2018
01.24

【INTERVIEW】ポニーのヒサミツ「バランスを面白いと感じてもらえればいいな」

ARTIST, INTERVIEW, RELEASE

前田卓朗のソロプロジェクト・ポニーのヒサミツがアルバム「The Peanut Vendors」を本日1月24日にリリースした。「待望」という2文字がこれほどまでに似合うアーティストもニクいもので、その1週間前に雷音レコードからリリースされた7インチ「そらまめのうた」も高い評価を得ているようだ。

“古き”だからと言って“良き”とは限りませんが、聞く者まで公然の気を養ったような気にさせてくれるのがポニーのヒサミツ作品の魅力だと捉えていて、その秘訣は いささかアデミックに構えがちなクラシックスのエッセンスを 本人はまるで呼吸でもするかの如く自然にイン・アウトしているからではないかと睨んでいます。

さて今作は「The Peanut Vendors」というバンドの作品をイメージして制作されたそうで、彼がリスペクトするレジェンドの一人・ポール・マッカートニーがソロで初めて他ミュージシャンを交えて制作したという「RAM」にも絡めようと、羊を眺めながらインタビューを開始。あいにく羊さん達に”Ram On”ができませんでしたが、各メディアで注目を浴びている彼の、恐らく最も”L0ugh”なインタビューです、どうぞ”ラク”にご賞味ください。

 

取材・写真・文=田中サユカ

 

——リリースが4年ぶりになったというのは、何か理由があったんですか?

 

前田 それは単純に僕の腰が重くなかなか録るに至らなかったというか(笑)…いくつかの曲は結構前からあったんですけどね。

 

——あんまりアルバムを出す戦略や野心の元に作品を作る方ではないですものね。

 

前田 そうですね。マイペースに曲を作ってきて、溜まってきたからそろそろ形にしたいなあ〜という感じですね(笑)。

 

——この作品「Peanut Vendors」制作の前にムーンライダーズ・トリビュートアルバム内の「犬にインタビュー」で参加されましたね。

 

前田 そうですね。それが去年…年が明けたから一昨年か。(この作品のレーベル「なりすレコード」の)平澤さんとのつながりができたのはそこからです。

 

——このアルバム制作のきっかけになったのも平澤さんだとか。

 

前田 そうですね。2016年にはムーンライダーズトリビュートの他にもカクバリズムから7インチ「羊を盗め」を出したりしたんですけど、アルバムについてはどうするか決まっていなかった。そんな時に平澤さんから「早く作った方がいいよ、よかったら手伝うよ。」というお話をいただいて、「じゃあ、お願いします。」という経緯です。

 

 

——ポニーのヒサミツはサウンド的にアナログのオファーが多いんですね。ちょうど同時期(1月17日)にリリースされる「そらまめのうた」も7インチ。

 

前田 そうですね。それは雷音レコードからですね。単純に僕がレコードが好きなので、そういうオファーが来やすいのかもしれません。

 

——このアルバムにも「そらまめのうた」は入っていますが、違うバージョンなんですよね。

 

前田 そうですね。7インチではヴォーカルがダブルで少し厚みをもたせて暖かな音像なんですけど、アルバム全体的にはシンプルな音像が多かったのでシングルでミックスしています。

 

——わはは!今ジャケットを見て初めて気づいたんですけど…これ、パーマン(のバッチのイメージ)ですよね?

 

前田 そうなんです。恐らくですがデザインの岡田崇さんが、僕が藤子F不二雄が好きなことを汲んでくれて、こういうデザインにしてくれたんだと思います。細野さんのアルバムジャケットも手掛ける岡田崇さんにデザインして頂けて、更にこんな遊び心を入れてもらえるのは、嬉しいですし感慨深いですね。

 

 

——今作のコンセプトをお伺いしたいと思うんですが「ポニーのヒサミツ」というソロプロジェクト作品というよりは「ポニーのヒサミツ」というプロジェクトを営んでいく上で集まった人々によるアルバム、ということですよね?

 

前田 名義はソロなんですけど、イメージとしてはバンドとしての作品の作り方に近いと思います。基本的ライブメンバーの6人で録っていますが、ちょうど前作「休日のレコード」を出した直後くらいからこのメンバーでやりはじめて、そこからライブを続ける中でメンバーと作ってきた楽曲が中心のアルバム。そういう今のライブメンバーと結びついているアルバムなので、このメンバーに名前をつけるとしたらなんだろう?って考えた時に思いついた「The Peanut Venders」をタイトルにしています。

 

——ざっくりすぎますが、サージェントペッパーズみたいなイメージも?

 

前田 そうですね(笑)。架空の楽団、というところは一緒ですね。「ピーナッツ」っていうのが、あまり格好つかないところがいいなって思って(笑)。

 

一同笑

 

——ところで前田さんは「カントリーをやっている」って言い切っているじゃあないですか。

 

前田 そうなんですけど…アルバムを作ってみたら、そうでもないなって思っています(笑)。

 

一同笑

 

——前田さんが影響を受けたと公言されている細野晴臣さんのある日のインタビューで「俺の影響を受けたっていう人の作品を聴いても全然俺っぽくない」って、仰っていたなあと思って。

 

前田 はい(笑)。

 

——だからかぁ!とも思ったんですよ(笑)。と言うのも、細野さんがトロピカルダンディーで楽園に居ないように、ポニーのヒサミツもカントリーだからってUSにいるわけじゃなあないことを前提として表現に臨んでいる。そういう作り手のスピリットが独立して表現されている。

 

前田 まあ、日本人ですしね。カントリーに近い文化ではないので、その中で自分がどうやるかって試行錯誤した結果、今のやり方になっていきました。だから僕は自分の作品を「なんちゃってカントリー」とか「カントリー・ポップス」って呼んでいるんです。そのカントリーと「なんちゃって」や「ポップス」の部分のバランスを面白いと感じてもらえればいいなって思うし、「なんちゃって」な分、聴いてもらえる人の間口が広がればいいなって思いますね。

 

——そもそもカントリーにアクセスしたきっかけは?

 

前田 もともと細野晴臣さんの「FLYING SAUCER 1947」という,細野さんが還暦に出したカントリーアルバムがきっかけでカントリーに興味を満ちはじめたんです。幸い近くにカントリーっぽいギターを弾けるサボテン楽団という人がいたっていうのもあって、どんどんそっちにのめり込んでいった感じですね。

 

——11曲目「(Theme Of)The Peanut Vendors」」がすごくバンドやアルバムを象徴していると思うのですが。

 

前田 そうですね。バンドのテーマになっているような曲です、初めてギター、キーボード、ペダルスチールのソロ回しもありますし、自分でもお気に入りの曲です。

 

 

前田 アルバムの制作を始めてみたら、初日に録った曲を眺めてみて、「あれ?これじゃあまりカントリーっぽいアルバムにならないな」と思って「そらまめのうた」「夜の飴玉」「まちあわせ」を新たに作ったという経緯があります。

 

——それだけカントリーにこだわったということ?

 

前田 と言うよりも、自分で「カントリーをやっています」と言ってきたのに、アルバムを作ったらそうでもないなって言うことに気がついちゃった(笑)。それでもよかったんですけど、せっかくだから期待にこたえてもう少しカントリーに近付けようと思って。

 

——聴きどころとして刺激的だったのは、前田さんの演者の活かし方。

 

前田 そうですね。でも僕は基本的には曲を渡したら基本的には任せていて、自由に弾いてもらっていますね。もちろん、大枠とか、一部細かいところは注文付けたりしますが。「夜の飴玉」とかは、サボテン楽団にもっと彼らしいギターを弾いてもらおう、というコンセプトで彼の好きなギタリストであるジェリー・リードを意識して作った曲だったので、その期待に十分すぎるくらい応えてくれて嬉しかったですね、この曲のギターソロは名演でした。あとは、4年前に芦田くんが買ったペダル・スチールも僕の音楽には欠かせないものになっているし…演奏陣には助けられていますね。

 

 

——「ポニーのヒサミツ」といえば、藤子F不二雄先生や細野晴臣さん、ポール・マッカートニー。でも映画からもインスピレーションを得ているところが新鮮でしたね。

 

前田 そこまでたくさん映画を観る方ではないんですけど、「Walking Walking」はベタなゾンビ映画っぽいシチュエーションについて歌った曲です。昔のベタな…走らない系のゾンビが好きなんです(笑)。あとは、映画をサントラが好きなので、サントラばっかり聴いて映画を観ていないという作品も多いですね。

 

——この機会に3回以上観たお気にりの映画を教えてください。

 

前田 そうですね…じゃあ、ジャック・タチっていう映画監督の「僕の叔父さん」シリーズかな。この作品はサントラが好きで、それがきっかけで観て映画も好きになりました。ジャック・タチの映画はどれも好きです。あとは、チャップリンとかですかね。

 

——コメディーがお好きなんですね。

 

前田 映画は気楽に観たい人なんです。深刻なやつを観ると疲れちゃう(笑)。だから、あまり長くなくて、軽妙な作品が好きですね。考えさせるようなやつも大事だと思うし好きな作品もあるんですけど、年をとってくるとそういうのを観るのが段々と疲れてきちゃって(笑)。

 

——それに前田さん、SP盤を聴いているんですよね。その影響も作品に反映されていますか?

 

前田 そうですね、卓上の蓄音機を一昨年くらいに買って。作曲とか作品に直接影響しているかはともかく、体験として凄く衝撃的でしたね。

 

——SP盤の録音って筒みたいなものに向かって直接吹き込むから、ライブ感が半端ないらしいですね!

 

前田 そうですね、録っている現場の空気ごと丸ごと再生されているような感覚があって、すぐそこで演奏している気分になります。盤によってはすごい音量のものもあるので、再生するタイミングとかは気をつけなければならないんですけどね。

 

——そうか、音量調節ができないから…

 

前田 そうなんです、普通のマンションに住んでいるので…今の住宅環境だとなかなか自由に聴くのは難しいですよね。

 

——でもそれがまた生々しくて良いのでしょうね。それすらもそのまま、なんだから!それで、今作はCDです。古い音楽ジャンルにアクセスして、古い音響に親しみながらも、CDの性格を意識した音作りをされる。6曲目までがA面、それからB面と設定していたり、アナログ的な遊び心を持ち合わせながらも、聞こえてくる音はわざと汚したり、アナログに近づけたりはしていないのでしょうか。

 

前田 そうですね。昔の音楽っぽいミックスとか、音像とかに寄せることも可能なんですけど、今作られた作品ですから、それはあえてしませんでした。

 

 

前田 結局ポップスって、それこそ1920年代くらいの頃から既にコード進行とかメロディーがもう確立されていて、今の音楽にもつながっている。

あまり新しいことをしようという気持ちがなくなったって言うと語弊があるのかもしれないんですけど、ポップスは本当に地続きなものなんだな、と。自分は好きな音楽を素直に聴いて曲を作っていしかないんだな、って思っています。(SP盤は)そうやって素直に曲を作るきっかけになったと思います。

 

 

【リリース情報】

アーティスト:ポニーのヒサミツ

アルバム:The Peanut Vendors

リリース日:2018/01/24

レーベル:なりす・コンパクト・ディスク

ポニーのヒサミツ Web

 

 

 


ポニーのヒサミツ
『The Peanut Vendors』発売記念 One Man Live
『(We Are)The Peanut Vendors!!』


2018年3月10日(土)
渋谷7th FLOOR
開場 11:30 開演 12:00
予約 2000円 当日 2300円(+ドリンク代)

出演:ポニーのヒサミツ
バックバンド:サボテン楽団、大塚智之(シャムキャッツ)、芦田勇人(yumbo)、佐藤洋、唐沢隆太(ヤバイネーション)

ゲスト:スプーンフル・オブ・ラヴィン[谷口雄(1983)+渡瀬賢吾(roppen)+サボテン楽団+ポニーのヒサミツ]
中川理沙(ザ・なつやすみバンド)
DJ魔法(aka.長門芳郎)

※来場者特典予定!

*ご予約は出演者、または7th FLOOR メール予約窓口にて承ります。
7th FLOOR メール予約: 3/9(金)まで。)
件名に公演名、本文にお名前(フリガナ)、予約人数をご記入ください。
ご予約の確認がとれましたら返信いたします。
お問い合わせ:7th FLOOR