2017
07.22
リサイズiStock_000043917590_Medium

Zoey Dollazはマイアミヒップホップシーンの未来となるか?

ARTIST, BLOG, VIDEO

ヒップホップ地図上において、重要な地域のひとつであるフロリダ州マイアミ。南部に位置していながらも、例えばメンフィスやアトランタのようなサウス流ヒップホップとは、一味違ったサウンドが特徴のエリア。

Zoey Dollazはそんなマイアミを拠点に、現在人気ラッパーFuture率いるレーベルFreeBandzと契約しているラッパーだ。

 

Zoeyは2015年にリリースされた「Blow A Check」という曲で一気に知名度を上げ、この曲はP.DiddyによるBod Boyリミックスまで登場。Diddyの久々のまとまった音源となったミックステープ「MMM」に収録されることとなった。

その後2016年にFreeBandzとサインし、客演やミュージックビデオをコンスタントにリリース。現在活発な動きを見せている。

 

 

 

 

 

5月には新作ミックステープ「Nobody’s Safe」をリリースし、収録曲「On Smash」のミュージックビデオが先月下旬に公開。

前述の「Blow A Check」と同じく、同郷のプロデューサーSmash Davidが手掛けるこの曲は、ダークなサウンドと鼻にかかったようなZoeyのラップが効く。派手さはないが中毒性の高い一曲だ。

 

 

同作はボスFutureを始め、2017年Freshman Class(ヒップホップ誌XXLが毎年行う新人選出コーナー)に選ばれたばかりのPnB Rock、筆者が以前から注目しているニューヨークのラッパーDon Qらが参加しており、かなり手堅い内容。シーン中堅の中では抜群に安定感のある作品となっている。

 

また、その声質のせいかメロウな曲との相性もよく、過去にはこんな曲も。

Chris BrownやTrey SongzらR&Bもお気に入りという彼らしい一曲だろう。なんとも言えないこの浮遊感は、現行のサウンドをしっかりと抑えている印象だ。

ビデオには同じくマイアミの女性ラッパーBrianna Perryも出演しており、現地の繋がりが垣間見れるのも面白い。

 

 

 

役者は揃っており、地理的に見てももっと注目されてもよいのでは?と感じるマイアミのヒップホップシーン。ハードな曲からスロウまでこなし、どんなタイプのビートでもキャラが立つラップを聴かせるZoey Dollazには、今後の活躍を期待せずにはいられない。

 

現在公開されている作品はミックステープが3作のみ。是非今のうちにチェックしておくことをおすすめしたい。

 

                              文/ Kaytee Da Shade