2018
04.25

冨田勲の幻のシンセサイザーワークが発掘される

NEWS, RELEASE

2016年5月5日に逝去した、世界的シンセサイザー・アーティスト冨田勲の幻のシンセサイザーワークが発掘、5月23日に「MISSING LINK of TOMITA 冨田勲 日本コロムビア初期作品集 1953~1974」に収録されてリリースされる。
冨田といえば、1974年にシンセサイザーによるアルバム「月の光」で日本人初のグラミー賞にノミネートされて以降、世界的に注目される作曲家。今回の「MISSING LINK of TOMITA」は、そのキャリアのスタートからシンセサイザー・アーティストとして名声を得るまでの約20年の知られざる作品群を集めたものとなる。中でも、ラストに収録されている1974年制作の「愛 《コムポジション―習作》」は、冨田がモーグ・シンセサイザーを使用して制作した最初期のまさに幻の作品であり、すでに冨田がシンセサイザーを創意あふれるかたちで操っていることがわかる貴重なドキュメントとなっている。
ジャケット写真も本日公開。アートワークデザインは、冨田の晩年の作品のアートワークを多く担当した宇川直宏が手がけている。