2017
12.10

【INTERVIEW】最高傑作『Pavlov City』を経由。しなやかなバンド”Emerald”のマインドは、今。

INTERVIEW, LIVE, NEWS, VIDEO

愛と叡智を司ると言われているパワーストーン エメラルド。その恩恵を惜しみなく受けたかの如くバンド Emeraldも、遂に本来の輝きを放つ最高傑作『Pavlov City』を生み出してくれたのだった。

何にまず驚いたかって、彼らが乗り越えた山々が浮び上がるほどの熱い本作が“時代”と待ち合わせしていたように思えたことだ。積みあげられた音の広がりに、例えば人肌の温もりを含ませたチルにも、スムースに感化したダブにも あえてシンプルな構造で挑んだポップセンテンスにも程よくヒップが散りばめられるが、同時に甲子園グラウンド並みの汗と苦悩もよく染み込んでいるように思えるのだから、これは“おめでとう”の一言に尽きるのではないでしょうか。2017年の終わりに、どうかこの純朴な取り組みの成果があなたの心にも届いてくれたら、いち音楽ファン仲間としてもどんなに嬉しいだろうと思うのです。

さて、今作(『Pavlov City』)で明らかに新たなフェーズへと進んだEmeraldのインタビューです。今日はこれまでのステージに区切りをつけるためにも、また今作で初めて彼らを知る音楽ファンのためにも、Emerald原点の地・代々木を巡りながらラフに語ってもらいました。懐かしのあの人やこの人も登場しますよ!

 

写真・取材・文=田中 サユカ

 

eme18

(中野 Vo. / 中村 Key. / 磯野 Gt. / 藤井 Ba. / 高木 Dr. : L→R)

 

——Emeraldとしての最初の友達は?

 

藤井智之(ふじいさとし) ( Ba. 以下 “藤井” ) “日の毬”か?

 

磯野好孝(いそのよしたか) ( Gt. 以下 “磯野” ) それこそこのバンドに初めて関わってくれたのも日の毬の西野さん。俺もバンド始めてから初めて喋ったのは西野さんだったかも。

 

中村龍人(なかむらたつと) ( Key. 以下 “中村” ) そうだね。

 

中野陽介(なかのようすけ) ( Vo. 以下 “中野” ) あいつがバンドマンバージンを奪っていったのか(笑)!

 

磯野 5人で初めて入ったのがここ(代々木NOAHスタジオ)。

 

中村 コピーとかやってたよね。

 

磯野 元々陽介さん以外の4人でやっていたバンドはライブとか全然やってなくて、大学時代の仲間で久しぶりに遊ぼうっていう感じで一年くらいやっていた。だから、本当にいいタイミングで陽介さんと出会った感じだよね。ちょうどそういう時期に俺たちは代々木に行ってた。なんで代々木のNOAHだったかまでは、未だに思い出せない。

 

中村 もともと練習とかで使っていたんじゃないかな。

 

磯野 いや、サークルで使ってたのはあざみ野の方とか新丸子。

 

藤井 「各々の家からのアクセス考えつつ、人が多い駅はちょっと避けたいよね・・・、じゃあ代々木にNOAHがあるからそこにしよう!」みたいな。

 

高木陽(たかぎあきら) ( Dr. 以下 “高木” ) めっちゃ消極的な理由じゃん!

 

一同笑

 

eme17

 

中野 俺も前のバンド(PaperBagLunchbox)が本当に期待を煽るだけ煽って爆発したみたいになくなったのでね。

 

藤井 ツアーファイナルをやる前に解散したんです。解散ライブもない。

 

中野 そう、ツアー中にいろいろ立ち行かなくなって、やべえ やべえ!って言っている間に3.11の地震が来るっていう…2011年のことだね。そのタイミングで精神的に壊れて、目が覚めたらツアーも中止になっていて、もう精神的にボロボロだったんですよね。実家に帰って良い曲ができたのをサトシ(藤井)に聴かせたら、このバンドをやるようになった。

 

eme03

 

中野 だから俺はあの頃はリハビリだと思ってやっていたけど、リハビリとは思えないほどみんなの演奏が格好よくて、ちょっとやりてぇ!て、なっちゃった(笑)。

 

磯野 陽介さんと最初に演ったときは「(この人)すごいなっ!」て、思ったよ。

 

中村 まず声量が凄い(笑)!僕らは楽器の音量をデカめにやるんですけど、全然負けてなくて。

 

中野 オーディションだったからね、俺にしてみれば。ノコノコと横浜の山奥からやってきてさ。

 

中村 俺らも俺らでその初めてのリハの日、今日プロの歌い手さんが来るんだ…!と思っていたからね。それこそ俺はリハに入る前に初めて陽介さんのライブを観に行って、陽介さんの歌を体感して「すげー!」って思っていたしね。

 

磯野 そう!だからもう「今日はプロの歌い手さんが来ますよ!」って感じだったよね。

 

中村 うん、俺たちも緊張してた。

 

高木 俺が覚えているのは(陽介さんが)時間になっても来なくて…

 

一同笑

 

中野 もうやめよ(笑)!

 

藤井 そうだわ、確かに!「来んの?」って(笑)!

 

磯野 で、未だに変わらねえっていう。

 

一同笑

 

中野 いやあ、でもあの時のリハは楽しくってね(笑)!このままみんながやる気になってくれたらいいなあって思っていたからよかった。そこからが俺は人生を立て直さないとならなかったから大変だったんだけどね。

 

磯野 そうだね。倒れちゃって自宅療養みたいだったから、東京のスタジオに来るだけでも結構しんどい感じだったよね。

 

中村 最初のCD(「This World ep」)を作ったのっていつだったっけ?

 

中野 割とすぐ「This World ep」の制作に着手した気がするな。

 

藤井 2011年6月が結成で、2012年にこのCD「This World ep」を作った。7月がレコ発じゃないかな。その2年後にアルバム「Nostalgical Parade 」だよね?

 

eme07

 

中野 あの“Stepway Studio”で、谷やんがレコーディングしてくれたよね。今思うと谷やんはすごいね。今は“踊ってばかりの国”でベースを弾いているけど、当時はここの住人だった(笑)。朝イチに行ったら彼、寝てますからね。ドンドン!ってドアを叩くと…

 

全員 「うえ~い、おつかれっすぅ~!」

 

磯野 ってドアを開ける!

 

一同笑

 

藤井 俺もよく遊びに行ったなあ…。

 

磯野 確かに、藤井も用がないのによく遊びに行っていたよね。スタジオが閉店するって聞いて、谷やんどうするんだろうって思ってたらまさかベースを弾くとはね・・・すごいよね。

 

中野 うん、すごい。もともとベースを弾いてなかったからね。

 

中村 もともとギターで弾き語り演ってたよね。

 

磯野 陽介さんとも(弾き語り)一緒に演ってたよね?どこで演ったんだっけ?

 

中野 BAR?CCO。 俺が倒れて、オフィシャルで解散が発表された直後くらいにイベントに呼んでくれて、谷やんと当時“おとぎ話”っていうバンドのスタッフだったマサルくんっていう子がやる弾き語りイベントに呼んでくれた時。それにしても、今聴いてもこの作品(「This World ep」)は良いよね。振り返ると、バンドとしてゴリゴリ売れてやるぞ!っていうよりは、みんなと群れて遊ぶ楽しさを噛み締めながら生きていく時間が俺にとっての1年半だった。

 

——バンドの佇まいがとてもどっしりとしているように見えますよ。わざわざ焦って椅子を取りに行かなくても別の方法で生きてみせる、というような。

 

中野 うん。まず自分たちが最高の音楽をやっている、という自覚が欲しかった。椅子取りゲームをやっている時って途中で自覚を見失いそうになる瞬間が何度もあったんですね。そしてその状態で走ることは本当に苦しいことで、しかも俺はバンド全体で自覚できないことが本当に苦しかったんですね。だから、一個一個バンド全体でひたすら楽しんで積み上げたかった。それを礎にして「Emeraldはどんな場所に立っても最高でしょ?」って言えるものを目指したかった。

 

 

中野 (俺たちが)焦っていないように見えるっていうことは、大事にしているところがそこだったからなんです。これからまた少し騒がしくなるかもしれないけど、これまで通り、メンバー間のコミュニケーションを大切に、困難をちゃんと話し合って乗り越えるとか、それぞれの生活がある中でどうやって音楽をやっていこうかとか、そういうところをコンセンサスとってやりとりを進めて行こうと思ってる。

 

藤井 それはPaperBagLunchbox(前バンド)とEmeraldの違いっていうこと?

 

中野 Paper〜がなくなった後のEmeraldにおける俺の過ごし方。

 

藤井 Paper〜でできなかったことを今やりたいよっていうこと?

 

中野 結果的にPaper~ があったから今があるっていうこともあるけど、俺としてはそういう風に過ごしてきたかな。

 

藤井 うん、そうか。

 

中野 ただ、Emeraldは出来上がる曲がどんどん良くなって来ていて、そろそろちゃんと聴いてもらわないとなって思ってる。

 

——Emeraldはこの作品をもって次の段階に来たわけですね。最新作「Pavlov City」は、リップサービスではなく確かにバンドの最高傑作だと思いました。というのも、今の時代にフィットしたブラックな要素がEmeraldのオリジナルとして整理されている印象。サウンド的には一見キャッチーな印象を受けますが、実はこのバンドは元からそういうブラックな要素を多く持っていて…

 

中野 そうです、元から。

 

——それが洗練されていくことでバンドのサウンドスタイルとしての着地点をはっきりと見出した、という印象です。だから、咲くべきして咲いたスタイルではないのかな。皆さんはどういう感覚でいますか?

 

磯野 前作ではブラックミュージックを強く出して来たんだけど、もう少しアウトプットすることがあったかなっていう部分が今作で昇華できたかな。

 

藤井 前作は、ブラックミュージックをアウトプットしたいって言っても、普通に聴くと「ポストロックだね」ってなってしまっていたんだよね。今回はさらにR&Bやソウルに寄っていけたなって思う。結成当時にやっていたことと今回やろうとしたことっていうのは、根底の考えとしては変わっていないと思っていて、それができるようになったっていうのは、純粋に積み上げていったものがあったからっていうのはあるのかな。

 

 

中村 でも全体的に「前作はこういう感じで行こう、今作はこういう感じで行こう」って、言ってないよね。

 

藤井 そう。積もってできた曲がそういう感じになった。

 

中村 多少流行りとかが影響して自分たちの好みが多少変わることはあっても、根底の好きなものはあまり変わってないかも。

 

中野 ゴリゴリのロックバンドが急に四つ打ちのダンスバンドになるっていうのもいっぱい見て来ましたしね。

 

藤井 良い変わり方もあれば悪い変わり方もある。僕たちと同じタイミングでリリースしたbonobosは、すごいカッコいいアップデートの仕方をしていて、刺激を受けましたね。だから俺たちも、今、自分達が積み上げて来たものでアップデートできているのはすごい嬉しいですね。

 

——それができるとは、どれだけ「自分の音楽」の主軸を理解した上で曲を提供できるのか、ということじゃないかと思うんですよね、例えば恋愛なんかと一緒で(笑)。だからEmeraldは、すごくバンドとして成熟しているし、安心して応援できるバンドですね。

 

中野 うまいこと言いますね(笑)。でも本当、今度は安心して応援してもらえるバンドになりたいっていうのは最近のテーマなんですよ。みんなで安心してEmeraldの音楽を共有してもらいたいし、ライブとかでお客さんを巻き込んでいきたい。

 

——ライブといえば、Emeraldの作品は特に“録音物”としての完成を意識して作られている印象で、サウンドデザイン面は外せない要素に思えるのですが。

 

中野 めちゃくちゃ(重点を)置いていますね。

 

——そのバンドEmeraldはライブをどういったスタンスで臨んでいますか?

 

中野 ライブはライブでしかなくて、自分たちの音楽を演奏することに専念しています。いわゆるライブパフォーマンスと言われるようなことはせず、ね。

 

藤井 うん。意識してるのは、録音物として録っているものをライブでそれ以上にするはどうしたら良いかっていうこと。迫力を減らさないで、オリジナルと違うことは極力やらない。リスナーが音源を実際に聴いた時に「あれ?」と思うことをやらないようにしてる。ヘビーリスナーばっかりだったら、たまには違う感じの演奏もいいのかもしれないけど、僕らは音源をしっかりと生でやったらどういう風に聴こえるか、をやりたい。

 

中野 サトシ(藤井)が(リスナーとして)そうなんだよね。

 

藤井 うん、俺がそう!

 

磯野 音源と演奏が著しく劣化しているのは冷めちゃうからね。だから最近は藤井のお兄さんがサポートしてくれているね。

 

中村 基本的には音源の完全再現を目指して、どうしても難しいところ はどうやって埋めていくかっていうのがいつも悩ましいです。

 

藤井 当然のことながら自分の演奏を客として聴いたことがないんですけど、ライブは…良いんじゃない?

 

一同笑

 

中村 一回、ライブハウスでリハーサルして録った音源をその場で流してもらったことがあるんですよ。Emeraldのライブがお客さんにいつもどう聴こえているのか、なるべく近い形で自分達で体感してみたくて。そしたら…結構良かったんですよ(笑)。

 

一同笑

 

eme04

 

——作品の制作段階で再現性を意識しているということは?

 

藤井 絶対にないですね。とにかく良いものを作ろう!ってね。

 

磯野 で、出来上がったら「これ、譜割りどうする?」って(笑)。

 

中野 そうだね。

 

高木 で、完成した音源をライブで再現するにも音があまりにも足りくなって、今回は急遽6人目が。

 

藤井 もともと5人でやるっていうポリシーはあったんですけど、クオリティーは保たなければならないので、どっちを取るか?というところで、クオリティーのポリシーを守ろうってなった。

 

磯野 クオリティが何より大切だからね。

 

藤井 そう、お客さんは何を求めて来ているのかっていうと、CDで聴いた時の迫力を生で聴いたらどうなるの?っていう期待感だと思うので、その期待に応えるために6人にした。最近は特にライブを大事にしていますね。生で観たところに人は感動する。

 

——Emeraldのこれまでの作品を通して、触れずにいられないことがもうひとつあるんです。それは中野さんの表現の変化。歌詞にしても歌唱にしても初期の頃は割とストレートな表現方法をされている印象でしたが、最新作ではよりフラットになったというか、直接的ではなくなってきている。でも、魂も熱量もそのままなんですよね。それは間接的であっても伝わると私たちが信頼されているようにも取れて、嬉しいことでもあります。

 

中野 泣きそうなほど嬉しいです。

 

磯野 伝わるんだなあ、と思った。よかった。

 

——作品としてのアプローチも冒頭から明らかなインパクトを持って印象づけられていたのが、今回はより風景に近い受け入れ方だったし、歌詞も日常描写的な表現が多いんですよね。でも、情熱は何一つ変わらない感覚。これってすごいことだと思って、今日はその辺が実際はどうなんですか?と訊きに来ました(笑)。

 

中野 俺はスケボーをやるからスケボーで例えちゃうんですけど…若い時ってとにかく跳ぶんですよね。かっこいいんですけど、トミー・ゲレロ(ミュージシャン&スケートボーダー)っていう人のスケボーは、跳ばなくてもかっこいい!ただ乗っているだけでストーリーが背中から広がっていくような感じがあるんです。だから、僕の歌もトミー・ゲレロみたいに聴こえたらいいなって思う。

 

 

中野 それに、直接的な表現をしていた時代があって、逆に比喩しかしない時代もあった。Emeraldの初期では地に足つけて思い切り表現することに集中していたりしたんですけど (今回は)俺がお客さんだったらどういう中野が見たいのかな?っていうのも考えたんですよね、矢沢永吉みたいですけど(笑)。

 

 

一同笑

 

中野 「こういう俺がかっこいい」っていうのは俺が勝手に思い込んでいただけかもしれないって思ったりして。だから、俯瞰で自分を見ながらも一度は情熱的な自分を歌ってみるんですよ。で、1〜2週間後にもう一度聴いて、まだ俺の心に響くかをジャッジして作っていた。で、とにかく聴いて欲しいんですよ!いろんなタイミングや気持ちでいろんな聴き方ができるんです、このCDって。そういう思いで作った。

 

——もう今は先のことを話されているわけですよね?レコ発も?

 

藤井 1月18日に渋谷WWWで、bonobosのツーマンでレコ発を演るんです。

 

——bonobosといえば、確か最近ワンマンをされましたね。

 

藤井 恵比寿のリキッド。僕と高木が行ったんですけど、恐ろしいくらいに超人すぎて!曲もいい、演奏もいい、歌もいいって…どうやったらこの領域に行けるの?っていうライブをしていたんですよね。マシンガンで蜂の巣にされた気持ちです(笑)。

 

中野 音楽を聴きに行って鉢の巣にされて帰ってくるって(笑)!

 

藤井 すごいんだもん!それでどうしても一緒にやりたくて、一緒に演ってくれませんか?とオファーしたら、快くオッケーしてくれて(今回のツーマンが)決まったんです。もともとbonobosはずっと好きなバンドだったんです。これはあくまでもファン目線なんですけど、bonobosも最初はずっとダブポップだとかの時代に生きてきて、フィッシュマンズの後継バンドの一つみたいな感じで紹介されていた。

 

eme01

 

藤井 どんどん音楽が進化するにつれて音楽性も変わっていくタイミングがあって、アップデートを繰り返していったと思うんですけど、その中でもきっと色々あったんだと思うんですよね。それを経ての今年のCDが本当に良くて!特にここ最近のbonobosは超人的だし次元が違うなあって思う。自分たちもそういう風になれたらいいし、しっかりこういう人たちに習っていけたらいいなって思う。俺たちにとっても、このライブが良いターニングポイントになればいいなって思いますね。

 

中野 ぜひ来て欲しいんですよ!

 

——わかりました!しかし、お相手のバンドをインタビューでそんな風に言えるバンドって素敵だと思いますよ。

 

中野 いちミュージシャンを見る目も非常に真摯なバンドだって、僕はEmeraldのメンバーを見ていていつもそう思う。

 

藤井 すごいもんはすごいからね(笑)!

 

中野 すごいモンだけ見つめて生きたいよね。そしたらクオリティが上がってどんどん良くなっていくと思うんだよね。友達のライブもその友達のどこが素晴らしいかをわかって見に行きたい。それを続けるために日々考えているよね。

 

 

 

 

 


『Pavlov City』リリースパーティーをbonobosとの2マンで

1/18渋谷WWWにて開催!


 

2018/1/18(木) 渋谷WWW

Emerald 2nd Album “Pavlov City” Release Party 『Neo Oriented』

[LIVE] Emerald / bonobos / ecke(O.A.)

open 18:00 / start 18:30

adv ¥2,800 / door ¥3,300 (+1drink)

ticket:①ライブ会場販売 / ②各種プレイガイド

チケット一般発売:2017年11月26日(日) 18:00より発売中。

プレイガイド(11月26日より発売中)

e+

Lawson(Lコード:75123)

チケットぴあ(Pコード:101-176)

info:渋谷WWW 03-5458-7685

Emerald Web