2017
08.26
IMG_3999

【レポ】グッバイフジヤマ2days下北沢シェルターで魅せた 「チェリー」レコ発ツアーファイナル!

ARTIST, BLOG, LIVE

6月にスピッツ「チェリー」のカバーでメジャーデビューを果たしたグッバイフジヤマが8月21日(月)&22日(火)と2daysでレコ発イベントを下北沢シェルターで開催した。

 

ETC_2328

 

両日ともゲストバンドを招いてのイベントで、初日はザ・チャレンジ、2日目はSAKANAMONというグッバイフジヤマにゆかりのあるラインナップとなった。

 

IMG_3077

 

ソールドアウトとなった2日目のトップバッターはSAKANAMON。グッバイフジヤマとはメンバーが全員同い年ということもあってか、SAKANAMONもリラックスした表情ではあるものの、エモーショナルな演奏で会場を盛り上げていく。とてもハッピーなムードではありつつも、まるでSAKANAMON主催のイベントのような迫真の演奏にグッバイフジヤマのファンも心打たれたことであろう。

 

IMG_3604

 

それを迎えうつグッバイフジヤマは「BOYS IN THE BAND」で1曲目からフルボルテージ。続いてシングルのオリジナルリード曲「チェリッシュ!」をメンバー全員、満面の笑みでプレイ。今日という日を誰よりもこの4人が楽しみにしていたのであろう雰囲気が客席までひしひしと伝わって来る。

 

セットリストは6月のシングル収録曲を中心に、インディーズ時代の曲もふんだんに織り交ぜながらメンバーの笑顔が次第に客席まで浸透してゆく。

 

IMG_3757

 

ライブは中盤グッバイフジヤマらしいダンサブルな「Summer of Lovers」「いつも飛んでる♪」でタテノリだけでない、グルーヴィーな楽曲も披露する。グッバイフジヤマの魅力、他のバンドにはないカードであろう。

 

エモーショナル且つ美しいメロディーを堪能できる「ひみつのなつやすみ」を挟んでライブはハイライトに向かっていく。アッパーチューン「レノンとマッカートニー」「Hallelujah!」でさらにギアをさらに上げ、最後は「ひばりくんの憂鬱」で会場全体がひとつになってこの日最高の盛り上がりを見せた。

 

IMG_3860

 

アンコールではSAKANAMONのメンバーを招いて7人で「チェリー」を披露。スペシャルな夜となった。

 

デビューして以来バンドとしてもひと回りもふた回りも大きくなり、従来の親近感のあるムードはそのままに、グッバイフジヤマでしか成しえない「思いっきり楽しい」ライブを繰り広げてくれた彼らの未来はきっと想像した以上に騒がしいことだろう。

 

ETC_2482

 

また正式なアナウンスはなかったが、ライブ収録カメラが入っていた。今日のライブ映像がどこかでリリースされる事を期待したい。

 

photo /

タカハシトモヤ(@takaha_shh)

佐藤哲郎(@buzzyjazz)

 

 


グッバイフジヤマ「チェリー」レコ発2days

 ファイナル・セットリスト


 

  1. BOYS IN THE BAND
  2. チェリッシュ!
  3. ですとらくしょん!
  4. やまぐちみかこに騙された
  5. きるみべいび
  6. Summer of Lovers
  7. いつも飛んでる♪
  8. ひみつのなつやすみ
  9. レノンとマッカートニー
  10. Hallelujah!
  11. Cherry boy
  12. ひばりくんの憂鬱