2017
05.23
170520-048

【レポ】中村 中、国際フォーラムで10周年締めくくり熱唱

BLOG, LIVE, NEWS

ついに迎えた10周年の締め。果たしてどんなステージになるのかという客席の期待と緊張の中、真っ赤なドレスに身を包んで登場した中村 中は、頭に天の邪鬼にちなんだツノを生やし、エレアコを手にして、イントロなしで「不良少年」を歌い始めた。しっかりした音感の持ち主でなければできないドキッとする幕開けだ。

観客に挑むのか、自分に挑むのか?

張り詰めた歌声で緊張感を持続したままテンションが上がる。かと思うとドラムから始まった2曲目の「チューインガム」は、一転して穏やかな表情で聴かせる。そして3曲目の「世界が燃え尽きるまで」はハンドマイクで自ら手拍子を取り、終末感の立ち込める歌詞を躍動感豊かに披露する。

 

170520-111

 

引き続きハンドマイクで「真夜中のシンデレラ」を歌うと、背景には雲が映し出され、ベースの根岸孝旨に寄り添うように「ちぎれ雲」。この曲が根岸との共同作業の始まりとなったことを思い出した者も多いだろう。アルバムと同じく途切れなく続いた「台風警報」の絶唱に、場内から大きな歓声が轟き始める。大坂孝之介のジャジーなピアノが光る「鳥の群れ」で、地声とファルセットを巧みに使い分けて音域の広いメロディを歌いこなすところも圧巻だ。

これに続くMCでは、途中から大坂のピアノをバックに、ラヴ・ソングに向かう心境を告げて「ここにいるよ」「思い出とかでいいんだ」、そして真壁陽平がスライド・ギターで活躍する「裸電球」へと繋げる。

ここまではバンド編成のアンサンブルで展開してきたが、続いてはピアノの弾き語りだ。なんと日本語詞によるサイモン&ガーファンクルの名曲「サウンド・オブ・サイレンス」、そしてハードなアレンジに馴染んでいた「戦争を知らない僕らの戦争」という意表をついた選曲で、ミサイルという言葉が、今のご時世ではひときわリアルに響く。

しかしその後の趣向にはさらに驚かされた。

「友達の詩」でピアノの弾き語りを終えると、打ち込みのオケで「闇のまん中」。白い衣装に変えて、彼女は突如幕が下がって出てきたドラムセットで、場内とのコール&レスポンスに興じ、平里修一とのツイン・ドラムで、デビュー曲の「汚れた下着」を。さらに彼女がベース、根岸がギターというイレギュラーな編成で「DONE! DONE!」、エレキ・ギターで「旅人だもの」と、次々と楽器を持ち替え、マルチ・プレイヤーぶりをライヴの場で見せつけていく。

そしてオープニングと同じくエレアコに持ち替えて10年前のデビュー・アルバム『天までとどけ』からの「さよなら十代」で、本編は終了となった。

 

170520-090

 

恒例の“残業”コールを受けたアンコールでもデビュー・アルバムからの「駆け足の生き様」「未練通り」と10周年モードは続く。とはいえ、もちろん振り返るだけでステージを終える彼女ではない。メンバー全員がグッズを身につけた物販案内を交えてのメンバー紹介を終えると、6月から予定している舞台「ベター・ハーフ」とそれに連動する同名ミニ・アルバムの告知をして、劇中でも使用されている「愛されたい」で締めくくり、相変わらず前のめりな姿勢を見せてくれた。

この日のセットリストは、しっかり全てのオリジナル・アルバムからピックアップ。どんな時期からファンになった人でも、彼女は見逃しはしないのだった。