2017
05.04
IMG_2877

【レポ】村木弾、舟木一夫55周年公演で船村徹の遺作を熱唱

BLOG, LIVE, NEWS

歌手の村木弾が、5月3日に大阪・新歌舞伎座にて行われた「芸能生活55周年 舟木一夫特別公演」に出演し、今年の2月16日に亡くなった師匠の作曲家・船村徹の遺作となった新曲「都会のカラス」を歌唱した。

 

村木は秋田県出身の演歌歌手。2003年から作曲家・船村徹のもとで内弟子となり、12年半の内弟子生活の末、2016年2月に舟木一夫・作詩&プロデュース、船村徹・作曲による「ござる~GOZARU~」でデビューした。

COCA-17291  都会のカ??

 

2枚目となるシングル「都会のカラス」も、両氏が手がけた。しかし、この楽曲の準備中に師匠である船村が逝去。亡くなる3日前に船村からレコーディングに向けたレッスンを受けたばかりだった村木は、なくなった翌日の2月17日に、同曲のレコーディングに臨んだ。そしてレコーディングを終えたその足で船村のもとに駆けつけ、枕元でレコーディング済みの「都会のカラス」を聞かせたという。結果的にこの「都会のカラス」が、作曲家・船村徹の遺作となり、自身の最後の内弟子に遺した生涯最後の楽曲となった。

IMG_2914

 

先月4月19日に「都会のカラス」を発売した村木は、都内を中心にキャンペーンを回り、オリコン演歌チャート初登場17位を記録。好調な滑り出しとなっている。そんな中、村木は5月3日より大阪・新歌舞伎座にて、同曲のプロデューサーでもある舟木一夫の芸能生活55周年を記念した特別公演に出演。昨年3月の舟木一夫特別公演以来の、新歌舞伎座のステージに立っている。

 

村木が登場した第2部ステージ中盤に、舟木が「さて、僕の55年の間に一番多く曲を書いてくれたのが、船村徹先生。この間お亡くなりになってしまいました。」と切り出すと、「僕がその先生から『おいちょっと手伝ってくれよ』って言われて、出したいくつかの歌の中で『都会のカラス』ってのがあって、それが先生の遺作になってしまったんですね。その先生のもとで12年半我慢して、去年『ござる~GOZARU~』でデビューした村木弾というのを紹介したいと思います。」と村木を呼び込んだ。

IMG_2879

 

薄いグレーのスーツで登場した村木は、「秋田県秋田市出身の村木弾といいます。宜しくお願いいたします。」と挨拶すると、舟木も「愛知県一宮市出身の舟木一夫です。」と笑いを誘う。舟木は、「5,000曲以上書いた方の遺作にぶつかるというのは一番最初の処女作にぶつかるのと同じようにご縁だと思うからね。」と振り、「先生の本当の仕事納めになった曲をお聴かせしてあげてください。『都会のカラス』」と曲紹介をした。村木はステージの上手下手を移動しながら、新曲「都会のカラス」をフルコーラスで熱唱すると、深々とお辞儀をして退場した。

 

代わって登場した舟木も、芸能生活55周年記念シングル「みんな旅人」を披露すると、「村木はこの後、ロビーで即売会をやらせていただいているので、どうぞよろしくお願いいたします。」と後輩の応援を呼びかけた。なお村木は、5月3日から22日の千秋楽まで「芸能生活55周年 舟木一夫特別公演」の昼の部、全20公演に出演する。