2018
04.01

【INTERVIEW】Half Mile Beach Club「表現としてちゃんと出してくれるからメンバーとして成立するんです。」

ARTIST, INTERVIEW, NEWS, RELEASE, 未分類

グラミー賞の視聴率が過去最低を記録したと聞いて、改めて音楽が資本とのバランスを取り直す機会が訪れたようです。しかし我々リスナーこそ、忙しさのあまり「その道の専門家(あるいはおしゃれ芸能人)のプレイリストを選べば間違いない」的な、 ズボラな摂取方法も同時に見直す時期ではありませんか。感性でやりとりされるカルチャーでこそ自分自身の嗅覚を信じたいものです。

さて 今回登場するHarf Mile Beach Club(以下:HMBC)は、今もっとも推したいバンド…いや、カルチュア・クリエイティブ・コミュニティです。彼らは独自のパーティーシーン(=居場所)を構築しながら、密かに温めていた音楽の種を開花させて行きました。今回リリースされる初E.P.「Hasta La Vista」で、本格的にアーティストとしての動きを活発化させる一枚となるでしょう。Arca以降におけるジャパニーズミニマム/エレクトロニカの冷たい楽曲群がHMBCによって これだけの熱帯感と湿度を放出できるは、地元・逗子の居心地の良さに拘った「愛着」とパーティーの熱気によるイマジネイションとがスレスレの距離感を保つことで実現したのかもしれませんね。

この空前のストリーミング時代。今後はスランプ知らずのHMBCのモデルケースがシーンのニュースタンダードへと受け入れられるのでしょうか。そんなHMBCの初インタビューです。

 

 

取材・文・写真=田中サユカ

L→R:Haruka(Ba) / Asakura(Synth,Sampler )/ Yuhei(Vo) / Ryo (Bar Tender) / Mafuyu(Gt)

 

 

——以前は少し違う名義「Half Mile Beach Group」で作品を発表されていますね。

 

Yuhei  もともと 「Half Mile Beach Club」は地元の逗子でやってるイベントの名前だったんです。このイベントをやる上で、僕(Vo.)やMafuyu(Gt.)やTsuzuki (Dr.)は楽器が弾けるからバントとして楽曲を作って、ライブもやろうっていうことになった。

それで、イベントとバンド名を分ける意味で一度は「Half Mile Beach Group」っていう名義で出したんですけど、結局ややこしくなって 「じゃあ“Half Mile Beach Club(以下HMBC)”で統一して、イベントをやったり、音源を作ったり、ライブをしたり、その概念の中でそれぞれが好きなことをやろう」っていうところで落ち着いたんですね。

その後Haruka(Ba.)さんやAsakura(Syn./Sampler)さんに、バンドをしっかりとやるために入ってもらった。二人はもともと知り合いで、特にAsakuraさんは、都内のDJイベントに呼んでもらったりもしていたんです。

 

——今回はアルバム「Hasta La Vista」のリリースインタビューですが、HMBCと言えば、音楽を媒介したクリエイティブ集団というイメージが強くあります。多種多様なメンバーがクレジットされていますよね。

 

Mafuyu  そうですね。HMBCはバンドでありつつ、イベントを企画するクルーでもあるので、フライヤーやイベント当日の写真を撮るメンバーがいたり、カクテルを作るメンバーがいたり、DJをするメンバーがいたり、いろんな役割のメンバーがいます。彼らとはもともと地元が一緒だったり、近しい友人だったりで、「今度イベントやるんだけど、写真撮ってくれない?」って誘って、そのままメンバーになったり、イベントのフライヤーをいい感じに作ってくれたら、そのままメンバーになるとか、そういう流れでいろんなメンバーが増えていきました。

 

 

Mafuyu    もともと、HMBCを始めた理由としては、あんまり逗子市内で音楽イベントがなかったので、市内でちょっと音楽が聴ける場所が欲しくて始めたので。そういった思いを共有できるメンバーでもあるかなと思います。

 

——確かに。「逗子」と聞けば「石原家」だとか、敷居の高いイメージも。

 

Mafuyu そうですね、東京の人たちと話していると、ちょっと雰囲気の落ち着いた場所っていうイメージが強いですよね。

 

Asakura  近隣の葉山町のイメージがそのまま逗子のイメージになってしまっている部分もある気がします。誕生日にボートもらえる?そんなわけねぇだろ。みたいな。

 

一同笑

 

——最近では“キマグレン”でしょうか。

 

Mafuyu  HMBCを始めたのが2013年だったんですけど、その頃はちょうどクラブ系の海の家が逗子海岸に増えた時期でもあって、海岸の治安がすごく悪くなっちゃったんですよ。それで、海岸での音楽規制ができたり、ちょっと逗子と音楽との関係性が悪くなっちゃった。僕らは逗子も音楽も好きなので、その現実がすごく悲しいなと思って。

 

 

Mafuyu    個人的に逗子はもっと有機的な音楽の方が相性いいよなーと思っていたので、クラブで鳴っているような音楽(ばかり)を流されてもなっていう気持ちもあって「だったら僕らはここに合うと思う音楽でもってパーティをやろう!」と思った。

 

Asakura  あの時(2013年)は、もともと地元に根付いていたフランダンスとかウクレレ教室も一緒に禁止になっちゃった。音楽要素はもろともお灸を添えられた状態だったね。なんせスピーカーが禁止。それはあんまりだろって。

 

Mafuyu  僕らが普段、逗子を散歩しながら聴いている音楽って、もう少し有機的なものだったりするので、そういうムードや佇まい、音像の人たちが演奏できるイベントがあるといいなって思って。ブッキングするときには、逗子の季節感とか町の雰囲気に合っているかどうかっていう点に重点を置いてお声かけしていますね。

 

 

——最近(2017年)の出演者では大比良瑞希さん、Maco Marets、The Wisely Brothers、すばらしか、Beipana、South Penguin。

 

Mafuyu  すばらしか の加藤君は地元が近いので。2014年のイベントに加藤君が来てくれて、近所にこんなに音楽が好きな子がいるんだ!と思っていたら、彼もすばらしかっていうすごくいいバンドをやっていた。その縁でライブにも出てくれたんですよ。印象深いライブは他にもあるけど、みんなはどう?

 

Yuhei 夏に野外(CINEMA AMIGOの庭園)でやった、映画上映と音楽ライブを融合したイベント。jan and naomiさんに、エレキギター2本でものすごいノイズを出したライブを映画(「はじまりのうた」)上映前に演奏してもらったんです。その日 僕はPAを担当していて、近隣から苦情が出ないかと心配ではあったんですけど、実際には全然そんなことはなくて、会場のお客さんもみんな食い入るようにライブを見ていたんですよね。あれはすごかった。あのときは、映画やロケーションの良さに惹かれて遊びにきてくれたお客さんもいたんですけど、そういった方々がjan and naomiさんのライブに見入る…お客さんそれぞれの目的を超えて楽しんでくれる瞬間っていいなあ!って、あの時は特に思いましたね。

 

 

Mafuyu  イベントに来るお客さんは普段からライブハウスに行かないような、近所の人たちも来るから面白い。うちの両親がMaika Loubtéさんのライブをみて、ハマったんですよ!両親がMaikaさんを知るきっかけを作って、しかもハマってもらえたのはうれしかったですね。そういう体験があるから、ブッキングをするときには、積極的に音楽を聴かない人が見てもいいなって思える人たちを選ぶようにもしています。

 

Yuhei  新鮮だったよね、Maikaさんは。

 

Mafuyu  土地柄、CINEMA AMIGOでは生ドラムが使えないんですけど、ライブハウスとは違ったパフォーマンスができて返って新鮮だし、東京から来る人にとっては、ちょっとした小旅行気分で来てもらえる。そういうのもHMBCイベントの魅力かなって思います。

 

——CINEMA AMIGOからは 海も近いんですよね。

 

Yuhei  はい。それを活かしてYogee New Wavesさんが出てくれた時は、海岸の音を録音してたみたいで、それを流しながらライブをしてくれたんですよね。そんな風に、いろんなバンドと交わりながら、僕らも刺激を受けて音楽を作る事が出来ました。

『Hasta La Vista』で言えば、せっかく逗子から音楽を出すので、パブリックイメージでデフォルメされた逗子感じゃなくて、地元のみんなでやっている逗子感を大事にするようにしていますね。海があるけど、湿度が高くて怪しい感じとか、波がないから実際にはサーファーはいないし、とか。

 

 

Yuhei    アルバムの曲名も逗子にあるお店の名前とかにしているんですよ。と言っても、1曲目の「Olives」は、Mafuyuが居た、少年野球チームの名前なんですけどね(笑)。

 

Mafuyu  あんまり深い意味はないんだけどね(笑)。「Blue Moon」はメンバーのYatsuhashiが働いていた海の家の名前。

 

Yuhei  タイトルを先につけることが多い。名前のイメージに引っ張られて曲ができていくよね。

 

Mafuyu  とは言っても「Olives」は少年野球チームのことを描いたわけじゃなくて(笑)、曲自体は単語からのフィーリングで書いています。

 

——逗子という土地以外に、今作のコンセプトとして話された事は?

 

Mafuyu  プライマル・スクリームっていうイギリスのバンドの「スクリーマデリカ」っていうアルバムがあるんですけど、その作品のように、ダンスミュージックとロックバンドの中間くらいの音像を作りたいねっていう話をしましたね。後はみんながそれぞれ膨らませていった。

 

——DJメンバーなどから影響を受けての制作も?

 

Mafuyu  DJメンバーがよくかけているUS / UKロックやソウルなどからも影響を受けていますね。DJの二人は兄弟なんです。

 

——ノエル・リアム兄弟を意識しますね。

 

Mafuyu  彼らはオアシス大好きですからね!他には映像(VJ)、アーティスト写真撮影も写真担当のメンバーがいます。シャッターを押しているから写真にはいないんですけどね。

 

Yuhei  DJのメンバーはポエトリーリーディングとかで参加していたり、元ネタを提供してくれたり、バンド演奏をしなくても音楽制作方面ではバンドメンバーと一緒に作ってくれていますね。

 

Mafuyu  ヒップホップのクルーみたいな感じで、曲によって参加するメンバーが違う。この作品内で一貫しているのは僕のギターくらいで。作品によって演奏している楽器も違う。「スクリーマデリカ」のドキュメンタリーをみんなで観たんですけど、作り方が結構メチャクチャで、ギターが休んでいるときに別のメンバーがソロを弾いて、かっこよかったから採用!とか、歌もボーカルのボビー以外の人が歌ってたりする。

 

 

Mafuyu   そういう流れを観ていて、全然 ありだよね!って思った。音楽の演奏技術はそれぞれだけど、音楽性のすり合わせがある程度できているからできることでもありますね。

 

Asakura  (アルバム制作中は)ちょうど過渡期でもあったんだよね。

 

Haruka  この作品の制作を始めた頃は私もAsakuraさんも、HMBCのメンバーではなかった。

 

Mafuyu  ライブもずっと二人編成だったよね。Asakuraさんは東京でCLATっていうイベントをやっていて、以前に参加させてもらった縁もあってAsakuraさんにシンセとかサンプラーとかをお願いした。

 

Yohei Harukaさんからは「私がベース弾こうか?」って提案をもらったんです。制作では僕がベースを弾いていたけど、ライブとなるとどうしても手が足りない。それに、自分よりも(Harukaの方が)ベースが上手いことも知っていたから、これはお願いしない手はない!ってね。

 

Haruka  Yuheiはそれまでベースを弾きながらサンプラーとか、歌も歌っていたね。私からみたら、ごちゃごちゃしすぎてベースが全然おぼつかない(笑)。でも、メンバーが増えた事がうまくハマって、バンドが出来上がってきたね。

 

 

Yuhei   VJも一曲(#5「monika」)携わっている。「ここはもうちょっと長いほうがいい」って僕らに指示するだけだけど、僕らはそういうのもアリ(笑)

 

Mafuyu  レイブっぽい音楽をやりたくて、レイブが好きなKimura(VJ)にフィーリングをもらう目的で意見を沢山聞いたよね。

 

Yuhei  楽器をやっていると自分が演奏できるかどうかっていうところに引っ張られるんだけど、その曲はめちゃくちゃ構成が長いし、全然違う感じに仕上がったのも面白かった。

 

——無事にアルバムが完成して、集団のあり方について変化はありましたか?

 

Mafuyu  あんまり集団に対して定義づけをしてこなかったんですけど、こうして世の中に作品を出すことになって、もうちょっとバイオグラフィーをしっかりしていこうって、HMBCを客観的に見るようになった。あとは、これからまた音源も良い感じに作れるのかなっていう期待感も湧きましたね。

 

——呼ぶ側だったのが、呼ばれる立場にもなりますね。

 

Mafuyu そうですね、呼んでほしいですね!イベントを企画している人たちだっていう認識がまだ強い気もするので、今回「Hasta La Vista」を出すことで、バンドとして活動しているイメージを持ってもらえる良い機会になればいいですね。

 

——バンドとして、DJとして、VJとしても。

 

Mafuyu バーテンダーっていう役職の人(Yatsuhashi)もいるから、ケータリングHMBCとかね。

 

——飲食!?

 

一同笑

 

——そういえば、マフィンをやらないかって、話をしていませんでした?

 

Mafuyu  そう、最近Yatsuhashiはスイーツも覚えたから、パティシエ兼バーテンダーでクレジットできるなって思っているんです、

 

——メンバーの意欲に対して寛容ですね。

 

Mafuyu  そうですね。土台がイベントなので、いろんな役割を受け入れて行きたいと思ってます。HMBCにマッチさえしていれば、料理を作っている人がいても写真を撮っている人がいてもいい。

 

 

Haruka  彼はただバーテンダーをやっているわけでなくて、イベントで上映する映画をイメージして作ったシネマカクテルを作ってくれるんです。そのドリンクをカメラマンの子が雰囲気よく写真に収めてくれる。表現としてちゃんと出してくれるからHMBCのメンバーとして成立するんです。

 

一同 そう!

 

Mafuyu  イベントを通じたそれぞれのアウトプットで成り立っているのがHMBC。そこの幅が増えるぶんには僕らは楽しいからいいよね。

 

——CINEMA AMIGOの館長さんの存在も。

 

Mafuyu  そうだね、僕らはCINEMA AMIGOがなかったら成り立たないよね。館長の源さんは、逗子で音楽とか、創作をやっている人々をバックアップしたいといったマインドを持っている方なので、僕らはかなり甘えさせてもらっていますね。

 

Yuhei  MVも此処で撮ったしね。今回、MVはAsakuraさんの友人でもある関山雄太さんにMVを撮ってもらいました。コンセプトを出し合っていく中で、モデルの子に出てもらう?とかっていう話も出たんですが。

 

Asakusa  最近増えてる、SNSでフォロワーが多いモデルが出てくる様な内容にしたくなかったんです。

 

Mafuyu  僕らにとって初めてのMVだったし、普段の僕らがよく出ているものにしたかったんだよね。それで、普段僕らがイベントをしている場所(CINEMA AMIGO)で、いつものイベントと同じような感じに極力近づけて撮ったんです。

 

Yuhei  なおかつ、お客さんが実際にインスタグラムにあげている素材も使ったりしてね。

 

Mafuyu  等身大になるべくしたかった。僕らはイベントもやっているから、場所とかイメージとかのギャップがあるとまずいと思ったんだよね。

 

 

——HMBCの活動スタイルは、活動を続ける上でも頭打ちがなさそうな気もしますね。

 

Mafuyu  そうですね!メンバーそれぞれができることを増やしていけるから、音楽的にも幅が広がっていくのが楽しみですね。それに、HMBCは誰かがスランプで止まっても、他のメンバーのアウトプットでカバーできるから、曲が作れなくなったからと言っても活動が止まることはない。アウトプット方法が色々あるからこそ、HMBCを続けていくことができますね。

 

 

【リリース情報】

アーティスト:Harf Mile Beach Club

アルバム:Hasta La Vista

リリース日:2018/04/18

価格:¥1,500+税

販売元:ウルトラ・ヴァイヴ