2018
06.06

豪ペニー・イキンジャー 、国内名手集めてアルバムリリース。来日公演も

LIVE, NEWS, RELEASE

オーストラリアのPJ Harvey“の異名を持つPenny Ikingerによるアルバム『TOKYO』が、初の日本盤としてリリースされる。

オーストラリアのパンクレジェンドRadio Birdmanのオリジナルメンバーとして知られるDeniz Tekがギター&共同プロデュース、共作でのソングライティングと全面的に参加している作品で、バックバンドにはギターに恒松正敏(元フリクション、E.D.P.S)、川口雅巳(ニューロック・シンジケート、ドロンコス)、ベースにルイス稲毛(夜光虫、魔術の庭)、ドラムに酒井圭一(元鳥井賀句&ハルシオンズ)、尺八に長嶌BEM宏(元じゃがたら)、二胡と三線に大関ジュンコ(SIM SIM BBQ)という日本のアンダーグラウンドシーンの名だたるミュージシャンたちが集結した1枚となっている。

今回リリースされる日本盤のみ先行発売/ボーナストラックとしてDivinylsのヒット曲「Boys In Town」のカバーを収録。マスタリングは中村宗一郎氏、アートワークは元ザ・ファントムギフトのサリー久保田氏が手掛け、エキゾチックなジャケット写真も公開された。

リリースを記念して7月26日は荻窪のClub Doctor、7月27日は四谷OUTBREAK!にてライブも予定されている。