2018
08.13

RSR2018即レボ!ーサカナクションー

ARTIST, BLOG, EVENT, LIVE, NEWS

雨が降る夜のSUN STAGEに登場したのはサカナクション。青い幻想的なライトに覆われたステージがパッと明るく照らされると、山口一郎が指揮者となってバンドを率いながら、「サンプル」でライヴがスタート。そして「アイデンティティ」「セントレイ」とアップテンポのナンバーを立て続けに披露し、雨もお構いなし!といった具合にたくさんの手が上がる。4年ぶりに地元へ戻ってきた彼らのパフォーマンスを、この場所に集まったすべての人が身体全体で楽しんでいることが伝わってくる。


鍵盤の音色から回転するように展開していく「ネイティブダンサー」から、流れるように入っていった「ライトダンス」では、アグレッシブなベースソロにうねうねとしたギターが絡みつき、サイケデリックな空間を生み出す。さらに、「風が気持ちいいですね」という山口の言葉から、ループするデジタルサウンドが心地よい「多分、風。」へ。曲のラストで暗転し再びライトがついた瞬間、5台のmacの前で横一列に並ぶ5人。一瞬の場面転換で「ミュージック」へと続いていく。曲中で再び暗転し、次に明るくなった時にはもとのバンドセットの状態に。おなじみの演出だが、このだだっ広い石狩の土地でのそれは、鳥肌が立つほどに、よりスケール感がアップして見えた。

 


ライヴ終盤の「ルーキー」では、山口のシンセ、ギターの岩寺とベースの草刈が鳴らす太鼓のリズムが雄大な土地に響き渡る。だんだんと大きくなっていくサウンドに比例して、会場全体の人の動きも大きくなっていき、レーザーが夜の雨の空に真っ直ぐ伸び、「ライジングサンロックフェスティバルー!」という山口の声を合図に、会場の熱気は一気に最高潮へ。「まだまだ踊れますか? 明日、山下達郎さん来るんですよね? 羨ましいわー!」と笑顔いっぱいに山口が語ると、ラストナンバーとなる「陽炎」を披露。バンドマイクなった山口はステージの左右を動き回り、さらに強まる雨を物ともせずにSUN STAGE前方に用意されているお立ち台のほうへ。雨に打たれながらも、この場所へ集まった人たちと共に音楽を楽しんで唄う彼の笑顔は、まるで小学生のよう。あの純粋無垢な表情は、やはり生まれたこの北海道の空の下だからこそ見られたものだろう。


アンコールでは、バンドの初期の時代を代表する「三日月サンセット」を。彼らがまだ北海道にいる頃に作られた曲だ。どんなにバンドが大きくなろうが、どんなにドラマチックで派手な演出が加わろうが、今でも彼らの根っこにあるのは、この北の大地で始まった、音楽がバンドが好きだという純粋な思いなのだろう。「ありがとう」と大きく手を振ってステージを去っていったメンバーは、やはり子供のように楽しそうであった。