2017
12.30

【レポ】THE YELLOW MONKEY 再集結から二年間の集大成となる 「九州SPECIAL」で ヤフオクドームに歌声が響き渡る

ARTIST, BLOG, LIVE, NEWS

THE YELLOW MONKEYが、12月28日(木)福岡 ヤフオク!ドームで「THE YELLOW MONKEY SUPER メカラ ウロコ・28 -九州SPECIAL-」を開催。約3時間に渡り全27曲をパフォーマンスした。
_TK11776_田辺佳子
先日、2001年の活動休止前最後のライブ以来約17年振りとなる東京ドーム公演2DAYSを大成功におさめ、続く3公演目のドームとなる本公演は「メカラ ウロコ・28 -九州SPECIAL-」と銘打ち、選曲や演出をガラリと変えて臨んだ。様々な企画やサプライズも用意され、1995年以来約22年ぶりのパフォーマンスとなる「追憶のマーメイド」が披露された時は、イントロが流れた瞬間、客席から悲鳴にも似た歓声が沸き起こった。
_TK14237_田辺佳子
その後、ライブ初披露となる最新曲「Horizon」はメンバーの演奏と歌声に観客もコーラスで参加する企画が発表されており、MCで吉井も「それでは今夜ここではじめてライブで、皆さんの前で演奏する曲をやらせてもらおうと思います。新しいTHE YELLOW MONKEYとファンの皆さんとの新たな絆の歌、そういう曲になりました。大事に歌っていきたいと思います。一緒に歌ってくれませんか。」と語り、再集結から二年間の集大成となる「-九州SPECIAL-」でヤフオクドームいっぱいに歌声が響き渡った。また、この日初披露となった「Horizon」はライブレコーディングされており、後日ヤフオクドーム来場者全員にプレゼントされる。
IMG_3051_MITCH IKEDA
本編のクライマックスは12月1日からライブ本番当日28日まで毎日ヤフオクドーム特設サイトにて発表されている「カウントダウン・28」の28個目の企画。昨年の再集結後、最初に発表された新曲「ALRIGHT」で、演奏に合わせて客席が光で彩られた。このリストバンド型LEDライト「FreFlow(フリフラ)」を使用した演出は観客からステージのメンバーへのサプライズ企画で、会場とステージが一体となった。
_TK15081_田辺佳子
アンコールはデビュー曲「Romantist Taste」に続き、「LOVE LOVE SHOW」では歌詞を博多弁で披露する一幕も。この九州SPECIALならではの演出に会場は大いに盛り上がった。
先日の東京ドーム公演で活動休止前ラストの曲から、はじまりの曲となった「WELCOME TO MY DOGHOUSE」でステージは幕を閉じた。
写真= KEIKO TANABE / MITCH IKEDA

THE YELLOW MONKEY SUPER

メカラ ウロコ・28 –九州SPECIAL-


■日時:12月28日(木) OPEN 16:00 / START 18:00
■会場:福岡ヤフオク!ドーム
■演奏曲数:全27曲
■所要時間:約3時間
■セットリスト:
M0.Smile
M1.Wedding Dress
M2.マリーにくちづけ
M3.ROCK STAR
M4.LOVERS ON BACKSTREET
M5.See-Saw Girl
M6.花吹雪
M7.Love Sauce
M8.審美眼ブギ
M9.楽園
M10.This Is For You
M11.O.K.
M12.BURN
M13.SLEEPLESS IMAGINATION
M14.JAM
M15.Stars
M16.MY WINDING ROAD
M17.追憶のマーメイド
M18.Sweet & Sweet
M19.MOONLIGHT DRIVE
M20.Horizon
M21.ALRIGHT
M22.バラ色の日々
M23.悲しきASIAN BOY
M24.Romantist Taste
M25.LOVE LOVE SHOW
M26.アバンギャルドで行こうよ
M27.WELCOME TO MY DOGHOUSE