2017
03.01
DSC_4576

【Pick up!】KAATO来日!2017年、ロック黄金時代の進化を直確認せよ

ARTIST, BLOG, LIVE

 

2017年4月、遂にMitch Malloyアルバム『KAATO』のプロデュースしたバンド KAATOが来日する。EDMもHIP HOPも成熟仕切った今、 最も日本が渇望しているのはこの“音”ではなかろうか。

 

1970年代から80年代にかけては、間違いなくロック黄金期だった。

しかしあの頃のロックは懐メロならぬ懐ロックに過ぎないと言うのか?そいつは安直すぎる。ロックとはスパイスの一つに成り下がったのではない。ギターソロしかり、アグレッシヴ極まりないドラミングしかり…あの頃のロックを「ロック」とするならば、例えばモダンジャズにも似た一種の「流儀」を獲得したと言ってもいいじゃないか。

 

KAATOというバンドは、まさにあの頃に裾野を広げたロックへの誠実さを欠くことなく進化していると、全米のロックファンに受け入れられて来た。その彼らが2016年7月にリリースしたデビューアルバム『KAATO』は、バンド名をアルバム名にしたイメージ通り、これまで様々な表情を見せてきた作品の中でも、極めてソリッドで純度の高いロックンロールアルバムだろう。

 

KAATOのサウンドについては、フロントマンのKurtはこう語っている。

「70年代と80年代のクラシック/グラム・ロックのミックスで、現時代のロックサウンドが融合しているんだ。特に影響を受けたバンドはCheap Trick/T-Rex/The Darkness/Foreigner/Black Crowes/Journey/Wings/Heart/Velvet Revolver/Cinderella/Rod Stewart The Facesとかね。」

 

IMG_3747

 

 

スタジアム級のパワフルさと伸びの豊かなKurtのヴォーカルには惚れ惚れするばかりだが、本作ではTristan Avakian元RED DAWN)Mitch Malloyの革新的なギターコンビネーションにも改めて注目してもらいたい。

既にMVで公開されている「High Time」は、スピードに任せない腰の据わった骨太ロックナンバーだが、そこへ甘美さも感じさせられるのが真のロッカーだと改めて納得させられているようだ。これを今年は生で浴びるとなると、ファンの喜びもひとしおだろう。

また、今回訪れる日本はKAATOにとってさぞ思い入れのある国とも言えるだろう。お好み焼きが大好物だから?そんな些細な理由じゃない。何と言っても“KAATO”というバンド名は原発事故直後の日本でレコーディングをしていた頃に出会った日本人がKurtを「KAATO」と呼んだことが決め手だというのだから。

 

 

 

ところでkurtは、好きなアーティストについてこう答えている。

「Mika(B.)と俺(Kurt)は、最近のGuns N Rosesには特に衝撃を受けたよ!後はForeigner、Y&TVan Halenも最高!」

さらに好きなアーティストを訊かれてTOTOEvelyn Kingと並んで山下達郎の名前も挙げており、日本への親しみやすさも完璧だ。一体今回のツアーではどこまでロックファンを熱くさせてくれるのだろうか。妄想を膨らませながら、どっぷりとロックの「流儀」を嗜み 春を待ちたい。

 

DSC_4757

 

 


ROCK BLOSSOM TOUR JAPAN 2017


 

4月14日(金) 大阪 BRAND NEW

 4月15日(土) 大阪 BRAND NEW

 4月16日(日) 大阪 BRAND NEW

 4月18日(火) 名古屋 TIHGT ROPE

 4月20日(木) 名古屋 大須OYS

 4月21日(金) 名古屋 NAGOYA TAURUS

 4月23日(日) 高円寺 CLUB ROOTS

 4月24日(月) 渋谷 LUSH

 4月26日(水) 高円寺 CLUB ROOTS

 4月27日(木) 池袋 Adm

 4月28日(金) 吉祥寺 CRESCENDO

 

さらに4月30日には600バンドが出演する大型フェス「JAM FES」に出演決定! 

詳細は随時発表

Twitter

@KAATOband

@KAATO_JP

Facebook

facebook.com/kaatoband

Web

http://artist.aremond.net/kaato/

 

C38c8uoUMAAEruW