2016
04.12

【INTERVIEW】山根万理奈が語る、マリナッチ楽団へのキモチ

ARTIST, INTERVIEW, RELEASE

僕は山根万理奈のステージを一目見た時から、彼女の歌が好きになった。彼女の作るメロディやコード進行はどれもごく有り触れているのに、一つ残らず粒立って光輝くように見える。きらめくメロウの上には吐息と恋にまでメロディを吹き込む、まるで若きミューズな声。彼女は本当に歌がうまい。

それから、彼女が歌を出すレーベルが好きだ。良い音楽を丁寧に産み出して、温度冷めずに届けるシンプルな工程(しかしなぜかとても難しい工程)をこよなく愛しているように思えるからだ。彼女がそのバーガーインレコードから今年も期待通りの素晴らしい作品『山根万理奈とマリナッチ楽団』をリリースする。

今作のクレジットは、山根万理奈のソロ作品というよりも、山根万理奈と彼女を愛する人々による団体作品と呼んで良いと思う。この作品に収録されている曲のすべてに、彼女自身が全国で年間150本以上のステージを踏みながら交わされる人々の思いの数々が詰まっていて、ファンでなくてもハートウォーミングな気持ちにさせてくれる。彼女のことをよく知らなかったあなたも、あなたの街の山根万理奈ライヴへ出かけてみて欲しい。そんなささやかな願いを込めて、今回のインタビューをお届けします。

 

 Photo / 田中 サユカ

IMG_3657

 

——万理奈さんにはいつかちゃんとお話したいとは思っていましたが、今回のアルバムを聴いてしまったら、今しかない!と思いまして。

 

万理奈 本当に嬉しいです!ちゃんと音源を聴いていただいただけでなくて、ライヴも観ていただいているので、ちゃんと知っていただける方にお話を聞いてもらえるのが嬉しいです。

 

——前回も前々回の作品も拝聴しましたが、今回は予告通り全く違う作品。

 

万理奈 そうですね。

 

——「愛」とか「恋」とか「自分」とか「将来」とか「人生」とか…そう言った語群を一度飛び越えている。

 

万理奈 そうですね。絶対に今年はいっぱいライヴをやっていくと決めていたので、ライヴにフォーカスしたアルバムを作りました。

 

——そうですね!1曲目からMCが入って、そのままライヴ一本が始まる感じですね。

 

万理奈 ライヴのイメージと同時進行でアルバムを作っている感じでしたね。

 

——あのまま再現ライヴをやってもおかしくないですもんね。

 

万理奈 ふふふ…。

 

——最初からマリナッチ楽団の紹介が入って、カズーが、ね!カズーという楽器は、今回グッズでも出していますよね。

 

万理奈 グッズね!そうなんです。

 

——カズーでいきなり我々も参加できるわけです。言うならば我々がマリナッチ楽団。

 

万理奈 そうです。もう、みんな!

 

——全国のマリナッチ楽団が最初から楽曲に参加。万理奈さんがファンの方をどれだけ先行して思っているか!まずそれがたまらない。

 

万理奈 そう〜!嬉しい!この間、早速カズーを練習してきたっていう人がいましたよ。ちょうどこの前の日曜日(4月3日)がツアー・シーズン1の初日だったんです。私のオリジナルカズーはこの日発売だったんですけど、その人は自分のカズーで練習してきてくれたんです。でも、さすがにまだ初ライヴなので、どこで吹いて良いのかがわからなくて、ちょっと静かでした。でもこれは後々盛り上がっていくなあってすごく感じましたね。

 

——カズーを持ってきてる人がいたら、キュー出ししてあげたら…

 

万理奈 ふふふ、しました(笑)。

 

一同笑

 

万理奈 相当カオスになると思いますけどね、でも今回はそれも楽しいかなって!そういうのが苦手な人もいると思うんですけど、今回はそういうショーだと思って、思い切ってやりたいですね。

 

——例えばカズーのタイミングを間違えてもそれを笑いにできる会場の温かい雰囲気があるから…

 

万理奈 そうなんですよ!そういう雰囲気も出来てきてると思う。

 

IMG_3685

 

——万理奈さんを気にかけてくれる全国の皆さんに宛てて作った。本来のクレジットは“山根万理奈ソロ”じゃなくて“山根万理奈さんと全国のマリナッチ楽団”。

 

万理奈 そうですね。制作費をクラウドファンディングでやっていたりするので、そういうのも含めて、みんなで本当に楽しんでいこう!って思っています。

 

——いいなあ、と思ったのが、何らかの理由でクラウドファンディングを支援できなかった人もマリナッチ楽団にウエルカム、というメッセージ。

 

万理奈 もちろんですよ!でもそれが本当に伝わればいいなあ、って思います。

 

——あったかいなあ…!

 

万理奈 それはもう、皆さんがあったかいなあ…って、いつも思います。

 

——温かいといえば…!うち(VEEMOB)のニュース発信で、万理奈さんの作品のクレジットに誤まりがありましたね、本当にすみませんでした。

 

万理奈 ザワザワしていましたね(笑)。

 

——これは相当まずい間違いでした。でも、ファンの方のご指摘の仕方も温かくて助かりました。ありがとうございました。

 

万理奈 そう受け取っていただけたなら良かったです(笑)。

 

——作品全体についてですが、「1本のライヴ」の他にもう一つ感じたことがあります。それは「四季感」なんです。これ、冬まで…つまりはツアー千秋楽まで十分楽しめるわけです。春の煌めきから夏、秋の切なさから、温かい上着に身を包むまで。

 

万理奈 はい。ツアーで季節を巡りますから、これが今年のツアーから旅を続けていく感じが出ると良いなあ、と思って。

 

——そうですね。万理奈さんといえば、ツアーですものね。

 

万理奈 本当にそうなんです。ほぼ一年中。

 

——フィギュアよりも全然長い。例えが悪い(笑)。

 

万理奈 アハハハ!そうですね、人前でやってる時間は長いですね。

 

——オフシーズンが、ほぼない。

 

万理奈 ないですけど(笑)!でも、季節感を感じていただけたのがすごい嬉しいです。ワードはちょこちょこ入れているんですけど、私が全面的に言っているわけじゃなかったから。

 

IMG_3740

 

 

——今回は全然違う作品。それを日曜日にお披露目されたということですが、ファンの皆さんの反応としてはいかがでしたか?

 

万理奈 初日は東京のホームみたいなところだったし、実はまだダイジェストでしか出していないんです。でも、みんな聞いていないのに感覚で「自分が楽団員だ」っていう意識のようなものを感じてくれて、私が投げたらちゃんと返してくれる…そういうキャッチボールがすごくできたライヴだと思いました。このアルバムでライヴを重ねていけばいくほど、楽しい予感しかないライヴでした!

 

——もう一つ感じたのは、バラエティ感。作品にはTAICHI MASTERさん、LiLica*さんが参加されています。

 

万理奈 そうですね。演奏陣は私とエレクトーンのLiLica*さん、打ち込みのTAICHIさんですね。もう、バッチリですよ。信頼関係のもとに成り立っているので、お任せしてからイメージ以上のものを返してもらえました。

 

——万理奈さんになくてはならないのは「生感」じゃないですか?

 

万理奈 はい。

 

——例えばアルバム後半の「奇跡なんかじゃない」。万理奈さんの世界を壊さないように、さりげないリズムを刻まれている。これは難しい空気感ですね。TAICHIさんとは古いお付き合いなんですか?

 

万理奈 TAICHIさんとは今回が初めてで、実はレコーディングしている期間も直接お話ししていないんです。

 

——じゃあ、万理奈さんのファンなのかなあ…?

 

一同笑

 

——きっとこの具合はマリナッチ楽団も納得するはず。

 

万理奈 本当にLiLica*さんもTAICHIさんも、すっかり受け止めてくださった。ここも聴きどころですよ、もちろん!LiLica*ちゃんも初めて一緒にやるのにこのグルーヴ感!これは、今まで聴いてくれた人もきっと納得なサウンドだと思っています。

 

——お二人は、ゲストで登場したりしますか?

 

万理奈 LiLica*ちゃんは地元(島根)が一緒なので、島根のワンマンで生で一緒にやるので楽しみです!特に地元のみんなは全員集合!っていう感じですね。

 

IMG_3841

 

——“アルバム自体が旅でもある”ということですが、歌の中に土地にまつわるワードも遊び心たっぷりに散りばめられていますね。例えば私が新鮮だったのが「アクアライナー」。これ、どこの乗り物だ?と、調べてしまいました(笑)。

 

万理奈 アハハ!結構あの曲(「あの海の街へ」)はそういうツッコミどころが多いかもしれませんね。

 

——「だんだん」というのはどこの方言ですか?

 

万理奈 「だんだん」っていうのは島根の方言で“ありがとう”っていう意味です。これは「だらず音頭」ですね。

 

——そうなんです!音頭が入っているんです。バラエティ感すごい。

 

万理奈 「だらず音頭」は地元の夏祭りに出演するときに書いた曲なんですよ。

 

——そうなんだ!土地で言えば島根。でも、どこでも踊れますね。夏にはみんなが「だらず音頭」を思い出す。

 

万理奈 もちろん!踊って欲しい。全力で楽しんでます、あの(「だらず音頭」)レコーディング!

 

——この曲をライヴでやると、また違ったグルーヴができそうですね!その辺に太鼓を置いて…

 

万理奈 それ、ちょっといいですね!実は本当の太鼓を置いてやりたいと思ったんですよ、この1曲のために(笑)!ダンダンダンって!

 

——絶対楽しい!地域の方に頼みたい。

 

万理奈 夢、膨らむなー!

 

——お祭りにも呼んでいいわけですよ。

 

万理奈 そうです、そうです!コラボしましょうー!

 

——私は特に「パレードがはじまるよ」から「JOY」に差し掛かるラインがとっても印象的だったんですけども…

 

万理奈 「パレードがはじまるよ」は、マリナッチ楽団…メキシコにマリアッチ楽団があるって知らなかったんです。でも、マリアッチがメキシコでお祝いとかでやる賑やかな楽団なんだっていう事実を知って、今回のコンセプトに取り入れてやりたいと思いました。ファンファーレが鳴って、パレードがあって、旅から来た人を迎えてくれたりとか…そういうライヴに直結したアルバムができたらいいなあって思って、書いているうちに直接的な言葉が湧いてきて…だから「パレードがはじまるよ」は、そんな風に、ガーッ!て、流れで作りましたね。はっきりとしたイメージができた。曲の中の景色も出てきたし、歌っている景色も!

 

 

万理奈 「JOY」は「オリジナル楽曲作ります」っていう、クラウドファンディングの特典として作った曲で、その時のリクエストが「こう言う曲を作って欲しいんです」というものだったんですね。だから、そこに今の私と応援してくださっている人の関係も絶対出てくるに決まってる。

 

——ツアーでは万理奈さんがそれぞれの土地に行きますけども、実際には逆の構図もあるんじゃないですか?聴きに来る人々が万理奈さんに迎えられる。万理奈さんが変わらず楽しいから、万理奈さんに帰る。

 

万理奈 私からそれを言うのは照れ臭い。でも、そう思ってくれていたらいいなあ…って思います。つい最近、お客さんからお手紙を頂いたんですけど…私の歌を聴いていると、いつも心が落ち着くって。

 

——それは本当にわかります。私が疲れた時には実際、無意識に聴いていますから。

 

万理奈 アハハ!だからその方も“万理奈さんのライヴに行く時はすごく疲れているときだから、もし僕が現れたら歌で包んでください”って。でも、ちょっとだけ複雑なんですけどね(笑)。来て欲しいけど…疲れてるんだな…って思うと、ちょっと切ない。でも、そういう風に求めてもらえる音楽ができているんだったら、それは本望だなって思います。

だから、自分からは照れて言えないけど、本当にいつでも、最近会っていなくても「おかえり」と思って歌って待っていたい。

 

——良いきっかけの一枚ですね!

 

万理奈 そうですね、そうなって欲しい!

 

——「魔法にかけられて」という曲ですが、これは音楽の魔法について歌われた曲ですね。この曲の良いなあ、と思うところの一つは、登場人物にちょっと苦手な人が出てきますよね。

 

万理奈 アハハ!はい。

 

——でも、音楽の力が関係性を変えてくれる。やはり音楽には魔法のような力がある、実際にそういった音楽の力を実感した経験をしましたか?

 

万理奈 その曲も「オリジナル楽曲作ります」の特典だったんです。 “音楽好きな女の子が出てくる曲”っていうリクエストだったんですよ。それを見た時、よくライヴに来てくださる一人の女の子のお客さんことが浮かんだんです。その子をイメージすると、学生から社会人になって、会社で辛いこととかが遭ったときに、やっぱりそれでも「音楽っていいなあ。」と思っている感じ。確かその子が「ライヴに行くと元気が出る。」…そういうことを言ってくれていたのも思い出した。もちろん、私自身も似たような経験があります。「あ、そういう曲聴くんだ!」とか、そういうのってあるじゃないですか!苦手だと思っていた人でも、そういう話が合うと仲良くなる、とかね。

 

IMG_3794

 

万理奈 あとは、私自身がそういう音楽を出来ていたらいいな…という思いもあるんですよね。私も色々と聴いたりカバーもしてきたから、リスナー側の気持ちもわかる。そういう気持ちとステージで歌う時の気持ち。どっちも魔法にかけられた時の気持ちだなって思う。

 

——単純に音楽の趣味が合うだけで、好きになれるものですね。

 

万理奈 そういうの、見ていて思う。どんどん広がっていくし。「ライヴとかに行くきっかけになってくれてありがとう。」って言ってもらえたこともあって。それは凄いありがたいなあって思った。YouTubeの時も、顔を出さずにただカバーを歌っていただけなんですけど、それを見て「自分もギターを始めようと思った」とか。そういうのは、人前でやっていてよかったな、と思う瞬間ですよね。

 

——ライヴ年間150本以上って…相当な数ですよね。

 

万理奈 そうですね。それでアルバムも継続してリリースさせてもらっているのは、ちょっと前の自分だったら考えられないです。こんなに自分がライヴができているっていうことも。でも…旅はいいですね!「旅」と「出会い」と「音楽」!

 

——そうですね。本当に万理奈さんはキラキラしています。まずアルバムがキラキラしている。今日はあいにくの曇り空ですが、本当はもっときらめく海(湘南)と万理奈さんを撮影して、皆さんにお見せしたかった!

 

万理奈 惜しかったですね(笑)。

 

——これだけの煌めきが詰まったアルバムです。実際ツアーの道中でも楽しいことがたくさん起きているのではありませんか?

 

万理奈 旅のことでいうと、私が旅すると一緒に旅をしてくれる人がいて、それも楽しいです。例えば、下北(下北沢)に来てくれていた人が広島に居て「下北に来てくれた楽団員が来てくれている!」って(笑)!

 

——これからファンの皆さんの呼び方も「楽団員」ですね!

 

万理奈 たまにぶっこんでいきますよ(笑)。そういう楽しみ方もいいですよね!

 

——楽団員さん同士も仲が良かったりするんじゃないですか?

 

万理奈 そうですね。それはもう、みんな勝手にしてちょうだい! でも、私の立場で気をつけたい、と思うのは、初めての方が馴染めないのは嫌だなあ。どうしたら初めての人でも落ち着ける場所になるのかな…っていうことはいつも考えています。でも最終的には…私がいるから大丈夫だよ!って思う(笑)。私が待っているから!

 

——初めて私が万理奈さんとお会いした時も暖かかったですね。その時のライヴは、たまたま万理奈さんがメインではなかったんですけど、そういうライヴこそアーティストさんの力量や器が露呈するじゃないですか。

 

万理奈 そうかもしれないですね。

 

——初めて万理奈さんを見る私が惚れる瞬間…あの時の表情も声も忘れません。

 

万理奈 好きになっちゃってください(笑)!

 

——あれを聴いても好きにならない人なんて、果たして存在するんでしょうか…。これは万理奈さんのテクニックと並行して深まる愛情以外有り得ないでしょう。

 

万理奈 嬉しいです!宣伝してください(笑)。

 

——ハハハ!でもこれは、ゴマを擦っているわけでもなんでもありません。

あとはね、最近、良くも悪くも作品と歌唱にズレを感じる機会が非常に増えましたが、ライヴに行くとこの歌唱力が本物だということが、もれなく証明されます。

 

万理奈 ライヴ…特にシーズン1は一人なので、アルバムとは違った風に聴いてもらえると思います。ライヴはオススメしたいところですね!

 

IMG_3813

 

撮影協力 / J.S.FOODIES 江ノ島店

 

 

マリナッチ

【リリース情報】

アルバム:山根万理奈とマリナッチ楽団

アーティスト:山根万理奈

リリース日:2016.05.11

価格:¥2,500(tax out)

 

 

 

 

リリースツアー シーズン1

絶賛開催中!

山根万理奈 Web

http://www.yamanemarina.com/