2016
08.26
mouse0521

mouse on the keys 、10周年に 自主レーベル「fractrec」設立

LIVE, NEWS

日本のみならず世界を股にかけてインディペンデントな活動を行っているポストロック界の雄mouse on the keysが、

結成10周年を迎える今秋、自主レーベルfractrecを立ち上げ、初LIVEより丁度10年目となる10月30日(日)に渋谷O-EASTにて行う東京公演を皮切りに、過去最多都市を巡る全国ツアーを開催する。

各都市での共演は、盟友であり日本を代表するインストゥルメンタル・ポストロックバンド[toe]、Black Smoker RecordsよりOMSB、K-BOMB、志人をゲストに迎えた2ndアルバム『db』をリリースしたばかりの、新主流派的電子音響JAZZユニット[Kinetic]、9月に1stアルバム『Sphere』を全国リリースすることを発表し、〈ロバート・グラスパー・エクスペリメントやハイエイタス・カイヨーテへの日本からの回答〉と称される若手“エクスペリメンタルソウルバンド” [WONK]、ポップなメロディと、それとは対照的な直情的で衝動性の強い攻撃性を持ち合わせたギターロックバンド[cinema staff]など、多様性に溢れたラインナップとなっている。

  

また、自主レーベルfractrecからは、第一弾として新作EPを2017年1月に発売する事が決定。このツアーにおいて、ERECT Magazineのアートディレクターを勤める特殊デザイナー/コラージュアーティスト、河村康輔氏によるアートワークを施した特殊パッケージ仕様がLIVE会場限定で先行発売される。結成10年を迎え、意欲的な活動を行っているmouse on the keys。

ビジュアルイメージに徹底的なこだわりを持ち、独自のLIVE空間を作り出してきた彼らが創造するLIVE公演を是非体感して欲しい。

http://mouseonthekeys.net/