2016
01.26
リサイズIMG_2412

【INTERVIEW】アブナイSSW北村早樹子「愛って言葉がいけないんです。」

INTERVIEW

北村早樹子の作品を初めて聞いた時、真っ先に戸川純さんの「蛹化(ムシ)の女」を思い出して喜んだ。そして彼女の新作『わたしのライオン』を始めて聞いた時、真っ先に「遂に目に見えるカタチになったぞ!」と喜んだ。本作は誰が聞いてもまず音が決定的に違う。レトロな構造を崩さずに音の透明感をそして厚みをプラスした難技には拍手を送る他ない。それにより浮き彫りにされるエロス。このエロスの定義が時代によって移りゆく中で「今」を皮肉るような質感こそが彼女の無意識な秘技であり、それらは「女性の悪と性が正常に納められた魅惑の現実」とも言えようか。

インタビューでの彼女はお馴染み「アウト×デラックス(フジ系列テレビ番組)」どおりの「変わった雰囲気」調でゆっくりと語ってくれたのだが、その眼差しは作品どおりの「シミだらけの人生」調に静かに現在を見据えていた。そして、興奮すると可愛い。

彼女をまだ「異色」で片付けるか?僕はそうは思わない。大多数を占める女子に潜む悪と性をデザインするマルチ女子クリエイター、そう映っている。

 

IMG_2401

 

▷大阪にお住まいで?

 

北村 いえ…もうこう、こっちに住んで7年目とかです。関西弁が抜けないだけで。

 

▷どうですか?大阪と東京って。

 

北村 もう全然!東京の方が馴染んでるというか…。東京大好きなので、むしろ大阪は帰りたくもないみたいな感じなので(笑)。

 

▷(笑)どうですか?

 

北村 やっぱりね、人の感じとかが全然違う。

 

▷大阪の方とお話しする機会があったんですけれど、東京ではみんなが信号を守っていてびっくりするって。

 

北村 そうそう、そうですね。大阪人は反対側の信号がピカピカしてるときは行ってもいいっていうことになっていて。本当は良くないんですけど(笑)。

 

▷今日は、アルバムについてのお話しと北村さんについてのお話を少し伺いたいと思っています。

 

北村 よろしくお願いします。

 

▷まずはおめでとうございます!

 

北村 ありがとうございます。

 

▷10周年にリリースされた『グレイテスト・ヒッツ』以来ですよね。

 

北村 いつもはソロだから自分の采配のみで作っていたんですけど、今回はプロデューサーさんがいて、その方に編曲ごとお任せするっていう形だったので、人と何かをしっかり作るっていうのを初めてやったので…

 

▷難しかった、ですか?

 

北村 いや、それがレコーディングもすっごく楽しかったです。一人でやっていると、どうしても自分で自分を追い詰めてしまっている感じなんですけど、プロデューサーがいることによって「ああして・こうして」って言われるのに乗っかっていけば良い感じだったので、すごく楽しくレコーディングできましたね。

 

▷まず、音が格段にクリアになった印象を受けたのですが。サウンドプロデューサーが中村宗一郎さんですね。

 

北村 最初は「すごく気難しいオッサンだろう」と思ってビビっていたんですけど、いざご一緒してみると、本当に「面倒見のいいオッサン」って感じでお世話になっておりますね、いろんな面で。

 

IMG_2382

 

▷北村さんの楽曲っていうとまずは“個性的な歌詞”だと思うんですけど、音質がクリアになった分、音数が増えても歌詞が入ってくる、入ってくる!一曲目が「本日の悲報」。出だしが「日本でいちばん臭いらしい…」。かなり衝撃的です。

 

北村 いきなりそれですもんね(笑)。

 

▷しかも三拍子ってわりとポップでは扱われないようなリズム。でも北村さんは躊躇なくよく使いこなされていますよね。

 

北村 私、好きなんですよ、三拍子。四拍子よりも三拍子の方が出て来やすいんです。「ずんちゃっちゃ、ずんちゃっちゃ…」みたいなノリが好きなのか、私の曲にはわりと曲が多い。

 

▷アルバムタイトルもすごい。『わたしのライオン』は曲にもありますが、曲から作れらたのですか?

 

北村 はい。「わたしのライオン」っていう曲がそのままアルバムタイトルになりました。

 

▷リード曲になるわけですが、これもかなり歌詞が…スゴくないですか?

 

北村 ちょっとエロいというか…

 

▷エロいって言うか…エロい、ですよね(笑)。

 

北村 そうなんですよ(笑)。

 

▷すごいですよね。「ようこそ待っていました 狭いところですけど…」って。例えばこれをカヴァーで歌える人がいたら紹介してほしいくらい。誰も歌いこなせないでしょう?

 

北村 なんですか、それ(笑)!誰でも歌えませんか?

 

▷この世界を表現できる人ってなかなかいないでしょう。

 

北村 ヤラしい歌ですよねえ、本当に!

 

▷別の方が歌ったら、変にいやらしくなったり奇をてらう感じになったりしちゃう。これは北村さんの天性としか言いようがないから、ちょっとズルい!なんて(笑)。

 

北村 私はおっぱいも全然ないんですけど、エロさみたいなのが人より少ないからちょっとギョッとするくらいのことを言っても許してもらえているんちゃうかな?って。多分、本当にグラマラスでヤラしい感じの人がエロいヴォイスで歌うと、ちょっとやりすぎな感じになるかもしれないんですけど、私は残念ながらあんまりないんで、なんとか許してもらえているんだと思います。もう三十路なんですけど(笑)。

 

▷いやね、私はこれが北村さんの最強の武器の一つなんじゃないかって思っているんですよ。例えば私はこの作品を通して「エロスとは何か」と考えるわけですよね。或いは「色気とは何か」。叶姉妹のように直接的なものだけがエロスじゃない。誰が操作するのか、そうなりがちですけどもね。このサウンドになってから余計に北村さんの考えるエロスが浮き出てきた。

 

北村 あら!

 

▷それに加えて最小限のノイズやエレキの男臭さや汚さで“エロ”がさらに引き立つんですよ。これを読んでから作品を聴いてくれた方は「エロくねえじゃん!」っていう人もいるかもしれない。でも、きっと頷く方も多いと思うんですよね。

 

北村 私は意外とエロスとは無縁の人間と思われがち。それこそ「アウト×デラックス」という番組を観た人が「バツイチなんです〜」っていう私の発言に対して「絶対バツイチなワケないだろ〜!コイツ処女だろ〜!」ってつぶやかれたりしていて。

 

IMG_2369

 

北村 それを見て「処女って思われるんや〜あ…。」みたいな感じがあったんです。「普通に30代女子が起きるくらいの…それくらいのことはやってるぜ?」みたいな(笑)。そんなに経験豊富なワケじゃないですけど、(私の作品は)女の人なら誰しも思うようなことなんじゃないかって。

 

▷むしろ女性の世界をそんなに知らない男性がそういうのかも!あんまり良い例えが思いつかないんですけれど…例えばE-Girlsみたいな女子はほんの極一部で、大多数は“ただの女子”。男子がゲームやスニーカーに対し夢中になるように、女子も何かに夢中になったりするわけで。因みに、いちばんお気に入りの曲はどれですか?

 

北村 やっぱりリード曲になった「わたしのライオン」。こういうアレンジになって、すごく気に入っていますね。あとは、森下くるみさんが歌詞を書いてくださった「みずいろ」っていう曲があるんですけど、自分では書けないような言葉。くるみさんはわたしのパーソナルな部分をわかってくださっている方なので、すごく当て書きをしてくださっていて…「泣いちゃう!」みたいな。

この「いろんなことがあったけどもね この染みだらけの 人生がとても だいすき」ってい言うところがすごくないですか?

 

▷うん…ああ、いいですね!染みだらけの人生。ぐっときますね。

 

北村 みなさん自分に当てはまる方もいらっしゃると思いますね。

 

▷森下くるみさんは北村さんのお友達ですか?

 

北村  くるみさんの『すべては「裸になる」から始まって』という本を読んですごく感動して、ファンになったんです。

3年くらい前に私が出た映画と同時上映されていたのが森下くるみさんが脚本を手がけた映画で、その時に配給の人に「ファンなんで、チョット紹介してもらえませんかね?」とかいって近寄って(笑)。

 

IMG_2396

 

北村 当時は家が近所だった時もあったのでくるみさんが「遊ぼうよ!」って言ってくださったんです。そこから色々ご飯を食べに行ったり家にお邪魔したりして仲良くさせていただいています。だから私の卑屈な部分や暗い部分をわかってくださっているので、良い曲を書いていただけたんだと思います。

 

▷では、今回北村さんが作詞をオファーされたんですか?

 

北村 そうですね。多分作詞をお願いしたのは初めてだと思いますね。そういうことを誰かに…。

 

▷そうですよね。北村さんといえばシンガーソングライター。それから劇団もされていますよね。

 

北村 いえ、客演で呼んでいただいてちょっと出していただいてる程度ですけど。お芝居はご覧になりませんか?

 

▷そうですね。実は大々的な商業演劇などが少し苦手です。

 

北村 あ、私もです!「愛」とか「夢」とか「希望」とか大嫌いなんです。

 

▷「夢は叶う」って、責任重大発言じゃないですか?慎重に扱いたい。

 

北村 そうなんですよ。夢は大抵叶わないもん!あと「愛」って使うからおかしくなるんですよ。

 

▷確かに。「愛」っていうのも割と安易に使われやすいけれど、これもかなり慎重に取り扱いたいですよね。

 

北村 愛って、すごく美しいものとして扱われがちですけど、すごく危ないものやと思うんです。それは男女間の愛もですけど、親子間とかも、愛すること愛されることって、どっちもめっちゃ危険な行為と思ってて。だからわたしは、愛と名の付くものから逃げてしまう節があって。だけどこれは本当は誰よりも愛を求めてしまってることの裏返しかもしれなくて。その煩悶の結果が「孤独ちゃん」っていう歌になってたりします。

 

 

▷そうですね。実は「アウト×デラックス」に出演されたのを知ったのは北村さんを知った後だったんです。

 

北村 そうだったんですね!

 

IMG_2389

 

▷だから今回、北村さんがこの作品を発表されるに当たってより明確に北村さんご自身への理解が深まると思うと嬉しいですね。

 

北村 今までは自分で曲作って自分でピアノ弾いて自分で歌って、という一人完結しちゃってるアルバムだったので、あんまり音楽的ではなかったと思うんです。音楽というより、ただの独白、みたいな感じで。それが、今回中村さんっていうプロデューサーがいて、バンドメンバーがいて、色んな人と作ったことによって、はじめて音楽的になったんじゃないかなと思ってます。でも、色んな音が入ることによって、歌詞そのもの言葉そのものの印象は薄れるんじゃないかなあと思っていたのですが、今、「歌詞が入ってきた」て言っていただけてうれしかったです。

 

▷北村さんの毒が出ている。無駄なく足されている感じがしますね。毒を引き立たせる音と言ってもいい。わかりやすくなった。

 

北村 わかりやすくなったって感じがしますね。私の歌詞もそうですけど、声質も人が不快になってしまう音域で歌っちゃう。それがみんなを遠ざけるんだな…って薄々思っていて。

 

▷そうなんですか?

 

北村 ちゃんとした高音でもなく、無茶をして歌っちゃうタイプで、それが私の芸風になってしまっている節もあるんです。その歌い方を中村さんは「やめてほしい。」「全体的にキーを下げてほしい。」っておっしゃったんですけど「それだけはちょっとやめられへんなあ…。」って思った。「それはちょっと出来ないんです。」って思い切って言ったら「じゃあ、もっと違うやり方で聴きやすくしようか。」って言ってくださって、結果こういうアレンジになりました。

 

IMG_2425

 

北村 今回は中村さんには全体的なプロデューサーとしてやっていただいたんですけど、わりと普段はエンジニアとか音だけの専門家でいらっしゃるので、ヴォーカルの録り方ひとつ、同じ歌い方をしていても聴きやすく聞こえる録り方をしてくださったから、痛々しく聞こえない。でも私自身の歌い方は変わっていない、本当に良い具合の作品になったんじゃないかなって思います。

 

▷そうですね。所謂優等生の歌い方じゃないんですよね。

 

北村 ですね。

 

▷それが良いんですよね。このアルバムで最も北村さんのビブラートが堪能できる「卵のエチュード」。全然嫌な感じがしなかった。

 

北村 それは中村さんの録音の仕方がすごいお上手なんですよね。生々しく録っちゃうと、痛々しく聞こえるので。

 

▷「卵のエチュード」と「マイハッピーお葬式」は人気曲の再録ですね。

 

北村 そうですね、アルバムとしては。

 

▷「マイハッピーお葬式」は、ますます誕生日っぽいですね。ハネまくってますね。中盤からダンスチューンになるっていう。

 

北村 そうなんです!「可哀想な人の歌」って感じですね。

 

▷3曲目(「からすの蒲団」)なんて「自分から 汚した身体は もう洗ってもとれない泥が」ですよ?これはすごい。

 

北村 ものすごく暗い歌ですね。

 

▷…実際、北村さんは普段から暗い方なのでしょうか?

 

北村 どうなんでしょう…?もはやどれが本当の自分かはもうわからないんです。昔はすごく24時間暗かったんですけど、ある程度歳くってきたら、楽しく生きる術を見つけざるを得ないというか、辛気臭い顔をして辛気臭く振舞っていても周りが迷惑だろうから「アホになってナンボや!」みたいな感じで、ついついそういう変なサービス精神を発揮して大体失敗するって感じなですけど(笑)。

 

IMG_2412

 

▷このジャケットのイケイケな感じ!面白い!

 

北村 今回はイケイケにしよう!と思って。

 

▷超好きです、これ。

 

北村 ね、悪そうじゃないですか(笑)?バットなんか持って。

 

▷はい。弱そうですけどね(笑)。

 

北村 そうなんです!バット持っているのに弱そうっていうのがね(笑)。でね、この下の線一本がね、すごく端っこにいる可哀想な感じが出ていて「すごい!」と思ったんですけど!

 

▷本当だ!端っこで頑張っているちっちゃい不良。でも、結構みんなそうなのかも。

 

北村 そうですよね。「みんなそうやって頑張って生きているのよ」っていう。

 

▷素敵!このコーディネートは北村さんの私物ですか?

 

北村 そうです。私の持っている服の中で最大限悪そうな感じでいったらこんな感じです(笑)。

 

▷これ(上着)いいですね!

 

北村 スカジャン。

 

▷しかも花柄。確かヘアスタイルは北村さんご自身でずっと髪を切っていらっしゃるって?

 

北村 そうなんです。でも番組ですごくオシャンティな切り方をされたので…ちょっと伸びてきたので良かったんですけど(笑)。

 

▷美容師さんに見せたら絶賛していましたよ。「この切り方がいちばん難しいんだぜ!」って。

 

北村 その番組で連れて行ってもらった美容師さんにも言われたんです。「そりゃだって15年切っていますからねえ〜!」みたいな(笑)。同じ髪型だけ15年切っていたら、そりゃ上手になりますよ。

 

▷これからライヴも控えていらっしゃるんじゃないですか?

 

北村 そうですね、レコ発が3月にあるんですけど、今まで独りぼっちでのライヴばっかりでバンドでライヴっていうのはほぼやったことがないので、ちょっと不安ですけど…。

 

▷でも、楽しそうですね!

 

北村 楽しくやりたいですね。

 

▷私も楽しみです。生で聴いたらどうなるのかな。

 

北村 頑張りますっ!

 

 

リサイズkitamura_sakiko_2015

【リリース情報】

アルバム:わたしのライオン

アーティスト:北村早樹子

リリース日:2016.01.27

価格:¥2,315(+tax)

 

《収録曲》

1:本日の悲報

2:ドクターVSクランケ

3:からすの蒲団

4:すずめのお宿

5: マイハッピーお葬式

6: ヒーローショー

7:孤独ちゃん

8:わたしのライオン

9:卵のエチュード

10:みずいろ

 

 

北村早樹子「わたしのライオン」発売記念ライヴ

出演:北村早樹子 with 大バンド

3月20日(日)@東高円寺U.F.O.CLUB

開場19:00 開演19:30

前売り2500円 当日2800円+1ドリンク

◼︎チケット予約 

U.F.O.CLUB(03-5306-0240)にて前売りチケット予約受付け中

http://www.ufoclub.jp/

 

北村早樹子 Official Web

http://kitamurasakiko.net/