2018
07.29

カジヒデキ、50代最初のリリースは伝説の雑誌”Olive”愛

NEWS, RELEASE

51才の短パニスト、カジヒデキがEP「秋のオリーブ」をリリースする。

本作は25年来の盟友・堀江博久プロデュースの下、この2年の間に数回ライブ・サポートもして親交を深めて来たおとぎ話との2曲のセッションは、来るべきニューアルバムへの序章とも言える内容で、ジャケットのイラストには漫画家、岡崎京子の作品「恋人たちⅡ」のイラストを使用。ブックレットや宣材写真の撮影には90年代雑誌「Olive」の撮影を担当していた天日恵美子氏によるもの。まさにカジの「Olive」愛を表現した一枚と言えそうだ。

 

 

また 8月26日にはカジヒデキがキュレーターを務めるフェス「PEANUTS CAMP 2018」、9月15日「KOYABU SONIC 2018」で、おとぎ話、堀江博久とともに新曲を披露する予定だ。以下はカジ本人のコメント。

 

 

今回のEP「秋のオリーブ」は僕にとって、ホップ・ステップ・ジャンプ (表現が古くて申し訳ない) のステップ盤になります。
ホップ盤は、今年の春に開催したカフェライブツアーのライブ会場でのみ販売した4曲入りカセット「THE PERFECT DAY E.P.」で、ジャンプ盤は来春リリース予定のフル・アルバムになります。

そもそも、この作品のタイトル曲「秋のオリーブ」を含む2曲のプロデュースをしてくれた長年の友人であり、DOTS + BORDERSの相方でもある堀江博久くんとガッツリと一緒に作品を作ろうと話したのは、昨年6月のこと。昨年8月頃から曲作りを始めてはいましたが、その頃からこの春までの間に、様々なアーティストへの楽曲提供やプロデュースの仕事が入り、ようやく今年のGW頃から、後回しになっていた自分自身の作品にやっと着手出来たという感じです。

今回のEPのタイトル「秋のオリーブ」は、個人的にもとても好きだった雑誌「Olive」からインスパイアされました。最初にCDのタイトルを「秋のオリーブ」と決めて、歌詞を書き始める前に曲タイトルも「秋のオリーブ」「夏の終わりのセシルカット」にし、そのイメージから歌詞を書き始めるという、僕にとっては異例の作業をしました。

そう、このEPのテーマは「オリーブ」。「夏の終わりのセシルカット 」の歌詞が書きあがった時、ジャケットは岡崎京子さんが書かれたセシルカットの女の子のイラストを使いたいと直感で思いました。そして、アーティスト写真やジャケットのインナーの写真は、90年代「オリーブ」で大活躍され、98年から2年ほどやらせて頂いた僕の連載「半魅力的な僕の生活 – Semi-Charmed Life 」のページの写真も撮ってくれていた天日恵美子さんに撮影して頂きました。連載終了以来なので、実に18年ぶり!
それくらい、個人的レベルでオリーブに対する愛情を、ささやかに爆発させたのが、この「秋のオリーブ」です。

その2曲をプロデュースしてくれたのが堀江博久くん。彼の提案で、一昨年から時々僕のライブのサポートをしてくれているバンド「おとぎ話」と一緒にやることが決定。
僕自身も彼らのファンであり、彼らの楽曲には「きゅーと研究会」というのがあるくらい、とてもチャーミングなバンド。素晴らしい演奏と歌で強力にサポートしてくれました。
他の2曲は冗談伯爵の新井俊也さんが編曲。昨年12月にNHK Eテレの朝の人気番組「シャキーン!」用に書いた「きみはちから」のアレンジを新井さんに依頼したところ、僕の想像を遥かに上回るトラックを作って下さり、この春に千葉信用金庫のCM用に書いた「大好きな街」でも、その強烈な才能を遺憾無く発揮してくれています。
ちなみに「きみはちから」は個人的にもとても気に入っている曲で、アコースティックセットのライブでは昨年11月頃からずっと演奏をしてきました。
そして昨年の夏、僕がキュレーターを務めるフェス「ピーナッツキャンプ」用に作った「ピーキャン音頭」も、この度日の目をみることになりました。初の音頭制作でしたが、ここ数年は野宮真貴さんが、かつてのピチカートファイブの名曲の盆踊りバージョンを作られていたので、それもインスパイアされましたし、元を辿って行くと大瀧詠一さんだったり、レジェンドな方々のスピリットも盛り込んでみました。

90年代からの素晴らしい仲間やカルチャー、そしてここ数年仲良くなった新しいブラッズ。「オリーブ」というテーマの下、自分なりにとても納得のいく作品が完成しました。これが次のジャンプ = フル・アルバムに強力に繋がっていきますので、どうかこの50男のピュアなパッション(情熱)にご賛同頂けたら嬉しいです。

2018/7/27 カジヒデキ