2016
09.10
asian artist man play acoustic guitar in cafe with sunlight. Back view

ギターを始めるならこの曲から。クール&イージーな曲3選

BLOG, VIDEO

音楽を聴いていると、ふと自分でも楽器が弾けたらいいなと思う瞬間があるだろう。特に、かっこいいギターのリフなどを聴くと、そう感じる事が多いはずだ。しかし、初心者にはなかなか敷居が高く感じてしまうもの。

そこで、今回は初心者にも優しいギターが簡単な3曲の名曲を紹介したいと思う。

 

まずは一曲目。この曲は数多くのギタリストがコピーしたはず。簡単でいて、誰もが一度は耳にしたことがある名曲。それがDeep purpleの「Smoke on the water

 

イントロのギターリフがインパクト大。この曲は、初心者用の教則本でも紹介されている事が多く、ギタリストなら誰もが通る曲ともいえる。

イントロのリフだけなら、1~2時間で弾けるようになるのでおすすめだ。ただし、ギターソロに限っては少し難易度が高くなっている。リズムに乗れなければ、なかなか頼りないソロになってしまうので、そこに限っては練習時間が必要になってくるだろう。

ちなみに、ギターを弾き始めたばかりの頃は、リフが弾けるようになったのが嬉しくて何時間でも同じフレーズだけ弾き続けていた。とにかく、弾けるフレーズが一つ出来るだけで気分はロックンローラーになれるのだ。そして、この曲こそロックンローラー気分を味合わせてくれる最高に素敵な1曲である。

 

続いての曲はT-Rexの「20th Century Boy

 

こちらの曲もイントロ部分が刺激的すぎる名曲となっている。闇を切り裂くようなギターの音から始まるイントロのリフを聴くとテンションが上がる事、間違いなし!こんなリフを弾いていると、「あれ?世界の中心って俺(私)なんじゃね?」なんて気分にさせてくれるから不思議だ。こんな曲を文化祭でやればモテルに決まっている。気になるあの娘もイチコロだ!もしも、それでもこっちを振り向いてくれない時には、歌詞の通りこう言ってやれ!

I’m your toy(僕は君のおもちゃだよ)

 

最後の曲は、Green Dayの「Basket Case

こちらの曲はギターとボーカルから始まる最高にナイスなパンクソング。パワーコードでグイグイと気持ちとテンションを最高潮まで引っ張っていってくれる。この曲は、ストロークも簡単なので弾きながら歌う事も出来る、とっても初心者に優しい曲となっているのだ。

慣れるまでは、テンポを落として練習するとコツが掴みやすくなるので、スピードについていけなくても安心だ。

 

 

楽器を弾けるようになれば、音楽の聴き方や聴きどころも変わってくる。

いつもなら聞き逃していたフレーズに気付き、驚くこともあるだろう。また、好きな曲を練習して弾けるようになれば、リフの一つ一つが今までよりもずっと素晴らしいものだと気付くはずだ。

もちろん弾けなくても、それはそれで問題ないのだが、気分だけでもロックスターを味わいたいならばギターを手に取ってみてはどうだろう?

音楽は自由だ。弾けるようになれば、それを実感できるはず。

素敵なミュージックライフに踏み出してみよう。踏み出す為の曲は、数え切れないほど用意されているのだから。