2018
06.05

反田恭平 、7月に全国ツアー連動アルバムリリース

NEWS, RELEASE

日本の若手ピアニストの中で名実ともにNo.1の地位を確立している反田恭平が、古典派・ベートーヴェンに対峙する。昨年に続きコンサートの予習もできるアルバムとして企画された「リサイタル・ピース第2集」は、ツアーのプログラムの中から、三大ソナタ「悲愴」「月光」「熱情」を収録。ピアニストの王道中の王道とも呼べるこの3曲と、反田がどのように向き合うのか。
本日、ジャケット写真とともに、各レコード店での特典の内容も明らかになった。さらに、今回のアルバムでは、購入者特典として反田によるベートーヴェン「エリーゼのために」の演奏映像をダウンロードできることも発表された。詳細はこちら