Music News

ビクターの新レーベル「CONNECTONE」は音楽業界をどう変える?

ビクターエンタテインメントが新たな音楽集団を目指し新レーベルを設立した。つなげる・つながる音楽をコンセプトに新たなビジネススキームを備えたレーベル。その名をCONNECTONE(コネクトーン)とし2015年4月より活動を開始している。 多くのキャリアを持つレーベルヘッド ローリング・ストーンズやスマッシング・パンプキンズなど数多くの海外アーティストを手掛け、ユニバーサルミュージックでの執行役員やグループ会社社長などを兼務する高木亮氏。その巨塔が最前線で手腕を発揮することとなった。 高木氏が提唱する思いとは、音楽業界のリセット。当たり前に音源を買ってもらえる時代は終わった。グラミー賞の年間最優秀アルバムのような懐深い文化、価値は日本やその他の国では偏ったものになっている。ビジネスとスピリットの両面がギリギリでせめぎ合う形を復活させることが成功の鍵だという。 圧倒的オリジナリティの追求 通り過ぎず足跡を残す。音楽家としてのアティチュードを伝えることが出来るアーティストを中心に扱い、メジャーなアーティストにまで刺激を与える集団を目指していく。夢の追及や一発の飛距離ではなく、打率を追及するのが狙いだ。 業界モデルからの脱却 当レーベルのプレゼンにて掲げたのが業界の0.27%というモデルを脱却することだ。これは2013年に邦・洋楽合わせたアルバム1万3012枚のうちデビュー3年以内の新人が5万枚以上のセールスをあげた枚数が35枚(0.27%)しかなかったという実績数値を示している。 2013年ジャンル別新譜数(日本レコード発表資料より) 0.27%という実績ではレコード会社のコストもペイ出来る確率が非常に低い。そして何よりアーティストも2年程度で契約が切れて存続する確率が非常に低い状態となる。万馬券狙いでは10年後にレコード会社も存続出来なくなるという想定だ。 世界音楽売上金額の推移(日本レコード発表資料より) CONNECTONEの新たな「ビジネススキーム」 契約によりジョイントベンチャー型、権利収益乗り入れ型、レーベル・事務所兼任型の3タイプでシステムを構築していく。これはライヴ・グッズ・著作権など全てにおける経費や損益を当分する共有スタイルにより、不毛な小競り合いも無く共闘するのが狙いとなっている。夫々が何らかの形で関わり合うことで完成度も高まるという。 注目を集めるアーティスト陣 海外を含めた多くのレーベルから注目を集めているAwesome City Club(オーサムシティークラブ)のデビューがレーベル第一弾のアーティストとなる。続けてRHYMESTERも移籍が決定し移籍第一弾アルバムを発表。その他にも3組の新人が契約決定している。 【動画】Awesome City Club-1st Album ”Awesome City Tracks” Trailer 【動画】RHYMESTER-人間交差点 新しいフェイズと展望 スポーツ選手が海外で当たり前に活動するように、日本の音楽シーンもやっとそのフェイズに追いついてきた。気負って目指していくのではなく、ごく自然なこととして海外へのつながりを広げて活動していく。キャリアを持つ高木氏の経験からすればごく当たり前の展望と言える。すでにレーベルが主催するイベントも開催が予定されているとのこと。圧倒的オリジナリティの発信と歴史を知る敏腕ヘッドの化学反応は業界をどのように改革していくのか。今後注目のレーベルとなるのは間違いないだろう。

Artist Video

【BLOG】怪獣が奏でる究極のエレクトーン

怪獣の『着ぐるみ』を着た天才エレクトーン奏者が話題に! ネットではとても有名なアーティストなので、ご存じの人も多いかもしれませんが、まずはこの動画をご覧ください。 演奏は怪獣の着ぐるみをきた天才エレクトーン奏者の「maruさん」です。 【動画】FINAL FANTASY V(ファイナルファンタジーV)ビッグブリッヂの死闘(Electone)maru氏 動画をみれば一目瞭然ですが、神業ともいえるmaruさんの演奏は、ネットで大きな話題となりました。 音大卒の人達に聞いた「音大のメリット・デメリット」とは? ネットユーザーに愛されるmaruさん 着ぐるみで演奏するという斬新なコンセプトもさることながら、あまりに速い動作で手足を動かしながら演奏するその姿に「萌える」ネットユーザーも多いようで、「FFなのに4WD」(ファイナルファンタジーと自動車の前輪駆動、両手両足の4つを掛けている)や、「ふみふみ動画」などと賞されています。 maruさんは、現在、ニコ動のニコニ・コミュニティーで、『maru community』を運営されており、メンバーは記事掲載時点で 12352人 (最大: 58937人)が登録しています。 ちなみに maruさんの愛器は、エレクトーンの最高峰として世界中で人気の『YAMAHA STAGEA』だとのこと。機材の詳しいモデル番号などは公開されていないようですが、映像からの推測として「ELS-01C typeU カスタムモデル」で、値段はおそらく100万円以上ではないかとのこと。 18歳の日本人クリエイターが作る「Future Bass」がネットで話題! maruさんの人気の秘密に迫る こんなステキな演奏をするmaruさんの事がとても気になってしまい、あれこれネットで調べてみると、彼女の人気の秘密ともいえる興味深い話がたくさん出てきました。 maruさん人気の理由①:卓越した演奏技術 まずなによりも、maruさんの非の打ち所が無い「高度なエレクトーン演奏技術」です。動画で演奏されているファイナルファンタジーⅤの『ビッグブリッジの死闘』という曲は、作曲を担当した植松伸夫さんをしても「あの曲は、もう人の弾ける限界を超えた」と語っていたエピソードもあるそうです。すでに一人の人間が演奏するレベルを超えているといわれている曲を、シッカリ完璧に演奏してしまっているmaruさんは、やはりスゴイです。 maruさん人気の理由②:小柄なカラダで一生懸命演奏している そしてもう一つ、maruさんの人気の理由となっているのが、動画を見れば一目瞭然、小柄なカラダを駆使して一生懸命エレクトーンを演奏する姿に心を打たれます! 小柄な腕と足を精一杯動かしながら高度な演奏をしている姿は、男性・女性に関係なく「萌える」人達が多いようです。 maruさん人気の理由③:ファンに対する感謝の気持ち maruさんのコミュニティにおけるコメントのやり取りを見ていると、maruさんの飾らない人柄が自然と見えてくるから不思議です。高度な演奏技術を自慢することもなく、常にファンへの感謝の気持ちが表現されており、そんなmaruさんのファンへの思いと適度な距離感が人気に拍車を掛けているのだと思います。 maruさん人気の理由④:怪獣の着ぐるみ そして最後はやはり、なんといっても、この「怪獣」の着ぐるみにつきるでしょう!ネットの情報によると不確定な情報としながらも、maruさんが怪獣の着ぐるみを着て演奏することになった興味深いエピソードが紹介されていました。 情報によると、その昔、maruさんが着ぐるみを着ないで演奏した動画を配信した際に、maruさんのバストラインについてのコメントばかりが増えてしまったそうで、それが苦痛となり怪獣の着ぐるみを着用することになったそうです。(あくまでネットの情報にて真偽の程は定かではありません) 【意外な人も!?】トランプ氏を支持したミュージシャン総まとめ ぜひ取材をしてみたいアーティスト 彼女のことを調べれば調べるほど、どんどん彼女の魅力に引き込まれてしまい、ぜひともVeemob編集部として取材をしてみたいと考えているのですが、ネット上で活躍されるmaruさんだけに、リアルな取材は受けてもらえない可能性が高いので、彼女のポリシーに反しないカタチで、なんとか取材ができないものかと、あれこれ思考を巡らすばかりです。 Veemobは 天才エレクトーン奏者の『怪獣』、おっと間違い、怪獣ではなく『maruさん』を応援しています! 最後に maruさんの素晴らしい演奏をご紹介しておきます。存分にお楽しみください。 【動画】ルパン三世’78 Lupin the 3rd ’78 (Grade5) 【動画】Star Wars(Electone)スターウォーズ(ファンファーレ付き)エレクトーン,maru氏 【動画】Pirates of the Caribbean(Electone)パイレーツ・オブ・カリビアン エレクトーン演奏 【動画】大河ドラマ「天地人」「篤姫」エレクトーン演奏。maru氏(Tenchijin & Atsuhime) …