2017
06.07

作曲家・船村徹108の名曲『追悼 船村徹 大全集』リリース

NEWS, RELEASE

戦後歌謡界を代表する作曲家で、2月16日に心不全のため亡くなった船村徹(享年84)の名曲を収録した『追悼 船村徹 大全集』が、6月7日にリリースされた。

船村徹は、1932年6月12日、栃木県生まれ。戦後、アメリカのポピュラー音楽に夢中になり、作曲家を志した。東京音楽学校(現・東京音楽大学)ピアノ科を卒業すると、米軍キャンプでのバンド演奏や、流しをしながら、自作曲をレコード会社に売り込む下積み生活を続ける。1955年に「別れの一本杉(春日八郎)」で脚光を浴びると、翌年より日本コロムビア専属作家となり、「哀愁波止場(美空ひばり)」「王将(村田英雄)」などのヒット曲を放った。78年にフリーになって以降も「兄弟船(鳥羽一郎)」「風雪ながれ旅(北島三郎)」など昭和歌謡を代表する作品を発表している。

近年は、1997年に日本作曲家協会会長、2004年に日本音楽著作権協会会長など音楽界の要職を務め、2015年には故郷日光市に「日本のこころのうた船村徹記念館」がオープン。2016年の文化勲章受賞は、作曲家としては山田耕筰に続いて2人目となり、長年の功績がたたえられている。

『追悼 船村徹 大全集』は、そんな船村の名作をレーベルをこえて集大成した6枚組CD-BOX。戦後日本の歌謡界を代表する作曲家の偉大な足跡を、全108曲からたどる。

 

COCP-39957_tenkai