2017
03.18
news main

【レポ】I Don’t Like Mondays. イベント最終日にリリパ開催、MV、配信又しても盛り沢山の告知!

ARTIST, BLOG, LIVE, NEWS, VIDEO

「最新型のJ-POP」をフォーピースのバンドスタイルでクリエイトし、ジャンルの垣根を超えたリスナー層からの支持を広げるI Don’t Like Mondays.(通称:アイドラ)が、初のプロデュースイベント「IDLMs. JOINT GIG TOUR」を東京・大阪・名古屋の3箇所で行った。メンバーのキュレーションにより、「Keishi Tanaka」(全会場)、「PAELLAS」(東京会場)、「UNCHAIN」(大阪会場)、「ビッケブランカ」(名古屋会場)と、各地バラエティに富みつつそれぞれ独自のポップ・センスを展開する個性的なメンツが集結したイベント、その初日の東京公演の模様をレポートしたい。

A11A9428m

初日となった3月10日の東京・リキッドルームは週末の夜を楽しもうとするオーディエンスで溢れ返った。まず登場したのはPAELLAS。邦楽/洋楽といった区別はもはや意味を成さないと思わされる、一音一音美しく吟味されたメロディーと繊細ながらもダンサブルなサウンドに早くも観客は酔いしれる。

続いて登場したのはKeishi Tanaka。5人編成のバンドを従えステージ狭しと繰り広げるパフォーマンスで、POPSの持つポジティヴネスを声ばかりでなく全身で体現するかのように観客を巻き込んでいく。まさに「熱演」と呼ぶにふさわしいアクトを繰り広げた。

A11A9282m

そしてお待ちかね、I Don’t Like Mondays.の登場にフロアから悲鳴にも近い歓声が沸き起こる。Choji(G.)、Kenji(B.)、Shuki(Ds.)の楽器隊によるハードなリフのイントロダクションに続く「Crazy」「FIRE」「TOKYO BROTHERS」の冒頭3曲でオーディエンスのハートとカラダに火が点くのに時間はかからない。曲中に各パートのソロ回しやコール&レスポンスを組み込んだライヴ・アレンジが秀逸な「Freaky boy」、今回新たにシンガロング・パートをイントロに導入しスケール感を増した「Don’t look back」など、これまでのワンマンライヴでは様々な舞台演出を凝らしてきたアイドラが今回のJOINT GIG TOURではシンプルに初心に帰り、自らの演奏とパフォーマンスのみで魅せようという意気込みが随所に感じられた。「年齢なんか関係ねぇよ、性別なんて関係ねぇ。全員でこの瞬間を楽しもうぜ!」というYu(Vo.)のシャウトからの「WE ARE YOUNG」「Tonight」で一度フロアは完全燃焼。

A11A8911m

アンコールで再び登場したメンバーの「みなさんが一番喜ぶ…新曲を演りましょう。」のMCから、前々日に一部で先行配信が開始されたばかりの「PRINCE」をライヴ初披露!

初披露にも関わらず、早くも堂々とした演奏ぶりに彼らのライヴ・バンドとしてのポテンシャルの高さが感じられた。ラストはまさに今夜のテーマ!といった「PERFECT NIGHT」で締め。

各アーティスト毎にもちろん異なる個性を持ちつつも、ポップであろうとする意識と、ダンサブルな楽曲の強靭さを共通して兼ね備えた、今回の魅力的なラインアップはお見事!という他ない。今後の企画も是非楽しみにしたい。

A11A8885m

 

すでにライヴでも披露された新曲「PRINCE」は本日3月17日(金)より各音楽配信サイトにて配信が開始された。またオフィシャルサイトおよびYouTubeでは同曲のMUSIC VIDEOのフル映像も公開されている。全編モノクロ映像によるソリッドなバンド演奏シーンや、夜のドライヴ・シーンは映画の一幕のようであり、少しシリアスな切なさを纏った楽曲とマッチしてまた新たな彼らの魅力を引き出しているので、要チェックだ。

 

さらに、今回のプロデュースイベントに続き、6月のリリースが発表されている新作E.P.『SUMMER』のリリース・パーティが6月7日(水)・東京、6月9日(金)・名古屋、6月13日(火)・大阪、の3箇所で行われることが決定した。E.P.のタイトル通り、一足先に夏の盛り上がりが体感できるライヴになること間違いなし!E.P.の収録内容詳細とともにこちらの公演詳細の発表も楽しみに待ちたい。