2017
01.14
VPCD-81895

小西康陽の日テレ系劇伴音楽のベスト盤が2.22リリース。トレーラーも公開

NEWS, RELEASE, VIDEO

先日自身が監修する7インチ・プロジェクトの始動とそれに伴うコンピレーションCD&ピチカート・ファイヴの7インチアナログ盤のリリースが発表された小西康陽の劇伴音楽のベスト・アルバムなぜ小西康陽のドラマBGMはテレビのバラエティ番組でよく使われるのか。』の発売が決定した。これは小西がこれまで日本テレビドラマに書き下ろしてきた「喰いタン」(2006年)、「喰いタン2」(2007年)、「正義の味方」(2008年)、「デカワンコ」(2011年)、「東京全力少女」(2012年)、「戦力外捜査官」(2014年)、「でぶせん」(2016年)の7作品のオリジナル・サウンドトラックの中から選りすぐった全26曲が収録されている。同アルバムから数曲試聴できるトレーラーも公開されている。

 

 

 

日テレのドラマ劇伴はいつも楽しんで作っていますので、こんなふうにコンピを作っていただけるなんて、嬉し過ぎてなんだか申し訳ないような気持ちです。
いつも次屋プロデューサー、サウンド・ディレクションの石井さん、そして演出の中島さん、松永さんたちと打ち合わせする段階からもう楽しくてたまらない、言ってみればグループで旅行に出かけるような感じ。
ふだんはほとんどTVを観ないのですが、いろいろな方から「使われてたよ」情報や、「あれ小西さんの曲でしょ」情報を 聞くのは嬉しいですね。
このタイトルはもちろんシャレですが、もしかしたらどこかで聴いたことがある、という曲があるかもしれません。どうぞ皆さま、リラックスしてお聴きくださいませ。

小西康陽

VPCD-81895

【リリース情報】

アルバム:なぜ小西康陽のドラマBGMはテレビのバラエティ番組でよく使われるのか。

音楽:小西康陽

発売日:2017/2/22(水)

定価:¥2,800+税