2016
11.20
missing you text on water drops on glass window in raining Season

【BLOG】長距離恋愛しんどい?そろそろこの洋楽を聴いてみるか。

BLOG, VIDEO

4月から新生活が始まって、長距離恋愛になってしまったカップルにはそろそろしんどい時期ではないだろうか?夏のお盆休みあたりに再会して、微妙に「あれ、なんかしっくりこないなぁ」と思ったままお互いの持ち場に戻り冬の気配が忍び寄るこの季節、さらにて気持ちが盛り上がるか距離とともに離れゆくのか。今回はそんな遠距離恋愛をテーマにした楽曲を特集する。

 

Simple Plan – Jet Lag ft.Marie-Mai

フランス語バージョン。シンプルプランがカナダのバンドなので、カナダとフランスの長距離なのか。フランス語は耳に心地よい。英語版はナターシャ・ベディングフィールドをフィーチャーしている。

 

Marvin Gaye & Tammi Terrell-Ain’t Mountain High Enough

どんな高い山も、どんな深い谷も、どんな広い川も越えていくよ、君が呼びさえすれば。力強く遠距離カップルを励ましてくれる歌。余談だが、この曲は以前とある国際宅配便の電話の保留音に使われており、延々と聞かされて辟易した記憶がある。確かに宅配便にもってこいの歌詞だ。

 

Cyndi Lauper- I Drove All Night

こちらはパワフルな女だ。セリーヌディオンも歌っているが、シンディローパーの方が迫力勝ち。一晩中ドライブして彼氏の元へ行き部屋に忍び込む。北海道と沖縄だったりすると実行は難かしいが、そんな気持ちを相手が持ってくれるだけでも支えになるだろう。

 

The Proclaimers-I’m Gonna Be (500Miles)

こちらは、徒歩派ですね。「僕は500マイル、いや倍の1000マイル位は歩いちゃうよ、そして君の家のドアの前に倒れ込むんだ。」ちなみに500マイルは800km位。東京・大阪間が500km位なので、不可能ではないか。

 

Atomic Kitten – It’s OK

彼氏が成功して連絡が途絶えがちになってしまった、でも私は大丈夫だよと強がる悲しい歌。

“You are not here, but it’s OK” 有名になったアーティストの糟糠の妻(彼女だが)が忘れられるよくある話。だけどがんばれー!と彼女を応援したくなる。

 

ポップソングを聞いているとたまに「これ、私のことだ!」とリンクするときがある。励まされたり、慰められたリ、一緒に落ち込んだり。そして自分の現状にはあまり関係ない歌詞でも、なんかしんみりするのが、秋ってものだ。