2017
09.30
miya_01

【INTERVIEW】シュリスペイロフ「積み重ねたものの先に見えるものが見たい」〜アルバム「聞(き)えた」リリースインタビュー

ARTIST, INTERVIEW, RELEASE

シュリスペイロフが一年ぶりにリリースするアルバムのタイトル「聞えた」は、言うまでもなく宮本(Gt.Vo)によって生まれた造語である。本作を聴くと明らかだが、消えゆく美学をロックに見出す日本語と“歪み”の妙は互いに面白く絡み合っているし、相変わらず歌詞が随所に刺さってニクい。さらに、本作を聴いていると不思議な感覚を覚える。時間や理想に支配されない空間を懐かしんでしまうのは何故だろう…。

シュリスペイロフがここまで解き放たれたのは、the pillowsのDELICIOUS LABELに身を置くようになってからではないかと僕は思っている。DELICIOUS LABELは自分の核を失わないレーベルだ、ファンの信頼度も厚い。そんなレーベルとの出会いによって(つまりは山中さわお氏との日々によって)、覚醒時や睡眠時の境目なくリアルな景色を見る宮本君の“想像力”が、今作「聞えた」では“洞察力”と表すまでに達することができたのではないかとも思う。

インタビューでの宮本君(Gt.Vo.)は、去年よりもさらに力みが抜けた表情で、朗らかに笑っていた。ひとつひとつの言葉を拾いながら丁寧に手渡してくれる“思い”はまさに「聞えた」に相応しい仕草で、一秒毎に受け止め合う重みが嬉しかった。僕はその後、真っ新な原稿を目の前に、また音源を聴き直しては、早くも思い出となった一時(ひととき)の余韻を何度も繰り返し愛でていたのだった。

——本作「聞えた」には、そんなごく当たり前の“儚き感動”を喧しいはずのロックで表している。毎日を忙しく過ごす君は、まず「聞えた」に出会って欲しい。君の“一瞬”も美しく映るに違いないから。まるで回想シーンを描くようにね。

 

取材・文・写真 / 田中 サユカ

撮影協力 / TSUTAYA三軒茶屋店

miya_film04

 

——今回のアーティスト写真が象徴的ですよね。文学的なイメージがシュリスペイロフに綺麗にハマるんですよ。

 

宮本 これはミュージックビデオを撮影したついでに撮ったやつ。一人サポートだった子(澁谷)が新しく入ったんですよ。

 

——その辺のお話も後でじっくりと伺いたい!まずは、今作のアルバムタイトルは「聞えた」。これは「聞こえた」というのと「消えた」の二つの意味を同時に含めた造語ですか?

 

宮本 そうですね。このタイトルを思いついた時、メンバーに話すのが照れ臭くて(笑)。実は、メンバーは(アルバムタイトルを)ツイッターで知ったんですよ。

 

一同笑

 

宮本 なんのタイミングで言ったかなあ〜。さわおさんに「タイトル何にする?」って訊かれた時は、もう決まっていたのでちゃんと伝えたけど。

 

——反応はいかがでしたか?

 

宮本 今回もいいタイトルだなって感じの反応でした。でもこのタイトル(「聞えた」)は、アルバムに対する意味っていうよりは、音楽全般に対する意味って感じですかね。聞いた瞬間に音が通り過ぎちゃう。そういうのが面白いなあって思った。

 

miya_03

 

宮本 音楽とか聴いて「わ、いいな!」って思うのも一瞬で、そのあとの余韻の方が深い。大事なものは一瞬だけど余韻がずっと残る…これって音楽だけな気がしたんだけど、いろんなものを表していると思った。それに、CDとかも大事なのは中身の“音”だから、(本当に大事なものは)手にすることができない。

 

——なるほど、本当にそうですよね。本作を聴いていると、音の出現の仕方や響き方、残り方の一つ一つに繊細な存在感に触れることができます。私が思うには、前アルバム「あまりかぜ」の収録曲「あまりかぜ」との出会いが一つのキーなのではないかと思いましたけども、実際のところは?

 

宮本 あの曲というよりも、全体的に自分の成長を感じたからできたんじゃないかと思う。一つモヤモヤしていたものが大きく外れた感覚がありますね。

曲を作るときにはいつも、ボイスメモに残してある素材をある程度作ってからみんなで合わせるんですけど、いつも最初は「何かが足りないね」と感じていた。けど今回はシンプルに「このままでもイケるね。」っていうものが多かったんですよね。余計な展開とかつけなくても「これはこういう曲だね」と思えることが多くなった。

 

miya_32

 

宮本 それに 前(「あまりかぜ」)は、曲それぞれにイメージを考えてアルバムにまとめていく感じだったんですけど、今回は一曲ごとが割と短めでサクッと聴けるぶん、流れでも聴けるようになっているし、アルバム全体で一つのイメージを作っていくような感覚があったんです。だから今回はよりアルバムらしくなったなっていう感じがありますね。

 

——そのイメージはコンセプトありきで作られるんですか?

 

宮本 最初はなかったですね。割と自由に作っていったやつを並べていった。僕はそんなに組み立てて考えられるタイプではないので、なんとなくアルバム全体のバランスを意識しながら作っていったんですよね。

 

re_tsutayamae_02

(撮影:TSUTAYA三軒茶屋店)

 

——この全体像っていうのは、メンバー間で擦り合わせをするんですか?それとも宮本さんの中だけで明らかになって行くものですか?

 

宮本 んー…あまりシェアはしないですね。それに、タイトルも言うのが恥ずかしいんですよね(笑)。前の時は義務として「『あまりかぜ』なんだよねー。」とか言っていたけど、今回のタイトルは自分で意味とか考えて、色々説明が必要な言葉じゃあないですか。

 

——詩的なタイトルですからね。それがシュリスペイロフの最大の魅力でもありますけども。

 

宮本 野口 (Ba.)に伝えた時は「好きにすればいいと思うよー。」って。彼なりの優しさだと思うんですけど(笑)。

 

一同笑

 

——消えて行く音や歌詞などから「終焉」と言う言葉も浮かび上がってくるんです。もしかして、何かバンドや宮本さんの中で手放したことがあったのかと。前作からどんな心境の変化がありましたか?

 

宮本 前のアルバム(「あまりかぜ」)を出してからは割と時間が長く感じていましたね。バンドは、いつも通りコンスタントにライブをこなしていましたけど…久々に企画をやってみたり、色々と考えながらやって行った気がしますね。あとは前のアルバム「あまりかぜ」ができた時、今までで一番歌が上手く歌えたような気がしたんですね。それがすごく満足したから、次にまた満足ができるものを作れるか不安にもなった。

 

miya_film01

(撮影:TSUTAYA三軒茶屋店)

 

——詞のお話をもう少し伺いたいんですけど、今回は現実と虚構の境目が一層なくなっている気がするんですよね。でも宮本さんの詞で今回特に「すごい!」と思うのは、その中でリアリティーが活きているんですよ。ファンタジーにはとても思えない。

 

宮本 そうですね。少し前までは純文学がすごく好きだったんですけど、今は割とSF的な感じも受け入れられるようになっていて。でもSFと言ってもスターウォーズとかじゃなく…

 

——ハリウッド映画のような“派手系”ではないですよね。

 

宮本 そう。結構割と好きな短編集も見つけた。「ここがヴィネとかなら、きみはジュディ 時間SF傑作選」って言う本なんですけど、これは面白かったんだよな。なんか…切ないんですよね。

 

——直接この小説をモチーフにしたわけではない?

 

宮本 モチーフにしたわけではないです。でも考え方にも影響を受けたかもしれないですね。…昔は嫌いだったんですけどね、こう言うの。

 

——嫌いだった?

 

宮本 だって、SFって言う括り自体が“スターウォーズ”っていうイメージ。この小説の話を少しすると、おばあちゃんと少年の恋愛の話から始まって、おばあちゃんが死んじゃったからタイムマシーンを作ってもう少し若いおばあちゃんに会いに行こうという話なんです。

 

——なるほど。それに人との別れ、恋が終わるようなイメージもありますよね。アートワークがイラストではなく今回は女性だったっていうのもあるのでしょうか。

 

宮本 この子はずっと決めていたんです。次はこの子を使おうっていうイメージがあった。

 

——今作からはギターの澁谷さんが正式加入されたということですけど、今作では宮本さんと同じだけの存在感で表現をなされていると思うんです。

 

宮本 そうですね。でもメンバーになるといっても作り方がそんなに変わったわけでないので、彼の中で何かが変わったのかなあ。

 

——例えばリード曲「ガール」は、歌と同格にギターが表現している。その表現力が七分を感じさせない説得力でもあるのだと思ったんです。

 

宮本 前にやりたかったこととかやれなかったことを「ガール」でやれたんじゃないかな。「ガール」のアウトロは以前よりも自由になっている感じがしましたね。結構、できるかできないかくらいの(難易度の高い)フレーズだったし、時間もかけていた。

 

 

——なるほど。「ガール」では、できなかったことをやった、とおっしゃっていましたが?

 

宮本 前々回のアルバム「その周辺」を作った時に澁谷くんは「悔いが残った」みたいなことを言っていたんですよね。それに、彼はすごく練習する人で、レコーディングでは毎回自分のできることの少し上を目指して挑む人なんです。だから、いつも成長しているし、発想も前回より楽になっているんじゃないかと思いましたね。澁谷くんはすごく成長している気がしますね。

 

——先ほど話題に上がった「ガール」ですが、この大作をリードに、しかもラストに持ってきた思い切った感じもすごい。

 

宮本 メインにすること自体が思い切った感じもしますね。最初は「水の中」がメインになるのかなあっと思って作っていたんです。そしたら、僕が思っている以上にみんな、さわおさんも澁谷くんもこの曲のことを面白いなって言ってくれたんですよ。それでリード曲になった。曲順をきめるのはすごく早かったですね。あるべき場所におさまった感じですかね。

 

——なるほど。「水の中」と聞くと、シュリスペイロフを感じるのは私だけでしょうか。

 

宮本 そうなんですよねー(笑)。前は“水”とか“雨”とか使うのをもうやめようって思っていた気がしますよ。最初の頃はすげー“水”とか“雨”とかを使っていた気がするんで、ちょっと使いすぎたなーって。

 

——その決意はいつ頃のことですか?

 

宮本 東京来てからですかね。安易に頼りすぎてる感があるぞ!って(笑)。でも、この作品(「水の中」)は 曲と詞が自然に出てきて、合ってるからこれにしようと思いました。「水の中」の歌詞は自分でも結構気に入っていますね。

 

——ちなみに、特にどの辺りがお気に入りですか?

 

宮本 そうですね…やっぱりサビの「そこに沈む太陽は 人ごとみたいに朝を待つ」ですかね。僕だけが感じているのかもしれないけど、今まで書けなかった感じかなあって思います。

 

tsutaya_11

(撮影:TSUTAYA三軒茶屋店)

 

——そうですね。私のイメージでは「水の中」という言葉自体が90年代を思わせるところもあり、この作品はサウンド面も90年代の手法を意識的に選んでいる感じもするんですね。

 

宮本 特に反発しているわけでもないし、昔から好きな音だから、僕にとっては自然なことなのかな。僕も音楽を聴いていると時々「シャレてんなー」と思うことはあるけど、自分ではできないですね(笑)。自分が積み重ねてきたものと違うものを突然やっても、聴いている人もつまらないだろうしね。昔、ニール・ヤングが突然テクノみたいなことをしたことがあったんですけど、それも恥ずかしかっただろうなあ(笑)。それに、積み重ねたものの先に見えるものが見たいから続けているかな。

 

miya_13

 

——逆に挑戦してみたいことは?

 

宮本 そうねえ…僕は高校生くらいの時にヒップホップ(MC)をやっていたんですよ。一緒にギターを演っていた奴が急にDJ機材を買ってきて「何それ?」って。そしたら急にやることになった。その頃はすごくヒップホップも聴いていたので、そんなことも混ぜられたら楽しいだろうなって思いますよね。

 

——こんなフリースタイルダンジョン(番組名)な時代にそんな事を言ってしまったら(やるしかないじゃないでしょう)…!

 

宮本 びっくりしましたよ!僕は(「フリースタイルダンジョン」を)第一回目からずっと一人で観ていたんですけど、もう自分だけの楽しみじゃなくなっちゃった。あんなに流行ると思わなかった!

 

——本当ですね。さて、これからワンマンツアーをやるわけですからね。そんなことを言われたら変に期待しちゃいますね(笑)。どうにかして(MC的なことを)やってもらう方法はないかなあって…どっかで。

 

宮本 どっかで、ね(笑)。ものすごい恥をかくだろうなあ(笑)。でも僕らはシンセサイザーとか機材をあんまり使わないから、そういうのも使ってみたいですけどね。

 

——新たなパートと交わってみる、という方向性もありますね。

 

宮本 あ、そうですね。澁谷くんとはよく「あの音楽よかったよね」とかシェアをするんですけど、誰かの曲の話をした時「僕はギターじゃなくてキーボードに替わってもいいですよ」と言ってくれた(笑)。

 

——もう正式メンバーですからね、遠慮はいらないですよ(笑)。

 

宮本 そうですね(笑)。

 

聞えたJKT

【リリース情報】

アーティスト:シュリスペイロフ

タイトル:聞えた

リリース日:2017/10/04

価格:¥2,500(tax in)

レーベル:DELICIOUS LABEL

 

syuris2017_mainL

【シュリスペイロフ関連情報】

web

twitter