2018
07.11

【INTERVIEW】Academic BANANA初インタビュー “東京”とは“決意”

ARTIST, INTERVIEW, NEWS, RELEASE

東京を拠点とする4ピースバンド Academic BANANAが、結成間も無くして早くも諸部作EP「東京」をリリースしました。

本当に多くのアーティストが挑んできた「東京」というタイトル。あえて主観的なアーバン感を肯定して構築された率直な7曲は、彼らにとっての東京を象徴する東京タワーのアートワークと歌謡メロウが気持ち良いくらいに合致しています。決して裏を書こうとせず、だからと言ってタダでは終わらない“気迫”は、鮮度が抜群。何を隠そう、バンド内でマスタリングまで完結できるからこそ、なのでしょうね。

この日はあいにくの雨でしたが、そんな“気迫”の影響か、取材時だけ雨が上がったことに驚きました。色々“持ってる” 2018年バンド“アカバナ(Academic BANANA)”の初インタビューです。

 

撮影・取材・文=田中サユカ

 

——本日ご指定のこのお店「E-ra」は?

 

齋藤  たまたま見つけた店なんですけど、美味しいから頻繁に来てます。特に刺身が美味しくて。前バンドが解散する時に、清水とここに飲みにきたよな。

 

——前バンドはどう言ったスタイルのバンド?

 

齋藤  僕がやっていたのは女の子ボーカルのユニットで、僕はギターで、ボーカルも担当していました。その時にサポートを健太にやってもらったり、レコーディングを清水にやってもらっていた。その頃にはもうメンバーとのつきあいが始まっていましたね。

 

清水 知り合ったのが高3か。

 

齋藤  バンドのコンテストがあって、僕らは中四国代表で出ていたんです。この二人(健太と清水)は東海代表で出ていて、出会いはそこからですね。

 

——小林太郎さんのツアーに参加されていますよね。

 

齋藤  そうです。健太と清水は「小林太郎とマサカリカツイダーズ」で全国大会に出て、優勝したんです。それでボーカルの小林太郎はそのままテレビ朝日ミュージックと契約してデビューして。

 

——その後に小林太郎さんは独立されたんですね。

 

齋藤  そうですね。彼は18歳からずっとテレ朝ミュージックにいて、一人で何かやろうとしても右も左もわからない。そういう話をここ(E-ra)でよくしていました。彼の独立のタイミングと僕の以前やっていたユニットの解散のタイミングが重なって、一緒にレーベルをやることになりましたね。それで今回のEP「東京」もそこからリリースすることになりました。

 

——同志のような存在ですね?

 

齋藤  そうですね。7曲中6曲は小林太郎がコーラスをやっていますし。彼のマネージメントは僕が担当しているし。(笑)

 

——バンド「Academic BANANA」自体を結成しようと思ったのは?

 

齋藤  2017年の夏に僕が活動していたユニットが解散したのがきっかけです。清水とE-raに飲みに来て、「なんかやろうよ」って清水から言って来てくれましたね。

 

 

齋藤  いざメンバーを決めることになって、ベースは健太しかいないって即決。リズム隊は二人みたいなマニアックな人間が良かったんです。ギターは今回サポートしてくれているブルースマン杉田。彼はアレンジャーとしても活躍しているから、正式なメンバーから一歩引いた目線、ミスチルで言えば小林武史さんみたいな感覚でいてもらいたいなって(笑)。それからピアニストの大浦。鍵盤は彼のようにかっこいい男がよかったんですけど、当時、そんな人は僕の周りにいなかったんですよね。ちょうど昔関西で活動をしていたバンドを思い出したんです。そこのキーボーディストが大浦で、彼を誘おうと思った。彼は一回音楽を辞めていたことも知っていて、鳥取にいることも知っていた。

 

大浦  鳥取で飲み屋のボーイをやっていました。

 

一同笑

 

齋藤 すげー自己中な考えなんですけど、じゃあ呼んじゃえば良いや!って。で彼のTwitterを見たら、たまたま上京したタイミングだったんですよね。

 

大浦  音楽を諦めきれずに上京したんですよ。いきなり不信なDMで「一緒にバンドを組みましょう!」ってきて、資料もなかった。一応demoを送ってもらったら、めっちゃよかった!

 

齋藤 ボーカルは僕がやっているんですけど、僕は一度歌うことを辞めた人間。自分が歌わなくてもゲストボーカルを迎えながらやっても良いかな、って思っていたくらいなんです。でも、大浦や清水が「齋藤の歌がいい」って言ってくれたのが、改めて歌うきっかけになりましたね。

 

——嘘でしょ?て 言うくらい前面に出ていますけどもね(笑)。

 

一同笑

 

齋藤  フロントマンって、歌だけでなく生き方としても引っ張っていかなければいけないから覚悟が必要なポジションでもある。だから、メンバーが推してくれて「これはやらなきゃな!」って決意することができましたね。

 

健太 よくも悪くもコーラス向きではないよね。メインに出てきちゃう。

 

清水  前のユニットをレコーディングをさせてもらっていた時から、メインを歌ってる女の子の歌よりコーラスの齋藤の方が存在感がデカいのが妙に面白くて(笑)

 

——ボーカルの存在感だけでなく、サウンド的にもそれぞれのバックボーンが生かされていますね。

 

齋藤  僕はフォークとか…昔のテレビ番組『速報!歌の大辞テン』で流れる日本の古い音楽から影響を受けましたね。あとは両親の影響。洋楽もかっこいいけど、日本人だからわかる詞の世界観をとかが好きで。

 

健太 僕は歌モノよりもインスト、フュージョンとかジャズが多いかな。プログレも好きで聴いていましたね。歌ものをやるようになったのはむしろ上京してからくらい。今やっている音楽はメロディが大事だと思っていて、その上でギターとかベースとかどう乗っけるのか、どう耳に残る音楽にしていくかが、個人的な目標。実は僕、昔ピアノをやっていまして、ピアノから考えることもあります。大浦には全然叶わないけど(笑)。

 

大浦   いやいや、僕のアイディアが煮詰まったら健太くん!メンバー間では困ったらさすけんさん(さすが健太くんの略)って呼んでます(笑)

 

一同笑

 

健太 でも、残念なことにリアルタイムでは弾けないので。だいたいで弾いて合わせているから、ライブで弾くとひどいことになります(笑)。

 

大浦 僕はクラシックピアノを小さい頃からずっと習っていました。でも、歌謡曲を聴くのもすごく好き。ちょうど20歳の時にクラシックをやめてJ-POPに転向しました。

 

——ちなみに当時、大浦さんはどうして一度音楽を辞めようと思いましたか?

 

大浦  僕はバンドを2回組んだんですけど、2回目の活動休止の時に「もういいかな」って、パッと辞めましたね。でも鳥取がなんもなくて、魚釣りくらいしかすることがない!

 

一同笑

 

大浦  貧乏をするかもしれないけど、一生魚釣りと飲み屋のボーイをするよりは音楽の世界に飛び込んでみたいと思って、再び上京しました。

 

清水 僕はフュージョンとかですかね。あとはハードロック。詞よりもサウンドやテクニックに惹かれてました。でもテレ朝の全国大会くらいから歌にフォーカスするバンドが良いと思うようになりました。それからしばらくレコーディングエンジニアをしていて、バンド活動をやっていなかったから、もしバンドをやるとしたら絶対歌モノがいいなって思っていました。だから今回は絶好の機会だと思って参加しました。

 

 

齋藤  彼はこの作品「東京」でもエンジニアをしてくれているんですけど、メンバーの中にエンジニアがいると、バンドのやりたいことが反映されやすいからいいよね。ヴォーカルディレクションも彼がやってくれるので、独りよがりの歌にならないし。

 

大浦 そうだね、うちにはエンジニアもアレンジャーもいるしね。

 

健太 やりたい放題だね(笑)。

 

——では他バンドの受注も?

 

齋藤    そうなんですよ、受けたいですね!気になるアーティストさんは是非オフィシャルサイトからメールください。

 

 

 

 

——実際に活動を始めてからの感触は?

 

齋藤 2017年12月に結成してからすぐにライブ会場限定のCDを出したし、小林太郎のツアーも決まっていて、良い滑り出しができると思っていたんですけど、大浦がギランバレー症候群っていう、手足が痺れる病気になってしまったんです。まさに収録曲「東京」のレコーディング最終日に発症してギリギリの状態で最高のプレイをしてくれました。

 

大浦  有名人も何人かなっている病気ですね。全身が痺れて動かなくなる。

 

齋藤  だから小林太郎のツアーでのオープニングアクトは大浦抜きでやったね。大阪だけは一時的に復活して、二人体制でやったね。

 

——それは大変でしたね。キーボードが担う役割の多い楽曲が揃う中で…

 

齋藤  そうなんですよ。だから、本来ならリリース前にがっつり動くところを 僕らの場合はリリースからがっつり動くぞ!っていう気合いでいます。

 

——EPタイトルが「東京」。2018年にスカイツリーではなく東京タワー。

 

大浦 あえて歌謡曲っぽさが出ていますよね(笑)。

 

一同笑

 

齋藤  僕が上京した頃ってスカイツリーがなかった。それに、上京して部屋を探した日に父さんと一緒に東京タワーに行ったんです。だからこのアルバムに込めている「東京で生きていく決意」は東京タワーで表したかったんです。

 

大浦  僕は最初に上京した時、地元福岡から東京まで歩いて上京しました。一人大名行列!

 

一同笑

 

 

——正式なリリースライブはこれから企画されるそうですが、対バンしたいバンドは?

 

齋藤  僕は少し無茶言うとSUPER BEAVER と対バンしたいです!なんでかというと、僕らが超忙しいレコーディング期間中にここに飲みに行ったら、SUPER BEAVERのヴォーカルがウハウハ…楽しそうに飲んでいたから!

 

一同笑

 

齋藤  それに彼らは自分たちでも言ってるけどメジャー落ちしてインディーながら武道館まで行って、ミュージシャンの生き方としてかっこいい。ギターの柳沢さんが書いた歌詞も説得力があるし、それをヴォーカリストが届けているのが悔しいけどかっこいいし。それに、今作のレビューを別メディアで載せてもらったんですけど、隣がSUPER BEAVERだったんですよ。しかもリリース日も同じ!これで勝手に意識しちゃいましたね(笑)。ジャケ写も東京タワー映ってるし。

 

大浦   僕はミスチルで育ったから桜井さん。あ、ビッグネームすぎか(笑)!

 

健太 (フューチャリングなら)ギタリストとかベーシストを呼びたいですね。日本のアーティストだったらベースで亀田誠治さんとか、(東京)事変の方々!

 

齋藤  リリースイベントではかっこいいバンドとできるよう僕等もこれからしっかりライブを仕上げていきます!

 

 

撮影協力=E-ra(イーラ)

 

 

 

 

【リリース情報】

アーティスト:Academic BANANA

EP:東京

リリース日:2018/06/27

価格:¥1,500+tax

レーベル:MOTERSMILK RECORDS

Academic BANANA Web 

Twitter