2017
09.26
COCP-40092

クミコ with 風街レビュー、アナログ盤発売記念イベントにクリス松村

EVENT, NEWS, RELEASE

クミコ with 風街レビューが、11月3日レコードの日に発売するアナログ盤『デラシネ déraciné』(CDは9月27日発売)のリリースを記念したプレミアムイベントを、11月2日に開催、歌手・クミコとアルバムの全作詞を手掛けた作詞家・松本隆に加えて、ゲストとしてクリス松村がゲスト出演する。クリス松村は、約2万枚のアナログレコードやCDを所有する“歌謡曲マニア”として知られるている人物だ。今回はクリス松村本人よりコメントが届いている。

 

【クリス松村コメント】

松本隆さんの詞と出逢って40年以上経ちますが、常に心の琴線にふれる詞を書き続けてくださっています。最初は、自分がまだ知らない世界。憧れの世界・・・そんな感じでした。体験したこともないのになぜかノスタルジーな世界に引き込まれていく不思議もありました。松本さんの作品で表現、感情の表しかたをたくさん学んだ気がします。

大人になった今、今回のクミコさんの作品を聴いていて、松本さんの詞の世界を感じる自分が松本さんの世界にやっと追いついたような心地よさを感じました。

 これは、メロディー、サウンドとともにクミコさんの歌声だからこそだと思います。クミコさんの歌声は常に心の隣にあるような優しく説得力のある歌声。時の流れを感じながら、クミコさんの歌声にのって松本さんの描かれる文字のひとつひとつがスーッと体に入ってくる不思議な感覚。

 歳を重ねてわかる生きることの素晴らしさも感じました。