよね(笑)。

 

 

5D3_8652

 

 

——誰かがうまいこと言っていましたよ「いつまでもあると思うな、親とバンド」!

 

幸輝 ふはは!ウチも、もうベースに関しては何回替わってんやろ…6回か?

 

——ずっといなかったんですよね。

 

幸輝 そうです、ギターとドラムとボーカルだけ。そこで俺がベース練習せんでよかったなー!

 

——そうですよね?流れで言うと「じゃあ俺、ベースやるわ。」って大体なりますよね。

 

幸輝 楽器をやる自信がなかったんですよ。

 

——さて、いよいよツアーも始まりますけど、対バン相手の情報はブログを読んでもらったほうがいいですね。ここに貼り付けておきましょう!

 

 

http://blog.livedoor.jp/butakanja/archives/8339175.html

 

 

幸輝 ハハハ!そうすね(笑)!すごく丁寧ではなかったですけど。

 

——あれだけ対バン相手をきちんと紹介している日本のロックバンドが他にいるかって言ったら、なかなか出てこないですよ?ざっくり紹介っていうのはあるけどね。幸輝くんの素敵なところは、結構何でもないライヴの時でもちゃんと相手のことを書くじゃないですか。

 

幸輝 なんかね、自分がされたら嬉しいことをしただけ。せっかくブログ書いてるんやったらいい人っぽく見えたいじゃないですか(笑)!

 

——出た(笑)!でも、自分たちとは全然違う志向のバンドともちゃんと向き合えていますよね。

 

幸輝 でもそれって自分のことに立ち返れるチャンス。例えば空きっ腹に酒だけの中で生きていたら、そこと俺がどう違うんかっていうことが一生わからないし、変な言い方だけど「なんで俺たちがカッコイイんやろう」っていうことに気づけない。西田のギターが当たり前になっちゃうし、シンディのベースやいのまたのドラムが当たり前になっちゃうのも良くないと思うから、他のバンドのかっこいいところを見て「確かにかっこいいな。」と認めることが対バンの醍醐味だと思っています。第一、どうでもいい奴らを見ても忘れますからね。カッコ悪かったっていう印象は特に残らない。

 

5D3_8584

 

幸輝 印象に残ったらカッコイイと思うし、そこで「こいつらになくて俺らにあるのはなんやろ?」って気づくチャンス。ブログに書いているのも、多分自分の確認っていうか「空きっ腹に酒はこういうバンドや!」っていうことを再認識する作業をしているのかもしれないですね。

 

——メンバーもそれを読んで意識を合わせるんですね。

 

幸輝 嫌な言い方ですけど、一石二鳥なんすよ(笑)。良くも思われるし確認もできるし。例えばね、「幸輝さんが良く書いてくれたー!やったー!」ってなったら俺の株、上がるやん(笑)!

 

一同笑

 

——このトゲトゲしいバンドは本当に思いやりがあるなあ〜(笑)。

 

 

 

撮影協力:WEEKEND GARAGE TOKYO

 

 

 

 

 

 

JKT

【リリース情報】

アルバム:人の気持ち

アーティスト:空きっ腹に酒

リリース:2016.03.16

価格:¥1,500(+tax)

 

《収録曲》

01. わがままで都合がいい

02. 映画

03. sense

04. ハッピー

05. サウンドオブミュージック

06. 夜のベイビー

 

 

 

 

わがまま放題 対バンツアー

2016/04/03(日)北海道@Sound lab mole

2016/04/08(金)東京@O-WEST

2016/04/10(日)愛知@club UPSET

2016/04/16(土)福岡@Queblick

22016/04/17(日)広島@BACK BEAT

2016/04/19(火)@JANUS

 

 

 

BIO2015

空きっ腹に酒 Web

http://skpprnsk.com/