2017
04.04
iwasaki

岩崎宏美、どストレートなシングル「絆」をリリースする理由

NEWS, RELEASE

岩崎宏美が、2017年第1弾となるニューシングルをリリースする。幼い息子を残して逝ってしまった母親の気持ちを歌った楽曲。昨年末、岩崎の元に届いた1本のデモテープがきっかけだったという。なぜ今彼女は、この曲を選んだのか。

 

「あまりにストレートな言葉で表現されていて、最初は戸惑いながら聴かせていただきました。でも、聴き続けるうちにその曲に込められた気持ちに胸が熱くなるのを感じ、また聴くたびに温かい気持ちになりました。(中略)母親の息子に対する溢れんばかりの『愛情』はもちろん共感できますし、それと共に、そんな新しい未来への『希望』と『感謝』をこの曲に感じたからこそ、私はこの歌をぜひ歌いたいと思うようになったのです」(岩崎宏美)

 

同曲の詞・曲を手掛けたのはお笑いコンビ・アップダウンのメンバーでもあり、音楽活動を行うなど、ミュージシャンの一面も持つ竹森巧氏。岩崎は届いたこの曲に触れて、歌い手としてぜひ歌ってみたいと感じたという。この「絆」は揖保乃糸のCMソングとして4月から放送される。

また、カップリングの「夢の線路」はNHKラジオ深夜便のうた」(4月~6月)として4月1日より放送。岩崎がNHKラジオ「深夜便のうた」を歌唱するのは2009年『陽射しの中で』(作詞・作曲:下地勇)以来8年振りとなる。

尚、シングルリリースの情報に合わせて、恒例のライブハウスツアースケジュールも発表された。ライブハウスならではの親密な空気で行われる大人のための時間が好評のこのツアー、今年は8月に開催される。